最近のトラックバック

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

災害情報サイト・地震・台風など

行政の防災情報

無料ブログはココログ

市民サイドの防災情報

フォト

« 新下知ポンプ場 | トップページ | 複合災害を前提とした避難所開設・運営 »

2020年4月21日 (火)

先祖が現世に生きる私たちを守ってくれます

墓掃除に行きました。

お墓は高台にあります。現世に生きる私たちもなんとか頑張って海抜0メートルの地域から、地盤の固い高台地区へ移転したいものです。
DSCN6664
 2年前の5月に逝去した父。今年は仏式では3回忌。
東京在住の子供の仕事の予定で、早々に連休のさなかに法事をすることにしました。ところが全国に非常事態宣言が出され、「東京から地方へ移動する」ことがはばかれるようになり、「帰省するな」となりました。
DSCN6652
 実際に愛媛県では大都市部から帰省した人から法事で感染が広まりました。残念ですが仕方がありません。法事は予定どうりしますので、墓掃除に行ってきました。
DSCN6653
 今頃の季節は、暑くもなくさ、寒くない時期です。墓地は日影がなく全体が石造りですから、夏はとてもではないが行くことは出来ないです。

 1・5坪足らずの小さなお墓ですが、踏み台の石には赤コケが生え、「西村家の墓」との掘った文字は汚れたり、ペイントが剥げたりしていました。あらかじめ墓石やさんに石碑の手入れの仕方を聞きました。
DSCN6662
「敷石はクレンザーなどを撒き、ブラシでこすれば赤コケは除去できます。文字の部位は最初に歯ブラシなどでよく埃を除去してください。ペイントの剥げた部位は、水性でも溶剤系でもいいので、小さな筆で塗装してください。」とのこと。
DSCN6663
 墓石屋さんの指示どうりに2時間ぐらい敷石をこすりました。墓石の文字部位も洗いました。どちらも懸命にしましたが満足の行く仕上げにはなりませんでした。手では無理で、電動工具などを使用しないといけないかもしれないですね。
DSCN6656
 休憩時に墓地公園を散策しました。高台にあり風が抜けます。今日は風が強い日でした。父と一杯対話が出来ました。もう1回ぐらい法事前に行って手入れをするようにします。
DSCN6658
 墓掃除をするとなんか気持ちが落ち着きました。先祖を大事にする気持ちは必要ですね。

« 新下知ポンプ場 | トップページ | 複合災害を前提とした避難所開設・運営 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

危機管理の意識」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新下知ポンプ場 | トップページ | 複合災害を前提とした避難所開設・運営 »