最近のトラックバック

カテゴリー

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

災害情報サイト・地震・台風など

行政の防災情報

無料ブログはココログ

市民サイドの防災情報

フォト

« ガウディ展に行きました | トップページ | カップヌードル・ミュージアムを見学しました。 »

2023年7月13日 (木)

練馬区立牧野記念庭園

358050619_1720684298379580_2863673397770543964_n
2023年7月9日ですが、東京都の練馬区立牧野記念庭園に家内と娘と3人で行きました。

その昔に奥さんのスエコさんの稼ぎで買取った土地に自宅が、記念館になっています。
庭は牧野記念庭園の木や草花は、牧野さんの収集なんでしょう。広い庭園でした。
娘は15分見れば終わるだろとは言っていましたが、1時間以上かかりました。
357813023_1720684895046187_271850446153430792_n - コピー (2)358054554_1720685445046132_3418603231443916862_n
見物料金は無料でした。NHKnお連続小説「爛漫」の影響でしょう。たくさんの来園者がいました。7割がたは女性。テレビドラマをしっかり見て「勉強に」来ている様子でした。牧野富太郎さんはなかなかハンサムでお洒落な人でしたので、女性には人気がありますね。

「やはり牧野さんは小学校には飽き足らず出て行かれたんですね。」とか会話をしていました。無精者とか、時代物と異なり、身近な草花や植物が「主役」のドラマですので、意外にブームは長く続くのではないかと思います。

 前作・前前作の「ちむどんどん」と「舞い上がれ」が、終わりの方は「荒唐無稽なお話」になりましたから、「らんまん」は史実をもとにしたフィクションですので、話はしっかりしていますし、実在された植物学者牧野富太郎さんも、キャラクターがユニークですから面白い筈です。
358036570_1720684488379561_2617300622787148230_n - コピー358015486_1720684581712885_5213712817547535060_n - コピー
 練馬区立牧野記念庭園の展示内容もしっかりしています。狭いスペースに牧野富太郎さんの生涯も展示していますし、実際の植物画や、やり取りした書物も展示されています。本家の高知市の高知県立牧野植物園を圧縮したような感じですね。よくできています。

 庭に植えてある樹木や祖¥草花もすべて牧野富太郎さんに由来があるものばかりですから。じっくりと見て行けばかなりの時間がかかります。
357813023_1720684895046187_271850446153430792_n - コピー (2)
 本家の県立牧野植物園の展示もそうですが、牧野富太郎さんに関する展示は素晴らしい。ですが牧野さんを支えた奥さんや、大金を出して牧野家を借金地獄から救った神戸市の資産家等「支えた人たち」の物語もいるのではないかとおもいます。

« ガウディ展に行きました | トップページ | カップヌードル・ミュージアムを見学しました。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

多様性を許容する社会」カテゴリの記事

牧野富太郎の偉大さ」カテゴリの記事

2023年東京見聞録」カテゴリの記事

牧野富太郎と植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ガウディ展に行きました | トップページ | カップヌードル・ミュージアムを見学しました。 »