最近のトラックバック

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

災害情報サイト・地震・台風など

行政の防災情報

無料ブログはココログ

市民サイドの防災情報

フォト

« 塵取りで救命船の水をくみ取りました。 | トップページ | 四国羅針盤「最悪の24時間を生き延びろ」放映日です。 »

2020年3月13日 (金)

鏡川大橋落橋防止工事?

DSCN6268
 国道56号線の幹線道路の橋梁である鏡川大橋。56号線の東側の市街地は二葉町になります。散歩し、改めて台船が横づけされている工事現場を対岸から観察してみました。
DSCN6267
 橋梁の橋げた部分を鋼鉄製の矢板が打ち込まれています。今日は現場がお休みであり、どういう工事をされているのか対岸からでもわかりません。
DSCN6269
 以前は橋げたに橋梁上部を大きな鎖でつないでいるだけのようでしたが、更に丈夫にするのでしょうか。それは結構なことであると思います。
DSCN6271
 鏡川大橋歩道部は、「災害時要援護者一時退避場所」として、土佐国道事務所が特別に認めていただきました。「二葉町防災MAP]への表記も認めていただきました。(2007年)のことでした。
DSCN6271


 


http://futaba-t.cocolog-nifty.com/blog/2007/12/post_4e30.html


 


 


 落橋しなければ、津波避難ビル(避難場所)として斜路になっているので、車いす利用者の人も避難できます。
DSCN6274

« 塵取りで救命船の水をくみ取りました。 | トップページ | 四国羅針盤「最悪の24時間を生き延びろ」放映日です。 »

南海地震情報」カテゴリの記事

国政との関連」カテゴリの記事

ユニバーサルな防災・減災対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 塵取りで救命船の水をくみ取りました。 | トップページ | 四国羅針盤「最悪の24時間を生き延びろ」放映日です。 »