最近のトラックバック

カテゴリー

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

災害情報サイト・地震・台風など

行政の防災情報

無料ブログはココログ

市民サイドの防災情報

フォト

« 母(95歳)は月に1度の口腔ケアに行きました。 | トップページ | 母は月一の診察に行きました。超高齢者の体調管理は先手先手で »

2021年7月10日 (土)

靴底消毒のデビュー

DSCN0213
 2021年7月6日(火曜)は、下知地区減災連絡会2021年度総会が下知コミュニュティ・センターにて開催されました。6月9日に予定の総会が延期になりようやく開催されました。

 会場入り口に、初めて足底消毒をするためのトロ船、溶液、吸水シートを準備しました。
DSCN0223DSCN0225
①足底消毒の容器は、通称トロ船と呼ばれている丈夫なプラスチック容器であります。その1部を金切りのこで切断し、足運びを楽にする工夫をしました。

②足底消毒液は、塩化ベンザルコニウム溶液です。水で200倍に希釈しました。県畜産振興課では、オスバンと言われる薬剤をご紹介いただきました。同等品です。

http://futaba-bousai.cocolog-nifty.com/blog/2021/05/post-c7cc75.html
(靴底消毒でコロナ感染症対策)

 ◎厚生労働省もオスバンのコロナウィルスに対する消毒効果も認めています。

③靴底の水分吸収には、吸着シートを活用しました。
DSCN0231
 足底消毒してそのまま歩きますと床面のPタイルが水浸しになり滑るようになると転倒の危険性があります。今回は猫用の水分吸着シートを段ボールに貼り付けて使用しました。

 おおむね靴底消毒の体験者の評判は良好でした。

 荒木二葉町自主防災会副会長から的確な指摘がありました。

「トロ船の壁面が高いと高齢者は躓く可能性がある。電動カッターで低い面までカットすればよいと思います。」。お願いしてトロ船の壁面を低めにしていただきます。

21日の二葉町町内会・自主防災会との合同意見交換会でも靴底消毒を行います。

« 母(95歳)は月に1度の口腔ケアに行きました。 | トップページ | 母は月一の診察に行きました。超高齢者の体調管理は先手先手で »

津波避難ビル」カテゴリの記事

下知減災連絡会」カテゴリの記事

下知コミュニティ・センター防災部会」カテゴリの記事

津波避難施設について」カテゴリの記事

感染症対策」カテゴリの記事

ユニバーサルな防災・減災対策」カテゴリの記事

台風・大雨対策」カテゴリの記事

浸水対策備品」カテゴリの記事

新型コロナウィルス感染症」カテゴリの記事

靴底消毒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 母(95歳)は月に1度の口腔ケアに行きました。 | トップページ | 母は月一の診察に行きました。超高齢者の体調管理は先手先手で »