最近のトラックバック

カテゴリー

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

災害情報サイト・地震・台風など

行政の防災情報

無料ブログはココログ

市民サイドの防災情報

フォト

心と体

2020年9月29日 (火)

超高齢者の健康維持こそ減災活動です

母とはりまや橋サロンへ行きました。
コロッケ屋
 2020年9月25日ですが、母(94歳)と一緒にはりまや橋商店街サロンへ行きました。早朝から午前中降っていました雨は上がり、午後からはお天気になりました。
体操1
 歩行補助車を出して母は歩きました。まずは夕飯用のコロッケをひろっちゃんで買いました。活き活き100歳体操の直前でしたので、母はそのまま体操に参加しました。今日の体操は6人の参加者でした。
体操休み
 少し風が吹いて涼しかったですが残暑はあります。母も未だに「省エネ・モード」になっています。椅子からの立ち上がり運動(スクワット)は座ったままでした。
母と私
 体操終了後母とお茶をしました。小休止して戻るようにしています。元気に駐車場まで歩きました。

2020年9月27日 (日)

誰でも認知症になります

 1980年代の世界のリーダーでだった米国のレーガン大統領も英国のサッチャー首相も晩年は「認知症」になりました。あれほど頭も神経も使っていた人でも認知症になります。

 母は2008年に「アルツハイマー型認知症」と判定されました。脳のMRIの検査と長谷川式認知症判定テストで判定。歯や12年になります。「認知症」という言葉をこしらえた長谷川和夫さん本人が認知症になりましたから。

 主治医の内科の医師は「お母さんは言われてことに応答できるので、認知症は進展していません。認知症は最後はうちの母親のように人格破壊になりますから。」と言われています。

 認知症症候群と言われています。認知症は100人100様です。母の場合は認知症になって性格が穏やかになり、にこにこした可愛らしいお婆さんになりました。いいほうへ転んでくれました。

 気質も性格も顔つきも私は母に似ていますから、わたしも認知症になると思います。長谷川式認知症判定テストを港湾された長谷川和夫さん自身が認知症になりました。認知症は誰もが鳴る可能性があり、しかも難病です。

 新型コロナウィルス感染症対策のワクチンや特効薬が世界各国で開発されています。何年後かに実用化されると思います。

 認知症の特効薬は作れないものでしょうか?老・老介護している家族には必要な医療的な資源です。

2020年9月26日 (土)

誰も排除しない減災対策を心掛けたい

多様性を認めない社会は居心地が悪い。


 


 考えて見ますと、市民運動のグループにも「異を求めない」「異見を認めない」ことが多いようです。だから盛り上がらない。反原発運動もしかりです。「ささいな違い」を見つけ批判し合うばかりですね。棘のある手で握手ができないでしょうに。だから広がらないんですよ。


 


 地元での護憲集会や反原発集会にたまに1人で出かけることもありますが、「居場所」がありません。政党関係者や労組関係者ばかりですから。そのどちらでもない人たちの居場所がありません。政党関係者や労組関係者は実は社会的には少数派に過ぎません。その人達が多数いる集会は居心地が悪いですね。


 


 日本の社会や文化は「多神教」で異論を認めること。意見の異なる相手の存在を認める文化があったはず。原理主義的に排除したがる人達が、いろんな場所でいかに多いのか。


 


 最近の日本は「停滞している」と各方面で言われていますが、「さもありなん」と私は思います。考え方が浅薄であり、器が小さいからですよ。運動や政治の当事者がです。


 


 それは「多様性を認めない」「余裕のない人達」が多くなり、ストレスを溜め込んでいるからでしょう。かつて「国民政党」と言われた自民党の良さは、多様性を認める「いい加減さ」でした。だから世の変化に対応できます。


 


 昔話ですが、列島改造の田中角栄を輩出したと思えば、角栄が金権政治家と叩かれると、「クリーン三木」を代打で送り込む。そのしたたかさがありました。しかし最近の安倍政権に象徴された自民党はどうだろう。多様性がなく、ファシスト政党(全体主義政党)ではありませんか。全然面白くもなんともない。しかも思想的には稚拙極まりない。


 


 自民党もナチスを真似するのであれば、経済政策でナチスのように成功してから物を言っていただきたい。ナチスは国民に職場と家とマイカーを与える政策を実現したのですから。アベノミクスは、大衆収奪政治です。大企業優遇政策ばかりで大衆は貧しくなるばかりです。全体主義をなのることすらおこがましい。


 


 「麻生太郎氏はナチスを論ずることはおこがましい。」


 


http://dokodemo.cocolog-nifty.com/blog/2013/08/post-cb97.html


 


右陣営も、左陣営も「異論を聞く耳」を持たない人たちが多い。辟易しますね。そういう運動や主張は「面白くない」ので関わらないようにしています。


 


 なぜなら私は「異論を認めますし」「多様性があることを好み」ますから。原理主義的な一元論で仕切れるほど世の中甘くはないと思いますよ。

2020年9月25日 (金)

心身の健康も地域防災に繋がります

久しぶりの海の散帆
DSCN0878
 9月初めての海の散帆へ行きました。2020年9月21日ですが、家内の許しがでましたので、朝から夜須へ行っておりました。訪で昼食用のおむすびと玉子焼きを購入し、いろいそとぎ装(ヨットの組み立て)をしました。

 今日は高知大学ヨット部が既に海へ出ていました。社会人はYさんが出艇していました。ぎ装は慎重にしました。久しぶりでしたから。

 海へ出ました。今日は波がなく風も程よく、天気も良く最高の海の散帆が出来ました。本当に気持ちがよかったです。
DSCN0889
 結構風が強く吹く時もあり、ハイクアウトしました。腹筋を鍛えないといけないですね。長い時間できませんからヒールを潰せません。

 昼食で1度ハーバーへ上がりました。午後からは風が強くなりました。南西の風になり波がでましたので午後は1時間ほどで上がりました。
DSCN0905
 頭がすっきりしました。肩こりと首に凝りも治りました。海からエネルギーをいただきました。充電が出来ました。家族に感謝です。
DSCN0907

2020年9月23日 (水)

故人を悼むことは生きる力になります

父の墓参りに行きました。
DSCN0870
 2020年9月20日ですが、曇り空でしたので、母(94歳)を連れて、父の墓参りに家内と3人で行きました。
DSCN0860
 墓地公園の人出は、「密」ではなくぼちぼちというところでした。よその家のお墓も、お花が新しいので、近日来られたのでしょう。

 歩行補助車を車から出して、母と一緒に父の墓前に祈りました。早いもので父が亡くなって2年4か月が経過しました。
 墓掃除は5月の3回忌前に入念にしていましたので、今回はしなくても構わない状態でした。
DSCN0864
 父に家族のことや会社のことを報告しました。母も神妙に手を合わせていました。曇り空で暑くはありませんでした。線香がなくなるまで、父の墓前にたたずんでいました。
DSCN0868

2020年9月22日 (火)

社会運動を検討することで「見えない」ことが見える場合もあります。

2つの50年史に想う
2つの50年史_NEW
 2020年9月18日に高知新聞の「小社会」という1面コラムと、日本経済新聞の「春秋」という1面コラムは、記述者がそれぞれ50年前の出来事を思い出し、現代社会と対比して味のある文章を書いていました。

 高知新聞「小社会」では、50年前にロンドンで急死した黒人ロック・ギタリスト、ジミ・ヘンドリックスに思いをはせる文章でした。

「まだ27歳だった。自由自在にギターを奏で、ビートルズやローリングストーンズなどのバンドや音楽家に影響を与えた。

 さまざまなCDや映像が残っている。有名なのは、亡くなる前年、野外会場ウッドストックでの米国国歌の演奏だ。ひずんだ響きのギターのごう音が、田園地帯にとどろいた。」

「米社会は、ベトナム反戦運動や公民権運動で揺れていた。既存の価値観や考え方に若者らが異を唱えたからだ。そんな混沌とした状況を象徴する演奏だった。」

 私も「ウッドストック」という映画は、高校をさぼって名画座という映画館で見ました。ジミ・ヘンドリックスの米国国歌の演奏は今でも覚えています。強烈な衝撃でしたから。

「時代を経て、米社会では黒人差別撤廃を求める激しい抗議活動が続いている。

   中略

 みんなが議論を始めてくれたらいい。 黒人差別に抗議するマスクで注目された全米テニスの覇者、大坂なおみさんの言葉は強烈なスマッシュとなった。」

 早世した伝説のギタリストは貧しい家庭で育ち、本物のギターを手にしたのは15歳だったとか。「もう1度、米国家を演奏するとすれば、どんな音になるだろう」と執筆者は書いていました。

 日本経済新聞のコラム「春秋」では、50年ぶりに姿を現した過激派党派『中核派」の最高指導者清水丈夫議長のことを書いています。

「中核派と言えば、1971年に交番が襲われ警察官が殺害された「渋谷暴動」をはじめ、敵対するグループのメンバーへの襲撃や、公共施設へのロケット弾の発射など数々の事件を引き起こしてきた。

 80の坂をこえている清水議長の今後について同派側は「大衆的な労働運動に取り組む」と語ったとされている。」

「古くは柴田翔さん、その後は村上春樹さんに、高村薫さんなど、運動体の内部の空気や、当事者、脱落した人の苦悩は主に文学作品を通じてしか知る由がなかった。」

「これは幸いなことなのか、不幸な事か。50年を超える活動の経験を踏まえたトップによる真摯な総括こそ聞いみたい。世の中を、替えたいというなら。」

 新聞社は異なりますが2人の執筆者は想像するに編集委員や論説委員のベテランで、団塊世代で20歳代前半大学で大学闘争や第2次安保闘争、街頭闘争など全世界的な若者たちの反乱に影響を受け、派生したカウンター・カルチャーにも影響を受けて青年時代を過ごした人たちではないでしょうか?

 わたしは50年前は田舎の高校生。大学闘争に憧れていました。1970年の安保闘争は制服姿で集会に参加、1971年の沖縄闘争(4月28日)には、高知大学から中央公園までヘルメットを被りデモ行進をしました。

 しかしそのころから日本の社会運動は衰退期であり、分裂し、些細なことで、かつての仲間同士が武力抗争するようになりました。1972年の「連合赤軍事件」は陰惨極まりない仲間殺しを実践し、社会運動の暗部をさらけ出しました。

 1973年に大学へ入学し、少しだけ学生運動気分を味わいましたが、ほどなく「内ゲバ」の時代になり、武力の刃が国家権力に向かうことなく、かつての仲間同士の凄惨な殺し合いになりました。そしてごく一部の党派を除き運動体は消滅しました。田舎者がついていけるわけはなく、失意を感じただけでした。

 簡単に世の中は変わらないし、差別や格差はよりひどくなっています。
わたしは運動体の周辺にいたにすぎませんが、「総括できないもどかしさ」は50年間あり、今でも持っています。あと10年考えても、私の頭脳では総括なんて出来ないと思います。

 数年前から「連合赤軍と新自由主義の総括」というテーマで考え続けていますが、全然総括なんて市井の小市民にはできるものではありません。

http://dokodemo.cocolog-nifty.com/blog/cat21222778/index.html

(連合赤軍と新自由主義の総括)

 私にすれば多大な代償(高校を留年したこと)を払って獲得した教訓は、「面白くないことはしないこと。」「たとえ社会的に意義のあることでも自分が面白くないと思ったことはしないこと」であります。

 これはヨットの帆走時の「観天望気」と同じです。人生の時間は限られています。自分が心底納得して「面白い」と感じたことしかしないことにしています。案外間違いのない選択が出来ていると思います。

2020年9月20日 (日)

地域減災活動も「良き連続性」は必要ですね。

45年間無事故無違反です
運転免許の更新917_NEW
 2020年9月17日ですが、朝から運転免許の更新に5年ぶりに行きました。一応優良運転手。ゴールド免許です。

 運転免許を取得したのは学生時代の1975年(昭和50年)でした。春休みに自動車学校で取得しました。学生時代と東京勤務時代は大都会にて生活し、勤務していましたので、電車で移動。車に乗ることはありませんでした。

 車に殆ど乗らない5年間でした。無事故無違反は当然。1980年に高知へ戻りました。地方都市ですし営業活動には車は必要です。隣町に住んでいましたから通勤も車でした。

 車の運転は今でも下手です。駐車場の白線内にバックで入れようとしますと、真っすぐにするのに苦労します。今の車はバックモニターの画面がありますが、それにしたがいバック駐車しても、車は白線に真っすぐになりません。

 車に乗ると人格が変わると言われます。私の場合は小心者になります。
後続車に車間距離を詰められ、煽られ気味になると、左のウインカーをつけて、左側に止まり、後続車を先に行かせます。
無事故・無違反45年証明
 高速道路では、軽自動車に追い抜かれる有様です。高速道路でもどんどん後続車に追い抜かれます。とにかく車の運転時には小心者、ヘタレになります。

 例えば、信号のない交差点で「とまれ」の標識と道路表示、道路に停止線がある場合は、停止線の手前で停車。3秒停止して、左右の確認をして徐行しながら通過します。急いでいるとおぼしき後続車にクラクションを鳴らされたこともあります。馬鹿な奴だと思います。余裕をもって運転しろと言いたい。

 99%の車は見ていますと停止線の手前で止まりませんね。停止線を徐行しながら止まらずに通過しています。一旦停止違反です。これでは信号のない交差点で他の車との追突事故を起こす可能性は高まります。

 交差点内での右折や左折は事故率が高いので、より慎重に運転します。スピード違反も原則しません。急いでいてスピード違反で検挙されたり、事故したりしたら、よりロスタイムが多くなりますから。

次の5年間無事故無違反なら50年間無事故無違反になります。献血も108回。小市民のささやかな社会貢献活動ですね。

2020年9月17日 (木)

基礎疾患がなければ超高齢者でも元気です。

母(94歳)は主治医の診察を受けました。
haha^yokota
2020年9月15日ですが、母を連れて主治医の横田哲夫先生(横田胃腸科内科)の月に1度の診察をうけました。本来なら先週行く予定でしたが、台風とゲリラ豪雨で行けませんでした。

母は健康で血圧は136 70であり、脈拍は72で不整脈はありませんでした。
骨を強くする注射しました。母は認知症ですが、基礎疾患がないので元気です。
119510279_1017564912024859_2515195881292591607_n
 先生に「母の認知症は進行していませんでしょうか?」と聞きました。

「質問に受け答えが出来ますので、進行していませんね。認知症も末期は人格破壊が起きます。お母さんはその状態にはなtぅていません。」とのことです。内科的に精密検査する必要性もないとか。

 調剤薬局で一月分の薬をもらいました。
kusuriya

2020年9月 9日 (水)

超高齢者の口腔ケアは減災の一要素

母を歯科医院へ連れていきました。
118950574_1011890789258938_8164345446476287535_n
2ヶ月ぶりに母(94歳)と歯科医院に行きました。

8月に詰め物が取れ持参しましたが、ひっつかないとのこと。
歯の掃除と歯磨きしていただきました。また1ヶ月後に連れて来ます。
118888962_1011890852592265_5896222003565535236_n
 94歳という年齢では、抜歯は簡単にはできません。
現状維持的な治療になりますね。母の場合は、歯は欠けたり、割れたりしていますが、応急措置の連続で凌いでいるようです。

 血液さらさらの薬も服薬してますから、血も簡単には止まりませんから。
118256340_1011890812592269_8741803282492798426_n

2020年9月 3日 (木)

超高齢者も体操は大事です

残暑厳しい中はりまや橋サロンへ行きました。

 2020年8月28日(金)ですが、残暑厳しい猛暑の中、母(94歳)と一緒にはりまや橋商店街サロンへ行きました。コインパーキングに駐車し、歩行補助車を出しました。
DSCN0565
 最初はコロッケ・ひろっちゃんで夕飯用のコロッケを購入しました。今日は谷ひろ子さんのお店はお休みとか。母の大好きなチョコケーキや焼き菓子が買えませんでした。

 暑いので保冷箱にOS-18経口補水液)を持参し、紙コップに移して、ちびちびと母に飲んでもらいました。
DSCN0571
 今日の活き活き100歳体操(介護予防体操)は母を入れて6人の出席でした。母は椅子からの立ち上がりなど「きつめ」の運動はスルーしていました。

 一休みして戻りました。無事に帰宅し、今はエアコンの効いた部屋で小休止しています。
DSCN0577
 露店のお店の人達が「安倍首相が辞めたらしい。」「次はだれがやるがやろう。」とか言われていました。こちらは母を無事に連れて戻ることに集中していました。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2015年昭和秋の感謝祭「 2016年参議院選挙 2016昭和秋の感謝祭 2017衆議院選挙 2018年昭和秋の感謝祭 2019年参議院選挙 2019年高知市長選挙 2019年高知県知事選挙 2019年高知県議会議員選挙 2019高知市議会選挙 BCP(事業再構築計画)推進 JICA研修生の皆さんとの意見交換会 NPO高知減災ネットワーク会議 SOSカード おすすめサイト まちづくり条例見守り委員会 カラー・ユニバーサルデザイン スマホDEリレー スマホSOS通信 デジタル防災無線 トイレ対策 ニュース ハイパーレスキュー艇・シーレックス パソコン・インターネット ペット ユニバーサルな防災・減災対策 ロープワーク 三好市との交流 下知コミュニティ・センター防災部会 下知中小零細企業BCP研究会 下知図書館建て替え問題 下知地区防災計画 下知地区防災計画・ブロック会 下知地域内連係協議会 下知市民図書館改築問題 下知減災連絡会 下知町内会連合会 中土佐町との交流 事前復興まちづくり計画 事前復興計画に策定作業 二葉町内防火対策 二葉町町内会 二葉町総合防災訓練2020年 二葉町総合防災訓練2019年 二葉町自主防災会行事 五台山・市民農園 五台山2次避難所構想 五台山2次避難構想 仁淀川町ー二葉町との交流事業 今治市防災士会・連合防災部会との交流 今野清喜さん講演会 企業の災害対策 保存食・保存食材 内閣府・地区防災計画フォーラムIN仙台 内閣府地区防災計画 北海道地震(仮称) 医療・介護情報の共有化の必要性 南海地震情報 南海地震関係 危機管理の意識 原子力災害 受援力向上セミナー 口腔ケアの重要性 台風・大雨対策 台風対策 台風情報 名古屋大学・室井研二准教授 名古屋市南区・白水・星崎地区 国政との関連 国際信号旗 地区防災計画学会・高知大会2018 地震保険 報道関係 大阪北部地震2018 太陽灯LED照明 女性の視点(生活者)の視点 学識者・大学関係者 家具転倒防止対策 家具転倒防止講習会 家屋の手入れ 岡村眞先生講演会 巨大地震・津波対策用高強度発泡樹脂浮力体 市民目線での減災対策 平成28年度下知地区防災計画 広域地域間連携 復旧・復興対策 徳島県美波町との交流 心と体 情報伝達手段 情報伝達訓練 情報班 感染症対策 戦争災害 手結福島・南地区自主防災会 排泄(排尿・排便)ケアの必要性 携帯・デジカメ 救命艇エアーボート 救急救命法 文化・芸術 新型コロナウィルス感染症 新潟中越地震の教訓 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 昭和南海地震 昭和小学校の防災学習 昭和小学校の防災教育 昭和校区地域内連係協議会準備研究会 書籍・雑誌 東北被災地交流ツアー 東日本大震災の罹災地から学ぶ 東日本大震災の震災遺構 気象庁情報の正確な伝達 河瀬聡一郎氏講演会 津波避難ビル 津波避難施設について 津波避難訓練 海からの受援を 浸水対策備品 浸水時救命艇 災害に強い熱源としてのLPガス 災害後の速やかな対応 災害時の医療支援のありかた 災害時の食料確保 災害時国際貢献・支援 熊本地震関連2016年 疎開保険 研修会・講習会 神戸市長田区鷹取との交流 神戸市長田区鷹取東地区との交流 窓ガラス飛散防止講習会 立体換地 経済・政治・国際 耐震護岸工事 耐震貯水槽活用問題 育児 脱水症対策 自主防災会の交流事業 自主防災会同士の交流 自衛隊の救助訓練 蓄光塗料 西村吉正・春子服薬情報 認知症症候群関連 超高齢者の事前減災対策 防災マップづくり 防災世帯調査 防災備品の管理 防災啓発懇談会 防災啓発用 防災啓発用映画 防災啓発番組 防災士 防災炊き出し訓練 防災用品展示会 防災紙芝居プロジェクト 防錆対策・防錆塗装 雪道・凍結道・高知自動車道路対策 電源の確保 震災語り部管野和夫さん 音楽 食事情報 高知大学との協働事業 高知大学防災すけっと隊 高知市地域コミュニティ推進課 高知市地域防災推進課 高知市政 高知市社会福祉協議会 高知市自主防災組織連絡協議会 高知市議会 高知市長との意見交換会資料2015年 高知市防災士会連絡協議会 高知県危機管理部 高知県土木部 高知県政 高知県看護協会 高知県議会 高知HOTARUプロジェクト 高齢者・認知症対策 2015年統一地方選挙・県議・市議 2016年熊本地震 2016年熊本地震関係 8月14日の自己責任の失火について NPO高知市民会議(防災)