最近のトラックバック

カテゴリー

2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

災害情報サイト・地震・台風など

行政の防災情報

無料ブログはココログ

市民サイドの防災情報

フォト

« カツオ船の絆 防災でも | トップページ | 旧友2人が母の供養に来ていただきました。 »

2023年3月20日 (月)

浦戸湾3重防護対策の効果は?

浦戸湾三重防御・役所の見解_NEW

 高知新聞2023年3月12日号の記事では「三重防護「世界に誇れる」「高知市沿岸津波対策で講演会」とあります。

 記事によれば「完成すれば世界の誇れる」とか。「ハード整備が進むことで、安心によって防災意識が低下しないように注意が必要だ」とか。

 本当にそうなるのだろうか?そうなれば喜ばしい。

 
 実は2017年に着工式のイベントがありました。見学に行きましたが、正直この程度の堤防で津波が防げるとは思いませんでした。また下知地区は5M嵩上げ計画もなければ、耐震地盤になる計画すらありません。


http://futaba-bousai.cocolog-nifty.com/blog/2017/05/post-7595.html

 またこの種の公共土木事業は所詮はL1想定(規模の小さな昭和南海地震程度)には有効ですが、L2想定(東日本大震災規模の巨大地震)では無力であると思います。逃げる時間稼ぎはできるらしいですが、わかりません。


 堤防よりも市街地のかさ上げや耐震地場Ⓑづくり、高台の整備と市街地整備をしたほうが、現実効果があると思いますね。説明では地震による地盤沈下のことは書いていないようですので。期待薄ですね。

« カツオ船の絆 防災でも | トップページ | 旧友2人が母の供養に来ていただきました。 »

南海地震関係」カテゴリの記事

市民目線での減災対策」カテゴリの記事

危機管理の意識」カテゴリの記事

浦戸湾三重防護整備異業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« カツオ船の絆 防災でも | トップページ | 旧友2人が母の供養に来ていただきました。 »