最近のトラックバック

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

災害情報サイト・地震・台風など

行政の防災情報

無料ブログはココログ

市民サイドの防災情報

フォト

« 介護担当者会議が開かれました | トップページ | 国の想定どうりに減災は可能なのか? »

2019年7月26日 (金)

エアバック式軽量担架は、避難所には必要品


DSCN1577
 2019年7月25日ですが、防災備品版倍会社の方に。エアバック式軽量担架「エクストレチャーS)を紹介していただきました。下知コミュニュティ・センターで実際につかわせていただきました。その様子は既に吉本豊明さんがFBに動画をアップされています。
DSCN1579
 落ちた単で袋に首脳した状態はコンパクトで、重さは5・5キログラム。広げます。ある引き金を引っ張ると、あっという間に空気が入り膨らみます。

 最初の体験者は体格の良い吉本豊道さん。この担架に乗せて階段を昇降をしました。4人であれば軽々と階段昇降ができました。運ばれている吉本さんの感想は「痛くはない。」とのことです。
DSCN1584
 そのあと軽量級の大崎修二さん、中量級の坂本茂雄さんも体験しました。全員の感想は「いいのではないか」ということです。

 避難所は階段昇降できなければ助かりません。下知地域は浸水する可能性がありますから。ちなみにこのエアバック式軽量担架「エクストレチャーS)は水に浮くこともできるようです。写真を見せていただきました。
DSCN1590
 避難所の必要備品の1つになりました。

« 介護担当者会議が開かれました | トップページ | 国の想定どうりに減災は可能なのか? »

防災啓発用」カテゴリの記事

認知症症候群関連」カテゴリの記事

ユニバーサルな防災・減災対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 介護担当者会議が開かれました | トップページ | 国の想定どうりに減災は可能なのか? »