最近のトラックバック

カテゴリー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

災害情報サイト・地震・台風など

行政の防災情報

無料ブログはココログ

市民サイドの防災情報

フォト

« なぜ皆防災に関心が薄いのか? | トップページ | 市民目線での減災対策 »

2017年9月 6日 (水)

兵庫県立大学・大学院生の皆様との意見交換会


Hyougo1

 2017年9月5日は午後6時から兵庫県立大学大学院の皆様が4人来られました。高知市役所地域防災推進課山中係長、中山氏、橋村氏。下知地区減災連絡会は坂本茂雄事務局長と西村健一副会長が出席しました。
 下知地区防災計画について坂本事務局長と西村副会長が説明しました。山中係長は行政の立場での地区防災計画の説明がありました。
Hyougo2

 兵庫県立大学の皆さんは、学部から来られた20歳前半の方たちと、社会人で大学院生の方もおられました。

「阪神大震災が遠い過去の記憶になりつつある。危機感があり、ます。」

「レジエンスなんていう言葉をいかに日本語化することは大事です。」

「音楽というコンテンツを活用して、若い世代に伝達したいです。」

「熊本地震の時もラインは通信として使用できました。」

「スマホ活用法など教室をしますとコミュニケーションがとれます。高齢の人達と若い人達が打ち解けていました。」
Naraia1


Yamanaka

 話は尽きませんでした。家人から急用があり中座しました。

« なぜ皆防災に関心が薄いのか? | トップページ | 市民目線での減災対策 »

研修会・講習会」カテゴリの記事

高知市地域防災推進課」カテゴリの記事

事前復興計画に策定作業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 兵庫県立大学・大学院生の皆様との意見交換会:

« なぜ皆防災に関心が薄いのか? | トップページ | 市民目線での減災対策 »