最近のトラックバック

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

災害情報サイト・地震・台風など

行政の防災情報

無料ブログはココログ

市民サイドの防災情報

フォト

« 何もかにもがもどかしい | トップページ | 高知の地区防災計画と地域防災力 »

2018年2月26日 (月)

家内がインフルエンザになりました


インフルエンザ対策1_NEW_R
 先週木曜日(2月22日)に母(92歳)が、インフルエンザB型に感染していました。同日私も検査しましたが陰性の判定でした。翌日の23日に家内もインフルエンザの判定をしましたが陰性の判定でした。

 ところが週末から具合が悪そうでした。足が攣ることをしきりに訴えていました。もしやと思い横田胃腸科内科でもう1回インフルエンザの判定をしていただきますとB型の判定でした。

 それでイナビルと言うインフルエンザの特効薬を処方していただきました。薬局で処方され、口から吸いこみました。母の場合は服薬のタミフルでした。
インフルエンザ対策2_NEW_R
 横田哲夫先生によれば「タミフルは青少年には服用が禁止になりました。若い人はイナビルということです。

 母と家内がインフルエンザB型に罹患しました。だんだん危機が迫っています。週末には「地区防災計画学会・高知大会」もあります。こちらも体調管理をしないといけないですね。

夏場は胃腸系の食中毒が怖いし、冬場の脅威はインフルエンザ。手洗いは熱心にしていた家内ですが、それでも感染してしまいました。感染ルートは母ですが、母がどこから感染してきたのか。ディ・サービスしか考えられないですね。症状が出ないキャリアの人がいたんでしょうか?わかりません。

« 何もかにもがもどかしい | トップページ | 高知の地区防災計画と地域防災力 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

感染症対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 家内がインフルエンザになりました:

« 何もかにもがもどかしい | トップページ | 高知の地区防災計画と地域防災力 »