最近のトラックバック

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

災害情報サイト・地震・台風など

行政の防災情報

無料ブログはココログ

市民サイドの防災情報

フォト

« 超高齢者の健康維持こそが事前防災対策の1つです。 | トップページ | 危機管理意識がまるでない安倍内閣 »

2020年2月17日 (月)

雨の中1日夜須にいました。


DSCN5896
 昨日から1日雨。朝9時からはNPO法人YASU海の駅クラブで、「救命講習会」を受講しました。海の駅クラブの田中さんが講師。救命士(だったかな)の資格を取得されたとか。3時間みっちりの講習会でした。

 7年前に防災士の資格を取得した時に、日赤の救命講習会を受講していた時以来でした。ほとんど忘れていましたね。

「胸骨圧迫は大事。人工呼吸より大事です。AEDも躊躇なく使えるようにしましょう。」とのことで、3時間みっちりしました。高知大学ヨット部の学生たちや、ジュニアヨットクラブの2に人も参加。私が最年長受講者でした。

 受講して良かったです。3年ぐらいに1回は受講すべきであると思いました。
DSCN5898DSCN5901
 昼食を訪のおむすびと卵焼きを食べ、午後からはYASU海の駅クラブにお願いしてありましたSUP体験をしました。まるで初体験です。座ることで精いっぱい。時折立ち上がりますが、30秒ぐらいが精一杯でした。情けない。

 南海トラフ地震で地盤沈下して下知地区は長期浸水します。私などは在宅雛者になるでしょう。連絡用にウィンドサーフィンのボードに立ち漕ぎして地域を巡回できればと思いました。ところがSUPに立つことがほとんどできない。

 ご一緒した大崎修二さんは簡単にSUPに立ち、すいすいと乗られていました。SUP体験の写真はありません。

 まして幅の狭いウィンドサーフィンのボードの上に立つことは、今の私では不可能。座るだけで精一杯でした。

雨の中のSUP体験が終わり、かつて高知大学ヨット部のサポート船として活躍していた「南風」を高知市丸池町に移動するのを手伝っていただきました高知大学ヨット部のメンバ-3人とOBでYASU海の駅クラブ事務局長の井土さんも「四国羅針盤」の取材対応をしていただきました。

 SUPはヨットとは使う筋肉が違いました。明日は足が筋肉痛になりますね。

« 超高齢者の健康維持こそが事前防災対策の1つです。 | トップページ | 危機管理意識がまるでない安倍内閣 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

ユニバーサルな防災・減災対策」カテゴリの記事

市民目線での減災対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 超高齢者の健康維持こそが事前防災対策の1つです。 | トップページ | 危機管理意識がまるでない安倍内閣 »