最近のトラックバック

カテゴリー

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

災害情報サイト・地震・台風など

行政の防災情報

無料ブログはココログ

市民サイドの防災情報

フォト

« 高知の平均寿命は80歳とか | トップページ | 5月21日の夜須の海 »

2023年5月22日 (月)

核融合発電の実現性は?

核融合発電・日本経済新聞1_NEW
 2023年5月17日の日本経済新聞1面記事では核融合発電についての記事が掲載されていました。

 

 「核融合発電で日本連合」

 

 「三菱商事・関電など16社」

 

 『脱炭素国際競争挑む」とかありますね。

 

 3面にも記事が書かれていました。

 

 「各国、実用化にへ競争激化」

 

 「各融合発電 目標30年代も」

 

  なんだか難しい原理のようで、記事を一読してもよくわかりません。
 放射能を出しまくる現在の原子力発電とは違うらしい。」

 

 
 「核融合発電は原子核同士を融合させてエネルギーを取り出す。化石燃料を燃やさずに参加痰度を(co2)が発生しない。

 

 燃料となる重水素は海水に含まれ。水素と異なり、中性子を1つもつ。海水を電気分解して取り出す。地球の表面の7割を占める海から大量に摂取できる。30年代の実用化に向けて、技術開発が進んでいる。」
核融合発電・日本経済新聞2_NEW
「核融合反応を起こすには燃料をセ氏1億度以上に加熱し、原子核に含まれる陽子や電子が自由に飛び回る「プラズマ」状態をつくる必要がある。」

 

「高いエネルギーを持ち付安定なプラズマを制御するトカマク型やレーザーを照射して閉じ込めるレーザー型など複数の方式の開発が進む」と記事にはありますが、何を言われているのかわかりません。

 

 アメリカの実験施設の所長は、実用化、商用化は数10年後とも言われています。開発には巨額の費用が掛かり、実用化には50年かかるらしい、はたして実用化できるのかどうかは全くわかりません。

 

 全く原理は異なりますが、その昔高速増殖炉開発が鳴り物入りで始まりましたが、多額の資金を投入したものの成功せず、断念したことがありました。核融合発電はさらに資金が必要。上手くいくとは思えないですね。

« 高知の平均寿命は80歳とか | トップページ | 5月21日の夜須の海 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

核融合発電」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 高知の平均寿命は80歳とか | トップページ | 5月21日の夜須の海 »