最近のトラックバック

カテゴリー

2023年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

災害情報サイト・地震・台風など

行政の防災情報

無料ブログはココログ

市民サイドの防災情報

フォト

« 超高齢者も口腔ケアが必要です。 | トップページ | 下知地区減災連絡会・役員会 »

2021年8月 6日 (金)

日本は医療崩壊したのか?国民見殺し政策だ


医療崩壊・高齢者の自宅療養803
 東京五輪の放映や報道は尋常ではない量ですが、一方でコロナ感染症は猛暑にもかかわらず、衰えるどころか「爆発感染状態」になっています。そんな折、医療崩壊を思わせ、国民感情を逆なでする方針を政府が打ち出しています。

 高知新聞の2021年8月3日と4日の1面記事の見出しです。

「コロナ重症以外自宅療養」

「政府 病床不足で転換」

「高齢者の自宅療養濃厚」

「政府新方針 入院基準明示を 知事会要望」との見出しもなんだか「怖い」です。
医療崩壊・高齢者の自宅療養_NEW
 記事を読んで唖然としました。感染力に強いデルタ株のコロナ感染症患者を、医療機関ではなく自宅療養させよとの政府の方針。これは「国民見殺し政策」であり、「棄民政策」そのものではないか。

 記事によると「家庭内感染のある場合などは宿泊療養」であるとのこと。しかしこんな「机上の空論」で、日本国民の命が守れるのでしょうか?

 自宅療養で国民の命が守れないことは、日本経済新聞が既に5月頃に「届かぬ治療 自宅に3万人」「1か月に4・7倍、コロナ病床逼迫で」「急変時の対応難しく」と記事にしています。自宅療養でコロナ感染症の治療は難しいと思います。
日本経済新聞516記事1_NEW
 数年前感染力の強いノロウィルスにり患したことがありました。私が最初にり患し、2日間水を飲んでも嘔吐し苦しみました。3階の部屋に隔離して休養していましたが、次亜塩素酸ソーダ溶液で床面やドアの取っ手などを消毒したにもかかわらず、結局同居家族全員がり患しました。

 コロナ感染症は「いきなり肺炎」ですから、命に関わります。医療のしろうとである国民各位が自宅療養など出来るはずがない。

 完全な「棄民政策」「国民見殺し計画」です。絶対に容認できません。がーすー首相は国民に説明してほしい。「ぬるい」官邸記者クラブの記者会見などではなく、きちんと説明をしていただきたい。

« 超高齢者も口腔ケアが必要です。 | トップページ | 下知地区減災連絡会・役員会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

感染症対策」カテゴリの記事

医療・介護情報の共有化の必要性」カテゴリの記事

ユニバーサルな防災・減災対策」カテゴリの記事

危機管理の意識」カテゴリの記事

新型コロナウィルス感染症」カテゴリの記事

災害大国・日本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 超高齢者も口腔ケアが必要です。 | トップページ | 下知地区減災連絡会・役員会 »