最近のトラックバック

カテゴリー

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

災害情報サイト・地震・台風など

行政の防災情報

無料ブログはココログ

市民サイドの防災情報

フォト

« 超高齢者の介護認定は大事なことです | トップページ | 超高齢者の口腔ケアは大事です »

2021年1月14日 (木)

リーダーの在り方を考えてみました

引退後も隠然とした力のある米国大統領

 防災:減災のテーマから外れた投稿ですが、リーダーのありかたについて、33年も前の出来事を思い出し、現在のトランプ大統領の悪あがきを考えてみました。
ka-ta-sann
 ご自身が大統領選挙で敗北し、国民の審判が下った後も往生際が悪く、悪態をついているトランプ大統領。ホワイトハウス前の演説で「国会へ押しかけよう」と支持者を扇動して破壊行為を咎めようといしない。「晩節を汚す。」とはトランプ大統領のことを示している。
image
 小さな州の州知事から米国大統領になったものの、イラン革命の余波などで再選できなかったジミー・カーターさん。1988年10月に高知青年会議所の招待で高知まで来られていました。

http://dokodemo.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/post-3a27.html
(元大統領の外国訪問は大変な事であると思います)

 元大統領とはいえ本国からシークレットサービス2人ついてきました。その費用全ては米国が払っています。大統領は国家元首であり引退後も米国国民が尊敬しているということが、当時(1988年)にカーターさんをチラ見してそう思いました。
ka-ta-san
 1988年は高知青年会議所が10月に全国会員大会を開催しました。先行してその記念事業として私は8月13日に春野運動公園で野外ロックコンサートを企画し開催していました。コンサートは成功裏に終わりました。

http://kenchan-radio.sakura.ne.jp/dokodemo/whatnew1/okamura/f-tosa1988.html

(1988年に開催されたふりーじゃきに土佐ビックロックフェスティバル)

 10月の記念事業は米国元大統領であったジミー・カーターさんをご夫人とともに高知へご招待し、記念講演をしていただくことでした。当時の企画責任者は西山彰一さんだったと思います。

 今のようなデジタル時代ではないので、記録などは散逸し、かろうじて私の2009年8月の個人ブログに記録がありました。
f-tosa06

f-tosa18
 私は8月の記念事業担当者(ロックフェスティバルの)であり、10月には「抜け殻状態」でした。カーターさんの講演会は県民文化ホールで開催され、入り口付近で警備担当をしていたと思います。

 カーターさんご夫妻と当時の青年会議所メンバーとの記念撮影もありました。後ろの方に顔出ししています。

 カーターさんはその後クリントン大統領時代に特使として北朝鮮を訪問し核開発抑止の合意を取り付けられました。ご活躍をされています。

 元大統領には名誉も尊敬も与えられているのに、トランプさんは「投げ捨てて」未だに騒いでいます。史上最悪の大統領ではないでしょうか。米国国民も嘆いていると思います。

« 超高齢者の介護認定は大事なことです | トップページ | 超高齢者の口腔ケアは大事です »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

研修会・講習会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 超高齢者の介護認定は大事なことです | トップページ | 超高齢者の口腔ケアは大事です »