最近のトラックバック

カテゴリー

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

災害情報サイト・地震・台風など

行政の防災情報

無料ブログはココログ

市民サイドの防災情報

フォト

« 危機管理能力が0の無能な政府 | トップページ | 清明が終わったそうです。 »

2021年4月25日 (日)

中村防災まち歩き


 今は四万十市と言うらしいですが、中村は中村。一条氏以来500年の歴史のある中村を市町村合併で捨て去ったのはいかがなものかと、今更ながらに思いますね。

 2021年4月20日から23日にかけ、4日間中村にいました。仕事は中村から車で1時間半の西土佐の山中でした。早朝と夕方のリハビリ・ウォーキングは中村市街地でした。

 中村は1946年の昭和南海地震で甚大な被害を受けました。後川と四万十川の三角州の中に中村市街地があります。歩いたところは僅かですが、「防災まち歩き」として気が付いたことを述べます。
nakamura takadaizixyuutakutihinankanban
①意外に中村市街地は歩いていける高台地域が多い。宅地化されています。

②国土交通省・警察署・消防署は高台にあります。四万十市役所も堅牢な建物です。
keisatu
③高知市下知地区のように市街地の中に用水路は見当たらない。

④後川の堤防高は12Mです。市街地はその下に形成されています。
usirogawausirogawa teibou
⑤ところどころに路面に亀裂があります。液状化する危険性がありますね。

 短期間の滞在でしたので、気が付いたのはそんなところです。

« 危機管理能力が0の無能な政府 | トップページ | 清明が終わったそうです。 »

南海地震情報」カテゴリの記事

津波避難施設について」カテゴリの記事

昭和南海地震」カテゴリの記事

ユニバーサルな防災・減災対策」カテゴリの記事

市民目線での減災対策」カテゴリの記事

危機管理の意識」カテゴリの記事

台風・大雨対策」カテゴリの記事

リハビリ・ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 危機管理能力が0の無能な政府 | トップページ | 清明が終わったそうです。 »