最近のトラックバック

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

災害情報サイト・地震・台風など

行政の防災情報

無料ブログはココログ

市民サイドの防災情報

フォト

« 市民目線での減災対策 | トップページ | 五台山市民農園へ行きました »

2017年9月 8日 (金)

本来人が住んではいけない場所に住んでいます

1000nenmaefutabacxhoi


 私が住んでいる高知市下知地区の二葉町は全町内が海抜0メートル。海に隣接し、高台はない。1000年前は海でした。

 南海トラフ地震が起きれば、また今の市街地は海に沈むことでしょう。わたしたちは「住んではいけない場所」にう家を建て会社を営み生活しています。

 「災害は人が作り出している」というのは、「本来住んではいけない場所に家を建て市街地をこしらえるから被害が起きる」のです。そう考えると、ある意味どうしようもありません。

 今年は二葉町自主防災会が結成して10年目。懸命にその現実を訴えますが動きは依然として鈍い。無力感を感じる今日この頃です。

 でも税金も払っているのだし、「いうべきことは言い」「主張すべきことはします。」そう決意しました。

« 市民目線での減災対策 | トップページ | 五台山市民農園へ行きました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本来人が住んではいけない場所に住んでいます:

« 市民目線での減災対策 | トップページ | 五台山市民農園へ行きました »