最近のトラックバック

カテゴリー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

災害情報サイト・地震・台風など

行政の防災情報

無料ブログはココログ

市民サイドの防災情報

フォト

« 高知減災ネットワーク会議・総会 | トップページ | 毎日新聞記事を読んで »

2017年7月31日 (月)

高知県土木部港湾・海岸課へ行きました。

 2017年7月27日に高知県土木部港湾・海岸課を訪問しました。7月22日(土曜日)に、池田孝弘さんと大崎修二さんが、香南市夜須にあるヤッシー・パークの津波避難タワーの現地調査をされていました。その報告事項と写真をコピーを持参しました。

 応対いただいたのは港湾・海岸課チーフ(海岸建設担当)の濱口祐一氏と主幹の井上洋平氏でした。やりとりは以下です。

「津波避難タワーへの誘導看板は設置する予定です。」

「斜路の部位への蓄光テープを張ることは可能でしょう。」

 こちらからは防災倉庫に、救命用のロープや救命用投げ込み浮き輪や、担架などの整備を依頼しました。

 また対応不可能な事項としては、

「斜路の床面が滑りやすいというご指摘ですが、張り替えるには多額の費用が掛かるので、無理です。また避難タワーは原則昼間の利用を想定しています。太陽光ソーラー街灯の設置も無理です。」とのことでした。

ヤッシーの津波避難タワーは市町村が管理している住民主体の避難を前提とした津波避難タワーとは形態が異なり、ふだんは「展望台」として活用し、いざという時は津波避難タワーとなります。常時開放型になっています。

 1年間は中央東土木事務所が管理し、その後委託管理者((株)ヤッシー)になる予定です。とのことでした。

« 高知減災ネットワーク会議・総会 | トップページ | 毎日新聞記事を読んで »

南海地震情報」カテゴリの記事

高知県土木部」カテゴリの記事

津波避難施設について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高知県土木部港湾・海岸課へ行きました。:

« 高知減災ネットワーク会議・総会 | トップページ | 毎日新聞記事を読んで »