最近のトラックバック

カテゴリー

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

災害情報サイト・地震・台風など

行政の防災情報

無料ブログはココログ

市民サイドの防災情報

フォト

« コロナ敗戦国の日本は没落するだろう。 | トップページ | 2回目のコロナワクチン接種 »

2021年6月15日 (火)

母の血液検査・気になるところ

春子検査室
 2021年6月10日(木)に母(95歳)は横田哲夫先生の月に1度の診察を受けました。その時に半年ぶりに血液検査をしました。結果を見て横田先生はこう言われました。
春子・血液検査610(2021年)_NEW
「Y-GTPの値が高い。他の肝臓関係の数値は高くないので様子見です。原因はわかりません。尿酸値が少し高いです、9を超えていますので、フェブリグ剤を1錠出します。放っておくと腎不全になる可能性があるので薬を出しました。」とのことです。

 6月17日に接種予定のコロナワクチン接種には影響がないので「かまいません」とのことでした。
春子・尿酸値を下げる薬_NEW
 従来の薬に1つ加わりました。朝食後に服薬します。

 生前の父は慢性腎不全でした。血液検査の項目ではクレアチリン・尿素窒素・乳酸値が、「ステージ4」段階でした。母の場合は現在ステージ3段階。超高齢者なので、臓器も弱ってきているのでしょう。

 腎機能が低下しますと足がむくんできます。今ぎりぎりで踏みとどまっていますので、なんとか健康は維持したいものです。
春子・服薬610(2021年)1_NEW
 毎日歩いて、水分補給をすれば、心配項目は改善されるとは思います。しかし雨模様と蒸し暑さは歩くことすらきつくしています。
春子・服薬610(2021年)2_NEW

« コロナ敗戦国の日本は没落するだろう。 | トップページ | 2回目のコロナワクチン接種 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

高齢者・認知症対策」カテゴリの記事

市民目線での減災対策」カテゴリの記事

西村吉正・春子服薬情報」カテゴリの記事

超高齢者の事前減災対策」カテゴリの記事

危機管理の意識」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« コロナ敗戦国の日本は没落するだろう。 | トップページ | 2回目のコロナワクチン接種 »