最近のトラックバック

カテゴリー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

災害情報サイト・地震・台風など

行政の防災情報

無料ブログはココログ

市民サイドの防災情報

フォト

« 来世の父に励まされました。 | トップページ | 減災に協力する企業は好ましい »

2020年5月 5日 (火)

憲法改正論議よりコロナ対策を真剣に


95332354_915096185605066_3541320356549623808_n
 どうやら未だに安倍晋三首相はこの時期にも「憲法改正の妄想」に取り付かれています。
緊急事態宣言を4月7日に宣言し、16日に全国に拡大し、安倍晋三が言うように「ここ2週間が山場」と国民を煽り立て、全国の街並みは軒並みシャッター通りになりました。

 5月6日に全国の感染者が台湾や韓国のように「1ケタ台」になっていたならば、安倍晋三首相の言う「緊急事態宣言」に効力があり、説得力まで増したことでしょう。でもそうはなりませんでした。その総括も全く不十分。
95387951_915096352271716_2353590302377246720_n
 また1か月「緊急事態宣言」を延長だとか。しかし医療対策はいまだに十分ではなく、国民各位にはマスクもアルコール消毒液すら手に入らないていたらく。

 政府や知事たちの「自粛の要望」は、各業界への「廃業要請」ではないか。無能な安倍晋三首相のおかげでコロナ感染症対策は全く不十分。そのうえに未曽有の「コロナ大不況」がこれから始まります。
陸前高田市長発言
 「憲法を改正し緊急事態条項を、より政府に強権を集約させる」ことを安倍晋三は妄想している。コロナ感染症対策は全く不十分。コロナ大不況も作り出した上に、なぜ憲法を改正をするのか。おかしいと思わないのだろうか。たぶん思わないのだろう。

 以前東日本大震災で壊滅的な被害を受け、復興に取り組まれている岩手県陸前高田市の戸羽太市長の「緊急事態条項 自治体迷惑」という記事に核心がありました。熟読すべきであると改めて思いました。

« 来世の父に励まされました。 | トップページ | 減災に協力する企業は好ましい »

国政との関連」カテゴリの記事

東日本大震災の罹災地から学ぶ」カテゴリの記事

ユニバーサルな防災・減災対策」カテゴリの記事

危機管理の意識」カテゴリの記事

新型コロナウィルス感染症」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 来世の父に励まされました。 | トップページ | 減災に協力する企業は好ましい »