最近のトラックバック

カテゴリー

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

災害情報サイト・地震・台風など

行政の防災情報

無料ブログはココログ

市民サイドの防災情報

フォト

« 鏡川大橋の耐震補強工事 | トップページ | 災害ケースマネジメント »

2020年3月 7日 (土)

南宝永町の津波避難ビル

 鏡川大橋北詰の場所にある福留開発の本社ビル。1年ほど前に旧社屋を解体し、同じ場所に新築されました。
DSCN6158
 新しい社屋は耐震化され、高知市の津波避難ビルの指定も受けられています。地元の住民の皆様には説明会があったようですが、隣町の私はそのあたりは知りません。
DSCN6157
 見た限りでは、建物へのドアなどはすべて千錠されており、今地震があり津波警報が出ても、逃げられないように思いました。ビジターには避難できないですね。

« 鏡川大橋の耐震補強工事 | トップページ | 災害ケースマネジメント »

南海地震関係」カテゴリの記事

津波避難ビル」カテゴリの記事

津波避難施設について」カテゴリの記事

高知市政」カテゴリの記事

危機管理の意識」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 鏡川大橋の耐震補強工事 | トップページ | 災害ケースマネジメント »