最近のトラックバック

カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

災害情報サイト・地震・台風など

行政の防災情報

無料ブログはココログ

市民サイドの防災情報

フォト

ニュース

2019年5月 2日 (木)

令和元年を伝える新聞各紙


58769311_651590371955650_8227334391806820352_n_NEW
2019年5月1日(水)です。うちか宅配している地元紙(高知新聞)も全国紙(日本経済新聞)も1面で「令和」の大合唱の記事が掲載されていました。

2016年7月24日 (日)

防災も介護も事前の対策が最重要なのに・・逆行してますね。

介護者の切り捨てが始まりました
_r

 高知新聞の1面の見出しには驚きました。
「厚労省 介護サービス縮小検討」「軽度者の援助対象」「2割負担も課題」「財源厳しく高齢者照準」とあります。さっそく介護者と家族の「切り捨て」が始まりました。

 政府の言う「社会保障の充実」とは、高齢者の介護サービスの負担を増やし、切り捨てることだったんですね。敗戦後懸命に働いてきた高齢者の「老後」は一段と厳しくなりました。

 これでますます個人資産があるとされている高齢者がお金を使わなくなります。景気は良くなるはずはありませんね。高齢者虐めばかり政府はしていますから。

 ここで問題なのは「軽度者の援助対象」とあることです。要支援1や要支援2は介護保険制度から切り離し、市町村で勝手にやってくれ。要介護1や要介護2もその方向で行く。という安易な「切り捨て論」の横行です。

 とても危険な状態です。卑近な話ですが、半年前まで歩いていた要支援2の叔母は、自宅で転倒し、入院。股関節の手術が必要と言われ長期入院しているうちに身体機能が著しく低下、歩けなくなり要介護度5になりました。自宅も売却し介護施設へ入居するようになりました。

 歩けるうちに十分なケアができていれば、今でも元気に自立して生活している筈です。どんどん国が介護保険制度を「空洞化」させているので、より介護度を悪化させてしまいました。これでは余計に社会保障費用が増加するようになります。

 国がやろうとすることは目先の財政収支の事ばかり。国民不在の介護保険制度となってしまいました。制度が出来て16年。破綻したと言えますね。これでは。3万人とも言われる医療・介護関係者が北欧諸国を視察したやに来ていますが、一体何を見てきたのでしょう。福祉先進国とは全く異なる貧しい福祉制度しかつくれなかった日本ですね。

2016年3月15日 (火)

いの西バイパスは快適でした

  長期間工事をしていた国道33号線のいの西バイパス。3月9日ごろに完成したらしい。いの町枝川から仁淀川を渡り、鎌田までが、「アッと」言う間に行けます。枝川付近の渋滞が緩和されます。

 それと盛り土した道路なので、浸水被害もなさそうです。災害時の支援道路としても活用できそうです。
Ino1_r


Ino2_r


Ino3_r


Ino4_r


Ino5_r


Ino6_r


Ino7_r


2014年11月24日 (月)

国会議員の定数削減で、地方の災害対策の声は届かない。

Yomiurisinbun1123_new_r


  讀賣新聞11月23日号・全国版の社会面「0増5減 地方に不安」「有権者声が届くのか」という記事が掲載されました。そのなかで南海トラフ巨大地震が起きれば、甚大な被害が予想さっれる高知市二葉町住民の声として、少しだけ登場しました。

 事前に3回程度電話取材がありましたから。「南海トラフ巨大地震が起きれば、甚大な被害が予想さっれる高知市二葉町住民」という表現が、「3・11」以後、「枕言葉に」なっています。

 報道されることで、遅々と進まない県や市の高知市下知地域の海抜0メートル対策に対して、「推進効果」が少しでもあればと期待してきました。「とりあえず防災」の行政側の姿勢を変えるまでには至りません。

 国会議員の定数が、今回の選挙で5人削減になりました。減った県は高知県や徳島県など5県で、過疎高齢化が進展している地域の国会議員だけが削減されました。
Godaisannsantyou

  高知市の低地に住んでいる市民が12万人いることを一体何人の国会議員がご存じか?ますます地方の声はちいさくなるばかりです。

2014年4月30日 (水)

二葉町と仁淀川町との交流の様子がさんさんTVにて放映

Cnisimori_r


 さきほど高知さんさんテレビから連絡がありました。4月13日に仁淀川町長者地区の「集落改善センターだんだんの里1周年記念祝賀会へ参加した様子や、今までの仁淀川町と二葉町との交流の様子を、5月1日の午後6時15分から47分の間の「さんさんスーパーニュース」で放映するそうです。
 
 http://futaba-bousai.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/post-601a.html

 また別途フジテレビ系の全国放送で、5月11日頃に放映されるようです。(時間などは未だ連絡なし)
Nisimori0kaityou_r

Arakiokazaki_r

Enkai3_r


2013年10月16日 (水)

東京五輪会場・選手村は地震で壊滅に?

Sgtzisin1_r


 今更ながらの週刊現代2013年10月26日号の記事。東京五輪誘致で政府も東京都も大はしゃぎですが、地震大国。災害大国日本での安全安心な開催ができるのが「きわめて」疑問です。

 「晴海の選手村が津波で流される」「いつくるかわからない直下型大地震 世界のトップアスリートが被害者になる」「逃げ道もにげる先もない」「津波・液状化でベイエリアは死地になる」という見出しだけで十分でしょう。

 2020年と言えば1923年の関東大震災からほぼ100年目。関東大震災は相模湾が震源地と言われました。次回は千葉沖が震源地ではないかと言われています。南海トラフ巨大地震での津波の可能性もあります。

 私ら高知市二葉町の住民が海抜0メートル地帯に居住し、毎日日にち恐怖に苛まれているというのに、よりによって沿岸部の低地で開催するというのだから呆れました。

 日本は世界1の防災大国です。この際液状化や浸水に強い都市づくりのモデルをこしらえるべきでしょう。選手・観客・都民の「安心・安全」がないより大事なことです。

 大地震が仮に襲来しても「安心・安全」な「おもてなし」ができれば、日本は誇りを持って東京五輪が開催できます。
Sgtkzisin2_r


2013年6月21日 (金)

分譲済みマンションが津波避難ビルに!!

Tunamibmm


 6月21日付の高知新聞朝刊には「分譲済み 避難ビル初指定」という見出しが出ています。画期的なことです。いままで実例が高知市ではありませんでした。

 全域が海抜0メートルの下知地域。地域の「高台」は高層ビルであるマンションになりますが、なかなか理解を得ることが難しかった。しかし「昭和防災プロジェクトや地域の儒防災会、町内会、高知市地域防災推進課の尽力で、稲荷町のセラビ21という分譲済みマンションが津波避難ビルとして初指定となりました。

 マンション住民の皆様も「4分の3の特別決議」で指定になっていただきました。大変重たい決断であります。本当に下知地域の住民としてありがたいことです。

 今後も地域内の分譲マンションの皆様のご理解を得て、津波避難ビル指定になるようにお願いします。

 まだまだ数は足りません。

2013年5月17日 (金)

公明新聞に高知市下知地域の実情と課題が報道されました。

Koumeishinbun4051mm


 先日地元高知市議の高木妙さんが、公明新聞の4月5日号と5月15日号を持ってきてくれました。4月5日号には、3月20日に実施しました「下知減災まち歩き」の様子が詳細に記事になっていました。記事タイトルも「地盤沈下で長期浸水する県都(高知市)」です。まさに緊急の対策が必要ですが、高知県庁の南海地震対策にはなんら明記されていません。(せいぜい津波避難ビルの指定と自主防災組織を100%にするとかあいかわらずの啓発のみです。)

 公明新聞四国支局長の林田祐輔氏が取材されていました。全国版に高知市下知地域の現状と課題が情報発信されました。公明党は秋の国会に自民党とともに「南海地震対策特別措置法」の提案されていますので、今後の下知地域への減災対策が期待されます。

 5月15日号では「セロメートル地帯に防災拠点 高知市」とした、4月に開館した下知コミュニティ・センター関連記事が掲載されています。この施設は地域住民の願望でしたが、高知市財政の悪化で無期延期されていました。
 
 高木妙市議の尽力で、下知地域の町内会連合の要請を高知市が受理する形で実現することができました。二葉町自主防災会も津波避難ビルの熱源確保に「LPガス災害時ユニット」の設置を市役所側に要請、高木市議の取次もあって実現することが出来ました。
Koumeisinbun5151mm


 絶望的な低地の高知市下知地域。ようやく1つ津波避難ビルと災害時支援拠点ができました。今後はこの施設を最大活用して、講演会(5月31日に実施)や、防災訓練などを実施していく予定です。

2013年4月14日 (日)

下知減災まち歩きの様子が朝日新聞に掲載されました

Asahi413kizi


 今日は高知市二葉町に完成しました下知コミュニティ・センターの開所式です。図書館と公民館施設と災害時の避難・一時収容施設の開所記念式典と講演会が行われます。

 記念講演会は、高知大学特任教授の岡村眞氏。講演テーマは「南海トラフ巨大地震から下知地区で生き残るために」です。午後2時から2時間の予定で、下知コミュニティ・センター4階大ホールで開催されます。(駐車場はありません。)

 3月20日に岡村眞氏とともに雨の中地域住民70人が「下知減災まち歩き」をしました。今朝の朝日新聞高知版に下知減災まち歩きの記事が掲載されています。

 まさに「南海トラフ巨大地震から下知地区で生き残るために」がテーマです。命も家庭も、仕事も、近隣のつながりも、地域社会も生き残るために、皆で知恵を出し合いましょう。

  当時のブログ記事です。  下知減災まち歩きを実施しました。

2013年2月25日 (月)

TBS番組「夢の扉」(南海地震特集)のヒアリング

 TBS系(テレビ高知)日曜日の夕方6時半からやっている番組「夢の扉」があります。そちらの番組のディレクターをされている竹内克典氏(株式会社東京視聴率研究所)が、高知市へ来られました。

 竹内さんから、地元県議会議員の坂本茂雄氏にお話があり、「南海地震が襲来すればとりわけ大きな被害が出る高知市下知地域の住民の各世代の話を直接取材したい。」ということで、東京から来たようです。
_r

 金田義行氏(独立行政法人海洋研究開発機構)らは、「津波災害のプロセスの把握とシミュレーションによる再現に関する研究」を行い、高知市の津波被害の様子が公表できる段階まで来ているようです。

 画像によれば、大地震発生後10分ぐらいで太平洋沿岸部に大津波が襲来。下知地域には40分後に第1波が到達するようです。でも実際は昭和南海地震がそうであったように、津波到達前に、高知市下知地域の二葉町などは、揺れている1分から1分30秒以内に地盤が沈下(最大で2メートルとか)浸水が始まります。

 すでに地域全体が水没しているうえに、40分後に津波が襲来するという想定です。そしてひとたび地盤沈下し、浸水したならば浸水は長期にわたるだろうと言われています。


 子育て世代や中高年の私ら世代。初老世代など、下知地域住民が8人集まり、被害想定シュミレーションの画像を見た後意見を言いました。
_r_3


_r_4

「せっかくの映像ですので、特定の人たちが見てお蔵入りをするのではなく、情報は広く公開いただきたい。」

「自分の生活している範囲の場所がどうなるのか、リアルに知りたいですね。」

「誰でもダウンロードして、地域の避難誘導活動に情報が活用できるようになればいいですね。」

「高知は普段から地震が少ないところ。マスコミは騒いではいますが、実は市民の地震に対する関心は低い。それをこうした映像でより現実に近い形で災害時の様子が再現できるようになれば、市民の意識も変わると思う。」
_r_5

「下知地域に住む市民は、自分の土地と建物の資産価値が0に近いことを自覚しないとどうしようもないと思います。路線価の価値はないのです。でも固定資産税などは路線価に準じて課税され、行政に徴税されています。行政側ももっと低地の市民にたいする配慮をしてもらいたいと思う。」

「通学している子供たちとも、通学途中で地震に逢ったらどうするのか話し合いをもっとしないといけないと思いました。被害予測が想像以上でしたから。」
_r_6

(子供の時代に須崎市で昭和南海地震の津波体験された、森宏二葉町自主防災会会長も取材されています。)

「高知市の深刻な被害想定が画像で公表されたら分譲マンションの人たちも減災意識が高まって、津波避難ビルになってくれると思います。」

「避難することをあきらめないようになるようにこの画像を異活用したいですね。」など参加者からは活発な意見が出ました。

 3月10日(WBCの試合の日程で順延されれば17日)の、午後6時半からのTBSの番組「夢の扉」のなかで取材の様子が放映される予定です。
2011218


(2011年2月に公表された高知市街地の浸水予想図。東日本大震災前の予想でも赤い部分は高知市下知地域(二葉町・宝永町・若松町.青柳町・小倉町・弥生町、丸池町、東雲町、知寄町などは低地で真っ赤ですから。宝永級でも地盤沈下し水没することが提示されています。)

その他のカテゴリー

2015年昭和秋の感謝祭「 2016年参議院選挙 2016昭和秋の感謝祭 2017衆議院選挙 2018年昭和秋の感謝祭 2019年参議院選挙 2019年高知県議会議員選挙 2019高知市議会選挙 BCP(事業再構築計画)推進 JICA研修生の皆さんとの意見交換会 NPO高知減災ネットワーク会議 おすすめサイト まちづくり条例見守り委員会 スマホDEリレー スマホSOS通信 デジタル防災無線 トイレ対策 ニュース ハイパーレスキュー艇・シーレックス パソコン・インターネット ペット ユニバーサルな防災・減災対策 ロープワーク 三好市との交流 下知コミュニティ・センター防災部会 下知図書館建て替え問題 下知地区防災計画 下知地区防災計画・ブロック会 下知地域内連係協議会 下知市民図書館改築問題 下知減災連絡会 下知町内会連合会 事前復興まちづくり計画 事前復興計画に策定作業 二葉町内防火対策 二葉町町内会 二葉町自主防災会行事 五台山・市民農園 五台山2次避難所構想 五台山2次避難構想 仁淀川町ー二葉町との交流事業 今治市防災士会・連合防災部会との交流 今野清喜さん講演会 企業の災害対策 保存食・保存食材 内閣府・地区防災計画フォーラムIN仙台 内閣府地区防災計画 北海道地震(仮称) 医療・介護情報の共有化の必要性 南海地震情報 南海地震関係 危機管理の意識 原子力災害 受援力向上セミナー 口腔ケアの重要性 台風・大雨対策 台風対策 台風情報 名古屋大学・室井研二准教授 名古屋市南区・白水・星崎地区 国政との関連 国際信号旗 地区防災計画学会・高知大会2018 地震保険 報道関係 大阪北部地震2018 太陽灯LED照明 女性の視点(生活者)の視点 学識者・大学関係者 家具転倒防止対策 家具転倒防止講習会 家屋の手入れ 岡村眞先生講演会 巨大地震・津波対策用高強度発泡樹脂浮力体 市民目線での減災対策 平成28年度下知地区防災計画 広域地域間連携 復旧・復興対策 徳島県美波町との交流 心と体 情報伝達手段 情報伝達訓練 情報班 感染症対策 戦争災害 手結福島・南地区自主防災会 排泄(排尿・排便)ケアの必要性 携帯・デジカメ 救命艇エアーボート 救急救命法 文化・芸術 新潟中越地震の教訓 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 昭和南海地震 昭和小学校の防災学習 昭和小学校の防災教育 昭和校区地域内連係協議会準備研究会 書籍・雑誌 東北被災地交流ツアー 東日本大震災の罹災地から学ぶ 東日本大震災の震災遺構 河瀬聡一郎氏講演会 津波避難ビル 津波避難施設について 津波避難訓練 海からの受援を 浸水対策備品 災害に強い熱源としてのLPガス 災害後の速やかな対応 災害時の医療支援のありかた 災害時の食料確保 災害時国際貢献・支援 熊本地震関連2016年 疎開保険 研修会・講習会 神戸市長田区鷹取との交流 神戸市長田区鷹取東地区との交流 窓ガラス飛散防止講習会 立体換地 経済・政治・国際 耐震護岸工事 耐震貯水槽活用問題 脱水症対策 自主防災会の交流事業 自主防災会同士の交流 自衛隊の救助訓練 蓄光塗料 西村吉正・春子服薬情報 認知症症候群関連 超高齢者の事前減災対策 防災マップづくり 防災世帯調査 防災備品の管理 防災啓発懇談会 防災啓発用 防災啓発用映画 防災啓発番組 防災士 防災炊き出し訓練 防災用品展示会 防災紙芝居プロジェクト 防錆対策・防錆塗装 雪道・凍結道・高知自動車道路対策 電源の確保 震災語り部管野和夫さん 食事情報 高知大学との協働事業 高知大学防災すけっと隊 高知市地域コミュニティ推進課 高知市地域防災推進課 高知市政 高知市社会福祉協議会 高知市自主防災組織連絡協議会 高知市議会 高知市長との意見交換会資料2015年 高知市防災士会連絡協議会 高知県危機管理部 高知県土木部 高知県政 高知県看護協会 高知県議会 高知HOTARUプロジェクト 高齢者・認知症対策 2015年統一地方選挙・県議・市議 2016年熊本地震 2016年熊本地震関係 8月14日の自己責任の失火について NPO高知市民会議(防災)