最近のトラックバック

カテゴリー

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

災害情報サイト・地震・台風など

行政の防災情報

無料ブログはココログ

市民サイドの防災情報

フォト

« 災害と防災がつながるプロジェクト(災害ボランティア) 活動報告・共有会議 | トップページ | 海の散帆の拠点のクラブの役員会 »

2020年1月20日 (月)

超高齢者の健康維持は事前減災対策です。

母は主治医の診察を受けました
DSCN5339
 2020年1月16日ですが、母(94歳)は横田内科胃腸科(横田哲夫先生)の診察を受けました。

 「血圧は144-84.やや高め。寒いからでしょう。心配はありません。不整脈もなし。足にむくみは少しあります。高齢者はむくみます。」
DSCN5334
「認知症の進行も遅めです。(アルツハイマー型認知症と判定されて12年目)。人によっては進行が早く、人格破壊になる人もありますが、お母さんは兆候はないですね。」と言われました。

 骨を強くする注射をしました。調剤薬局で1か月分の薬をいただきました。1番寒い時期を乗り切りそうです。
DSCN5333
 午後からは介護予防通所リハビリに元気で行きました。

« 災害と防災がつながるプロジェクト(災害ボランティア) 活動報告・共有会議 | トップページ | 海の散帆の拠点のクラブの役員会 »

認知症症候群関連」カテゴリの記事

高齢者・認知症対策」カテゴリの記事

超高齢者の事前減災対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 災害と防災がつながるプロジェクト(災害ボランティア) 活動報告・共有会議 | トップページ | 海の散帆の拠点のクラブの役員会 »