最近のトラックバック

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

災害情報サイト・地震・台風など

行政の防災情報

無料ブログはココログ

市民サイドの防災情報

フォト

« 地域コミュニュティが減災活動の元締め | トップページ | 超高齢者の健康維持対策は早めの診察が必要です。 »

2020年3月16日 (月)

閖上(ゆりあげ)の再出発


日本経済新聞 格井直光さん312_NEW
 日本経済新聞」2020年3月12日号に、「閖上復興だより」の編集長の格井直光さんに関する記事が大きく掲載されていました。

「宮城「復興だより」第」60号で幕」

「次は五輪で語り部に」

 格井直光さんご自身が、2011年3月11日の東日本大震災の名取市を襲った津波でご両親を亡くされています。遺体が見つかるまでの数か月懸命に手掛かりを捜しておられました。

「被災者はひとつでも多くの情報を欲している。」という想いから仲間たちとともに2011年10月から「「閖上復興だより」を発刊されました。

 地域の復興情報の進捗状況や、住民へのインタビュー、地域の行事など、閖上地区の復興の様子が紙面から大変よく理解出来ました。7000部発刊されていて、各地に散在し避難生活をなさっていた閖上地区の人々を繋ぐ地域コミュニュティ紙の役割を果たされていました。

 取材活動や編集活動は大変であったと想像できます。住民自らが取材し、編集しているがゆえに、閖上地区の地域コミュニュティもまた力強く再生できたのだと思いました。

 閖上復興だよりは60号で終了となります。今後は「閖上だより」と名前を変えて、町内会活動などを伝えますが、発行頻度や発行部数は減らすとのことです。

 また格井さんから「ふらむなとり」のパンフレットを送付いただきました。
ふらむなとり1_NEW
「新しい閖上へ」
ふらむなとり2_NEW
「未来の閖上に前進!」と決意表明されています。
ふらむなとり3_NEW
 まちづくりの基本は「地域コミュニュティ活動の充実」以外にはありません。ずっと地域で実践され、実績をあげられてきた格井さんたちであればこそ、実現可能であると思いました。
ふらむなとり4_NEW

« 地域コミュニュティが減災活動の元締め | トップページ | 超高齢者の健康維持対策は早めの診察が必要です。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

東日本大震災の罹災地から学ぶ」カテゴリの記事

ユニバーサルな防災・減災対策」カテゴリの記事

危機管理の意識」カテゴリの記事

事前復興まちづくり計画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 地域コミュニュティが減災活動の元締め | トップページ | 超高齢者の健康維持対策は早めの診察が必要です。 »