最近のトラックバック

カテゴリー

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

災害情報サイト・地震・台風など

行政の防災情報

無料ブログはココログ

市民サイドの防災情報

フォト

ハイパーレスキュー艇・シーレックス

2017年7月20日 (木)

シーレックスの見学と試乗をしました。

Dscn1384_r


Dscn1385_r

 2017年7月19日は、高知市種崎海岸で、シーレックス(ニュー人ランド製・ハーパーレスキュー艇)の見学・試乗会がありました。西田政雄さん(防災寺小屋主宰)の段取りで実現しました。西沢史洋さん、甲藤雄司さんたちも協力されているようでした。
Dscn1388_r


Dscn1391_r

 父(98歳)の通院が意外に時間がかかりました。種崎海岸へ到着した時は、すでに説明会が始まっていました。駐車場から堤防桟橋までが遠いこと。暑いので倒れそうでした。

 浜名湖の・ボートクラブ・カナルのオーナー柴田昌弘さんが、水陸両用のハイパー・レスキュー邸「シーレックス」の説明をしていただきました。

「海洋国・ニュージーランドで開発されました。今回のボートは3輪車。重さは1・4トンです。船体はゴム以外はアルミニュウムです。船底は鋼板をプレスしていて溶接していません。水上でがれきなどと衝突しても船は破損しません。」
Dscn1392_r


Dscn1396_r

「燃料は80Lタンクと100Lの予備タンクがあります。満タンの状態なら12時間連続で動けます。よくある水陸両用艇となにが違いかといいますと、シーレックスは陸上では10K程度の速度しかでません。水上では70キロ近く低速が出ます。」


「タイでは6隻導入されています。水害が多い所です。韓国では漁港ごとに配置されています。」

「ニュージーランドに見学に行ったときは、マリーナの隅に艇庫があり、見学させていただきました。そして日本から来たことを伝えますと。船に試乗させていただきました。」

「ニュージーランドでは当たり前に各消防署に配置されています。またマリーナなどにも置かれています。お金持ちの人は私有していて、沖合のクルーザーのへの連絡ボートで使用していました。」と柴田さんは話してくれました。

 そして試乗させていただきました。西沢史洋さんのボートへ乗せていただき、並走してシーレックスを見ることができました。両艇とても速度が速い。
Dscn1397_r


Dscn1406_r


Dscn1407_r

「最高時速は37ノット。(1ノットは1・875キロですので約68キロ)艇速が早くないと救助・救命には使い物になりません。しかもこのシーレクスは小回りが利きます。船艇も低いので、水上救助も楽に出来ます。」とのことでした。

 水上を飛ばして浦戸大橋を抜けて御畳瀬漁港の船揚げ場へ。手前でタイヤを降ろし、」斜路から陸へ上陸しました。これは凄いです。
Dscn1411_r


Dscn1412_r


Dscn1413_r

 従来型の船外機のゴムボートは人力で海へ運び、人力で引き揚げないといけないです。それが」すべて1人で操船。切り替えができます。とても優れものです。
Dscn1423_r


Dscn1427_r

 お値段は1艇2000万円ぐらいするそうですが、救命艇と言うのは本当に命を救う機能がなければいけません。」シーレックスはその機能があります。

 一緒に試乗していた人が言いました。

「消防や警察が購入するボートは、救急時には役位絶たないボートばかり。あれは遺体搬送用の物。高知県は海に面していて大きな川もあるのだから、各消防団に1艇、警察も配備するぐらいじゃないと人命救助はできないね。」と。

 救命ボートとしては優れものでした。下知地区からは、大崎修二さん。黒岩博ご夫妻、坂本茂雄さんが見学に来ていました。中土佐町の佐竹敏彦町議はお孫さんと試乗。高知市役所災害対策部の山本副部長も来られていました。
 
 さんさんTVなどのTVクルーも来られていました。どういう映像になるのか楽しみですね。
Dscn1428_r


Dscn1420_r


その他のカテゴリー

2015年昭和秋の感謝祭「 2016年参議院選挙 2016昭和秋の感謝祭 2017衆議院選挙 2018年昭和秋の感謝祭 2019年参議院選挙 2019年高知市長選挙 2019年高知県知事選挙 2019年高知県議会議員選挙 2019高知市議会選挙 BCP(事業再構築計画)推進 JICA研修生の皆さんとの意見交換会 NPO高知減災ネットワーク会議 おすすめサイト まちづくり条例見守り委員会 スマホDEリレー スマホSOS通信 デジタル防災無線 トイレ対策 ニュース ハイパーレスキュー艇・シーレックス パソコン・インターネット ペット ユニバーサルな防災・減災対策 ロープワーク 三好市との交流 下知コミュニティ・センター防災部会 下知図書館建て替え問題 下知地区防災計画 下知地区防災計画・ブロック会 下知地域内連係協議会 下知市民図書館改築問題 下知減災連絡会 下知町内会連合会 事前復興まちづくり計画 事前復興計画に策定作業 二葉町内防火対策 二葉町町内会 二葉町総合防災訓練2019年 二葉町自主防災会行事 五台山・市民農園 五台山2次避難所構想 五台山2次避難構想 仁淀川町ー二葉町との交流事業 今治市防災士会・連合防災部会との交流 今野清喜さん講演会 企業の災害対策 保存食・保存食材 内閣府・地区防災計画フォーラムIN仙台 内閣府地区防災計画 北海道地震(仮称) 医療・介護情報の共有化の必要性 南海地震情報 南海地震関係 危機管理の意識 原子力災害 受援力向上セミナー 口腔ケアの重要性 台風・大雨対策 台風対策 台風情報 名古屋大学・室井研二准教授 名古屋市南区・白水・星崎地区 国政との関連 国際信号旗 地区防災計画学会・高知大会2018 地震保険 報道関係 大阪北部地震2018 太陽灯LED照明 女性の視点(生活者)の視点 学識者・大学関係者 家具転倒防止対策 家具転倒防止講習会 家屋の手入れ 岡村眞先生講演会 巨大地震・津波対策用高強度発泡樹脂浮力体 市民目線での減災対策 平成28年度下知地区防災計画 広域地域間連携 復旧・復興対策 徳島県美波町との交流 心と体 情報伝達手段 情報伝達訓練 情報班 感染症対策 戦争災害 手結福島・南地区自主防災会 排泄(排尿・排便)ケアの必要性 携帯・デジカメ 救命艇エアーボート 救急救命法 文化・芸術 新潟中越地震の教訓 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 昭和南海地震 昭和小学校の防災学習 昭和小学校の防災教育 昭和校区地域内連係協議会準備研究会 書籍・雑誌 東北被災地交流ツアー 東日本大震災の罹災地から学ぶ 東日本大震災の震災遺構 河瀬聡一郎氏講演会 津波避難ビル 津波避難施設について 津波避難訓練 海からの受援を 浸水対策備品 浸水時救命艇 災害に強い熱源としてのLPガス 災害後の速やかな対応 災害時の医療支援のありかた 災害時の食料確保 災害時国際貢献・支援 熊本地震関連2016年 疎開保険 研修会・講習会 神戸市長田区鷹取との交流 神戸市長田区鷹取東地区との交流 窓ガラス飛散防止講習会 立体換地 経済・政治・国際 耐震護岸工事 耐震貯水槽活用問題 脱水症対策 自主防災会の交流事業 自主防災会同士の交流 自衛隊の救助訓練 蓄光塗料 西村吉正・春子服薬情報 認知症症候群関連 超高齢者の事前減災対策 防災マップづくり 防災世帯調査 防災備品の管理 防災啓発懇談会 防災啓発用 防災啓発用映画 防災啓発番組 防災士 防災炊き出し訓練 防災用品展示会 防災紙芝居プロジェクト 防錆対策・防錆塗装 雪道・凍結道・高知自動車道路対策 電源の確保 震災語り部管野和夫さん 食事情報 高知大学との協働事業 高知大学防災すけっと隊 高知市地域コミュニティ推進課 高知市地域防災推進課 高知市政 高知市社会福祉協議会 高知市自主防災組織連絡協議会 高知市議会 高知市長との意見交換会資料2015年 高知市防災士会連絡協議会 高知県危機管理部 高知県土木部 高知県政 高知県看護協会 高知県議会 高知HOTARUプロジェクト 高齢者・認知症対策 2015年統一地方選挙・県議・市議 2016年熊本地震 2016年熊本地震関係 8月14日の自己責任の失火について NPO高知市民会議(防災)