最近のトラックバック

カテゴリー

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

災害情報サイト・地震・台風など

行政の防災情報

無料ブログはココログ

市民サイドの防災情報

フォト

« NHK高知放送局・こうちいちばんの番組解説 | トップページ | 口腔ケアは大事ですね »

2021年3月15日 (月)

危機管理を感覚的に鍛えました。

春の変則強風に対応できす。
DSCN4739
 今日は晴れて気持ちの良いお天気でした。家人の許可も得て、午前中から夜須のハーバーへ行きました。先日Yさんから譲渡いただきましたセール(帆)のお試しもします。慎重にぎ装しました。
DSCN4741
 最初こそ風は緩めでしたが、ぎ装(ヨットの組みたて)をしているうちに、風が釣与kジュなりました。しかも強いだけでなく、風軸(風の方向)が瞬時に変わります。あまりにも強い風が、くるくると方向が変わりますので、年寄りは無理しないので、様子見して海へ出ませんでした。早めのお昼を食べました。
DSCN4743
 昼過ぎに大﨑修二さんが来られました。「一緒に乗ろう」と言われました。気をとりなして、ぎ装をしました。強風対策用のぎ装をしました。出艇前に高知大学ヨット部の学生たちが戻って来ました。様子を聞きますと、やはり風軸が沖合でも90度は瞬時に代わるとか。これは乗りにくい。

 海へ出るためにアンカーを打ち、ヨットを風上に立てます。トレーラーを陸へ上げ乗り込もうとすると突風が吹き、あえなく転覆。早速沈しました。乗り込む前に転覆ですから。

 起こしてようやく乗り込んでシートを引き込んで海へ出ました。やはり予想外の方向からの強風。シートを緩めたり、引いたり、方向転換して帆走しました。しばらく帆走しますと、また予想外の方向からの強風に遭遇。風を逃がして沈を免れました。
DSCN4744
 しばらく帆走しましたが、またまた思わぬ方向からの強風。大きく艇が傾き、沈しそうになりました。踏ん張ってなんとかバランスを取りましたが、また強風が。

 恐怖心を感じましたので、ハーバーへ戻る決断をしました。僅か10分足らずの海の散帆でした。風が渦を巻いているような感じ。砂浜への着艇までが長い事。ようやく着艇。沈せずに戻ることができました。

 ハーバーの斜路より東の砂浜へ着艇。艇を風上に向けながら船首をもって運びましたが、強い風が方向が定まらず、引っ張るのに苦労しました。途中諦めて砂浜へ打ち上げ、運搬用のトレーラーを持ってきて砂浜を運びました。
DSCN4750
 ぎ装解除も思わぬ方向からの強風で、「ブームパンチ」を後頭部に食らいましたb。厚めの毛糸の帽子を被っていましたので、ケガをしませんでした。

 春の海は怖いです。技量のない年寄りは苦戦しました。でも気持ちが良いです。海はいいです。

« NHK高知放送局・こうちいちばんの番組解説 | トップページ | 口腔ケアは大事ですね »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

危機管理の意識」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« NHK高知放送局・こうちいちばんの番組解説 | トップページ | 口腔ケアは大事ですね »