最近のトラックバック

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

災害情報サイト・地震・台風など

行政の防災情報

無料ブログはココログ

市民サイドの防災情報

フォト

« 悲願のSOSカードが完成 | トップページ | 今治市防災士会・自主防災研究大会2020 »

2020年2月 4日 (火)

地域のコミュニュティ力が減災活動の源です

第一回下知文化展が開幕
DSCN5601
 2020年2月2日・3日の両日高知市二葉町の下知コミュニュティ・センターで「第1回下知文化展」が開催されました。
DSCN5602
 下知コミュニュティ・センター運営委員会(坂本茂雄・会長)が主催しました。初めての開催にも関わらず下知内外の地域から70人が出品され、100数10点の作品が4階多目的室に展示されていました。

 折り紙、書道、陶芸、押絵、刺繍、パッチワーク、絵画、写真、絵手紙、イラスト、人形、他多くの作品が出展され、4階多目的室の風景が一変しました.
義母人形・生美イラスト複葉機
うちも娘がイラスト2品(複葉機)と義母が人形8ピエロ)と琉球紅型を出しました。
中川さん
 カフェ・テラスすみれの中川さんは、石鹸彫刻、澤本恵子さんは陶芸、国見俊介さんと坂本茂雄さんは写真。高橋昌美さんは、絵画や人形、お面や陶芸作品など「高橋昌美・ワールド」を形成されていました。
昌美ワールド
二葉町在住の画家故浜口喬夫さんの絵画も展示されました。
濱口喬夫 (2)濱口喬夫
 鑑賞者の多くの人達は「とてもよかった。下知地区にこれほど文化活動をされている人がいるとは驚きました。」と言われていました。

 持ち込まれた作品は、すべて展示されていますが、印象深い作品の多さには驚きの連続でした。開催は大成功でした。

 下知文化展 2月1日(土)13時から19時まで

       2月2日(日)9時から16時まで

       下知コミュニュティ・センター4階

« 悲願のSOSカードが完成 | トップページ | 今治市防災士会・自主防災研究大会2020 »

文化・芸術」カテゴリの記事

下知コミュニティ・センター防災部会」カテゴリの記事

ユニバーサルな防災・減災対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 悲願のSOSカードが完成 | トップページ | 今治市防災士会・自主防災研究大会2020 »