最近のトラックバック

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

災害情報サイト・地震・台風など

行政の防災情報

無料ブログはココログ

市民サイドの防災情報

フォト

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

2017年5月31日 (水)

壮大な構想で下知を再興・再建しよう

下知はスーパー堤防と浮体式人工地盤、立体換地で安心・安全なまちづくりをすべきです。

 下知事前復興計画を「絵に描いた餅」にしないためには、国の制度や都市計画制度、開発された技術もフルに活用して、低地の(海抜0メートル)の下知の市街地を安心・安全な街に変貌させたいと思っています。

 実際に下知を安心・安全な街にするためには、3つの方法手段しかないと思います。(自分たちなりに研究してきました。また昨年技研製作所北村社長にも面談し意見交換をしました。

(1)スーパー堤防による下知地区全体のかさ上げ

 国土交通省に「スーパー堤防」(高規格堤防)があります。東京では一部着工されています。現在下知地区には5メートルの高さの耐震護岸堤防が「浦戸湾3重防護」として建設されています。

 いくら堤防だけが耐震化されましても、地域の地盤は弱く、低地です。浸水したら復興・復旧はとても困難です。「スーパー堤防」は、高さ5Mの堤防なら、その100倍の長さの地盤をかさ上げし、市街地全体を堤防化していく壮大な計画です。

(2)浮体式人工地盤

 公園や学校の校庭に高密度発泡体を地中に5Mから10M埋め込み表面は土で多い植栽なども行います。高密度発泡体は地盤改良工事や道路、トンネル。橋梁工事で使用されています。

 なにが1番いいといいますのは、高齢者は垂直移動(階段昇降)が苦手です。車椅子利用者は階段昇降が出来ません。水平移動で浸水から免れることができます。コストも通常の盛り土工事よりも割安(重機などを使用しないこともあります。)工期も短く出来ます。

 (1)と(2)の構想を組み合わせ、技研製作所のインプラント工法と耐震護岸と組合わせをすれば、耐震性のある人工地盤が低地の市街地に形成され、津波浸水に耐えられる安心安全な街づくりが可能になります。

 高知ローカルの話ではなく、東京・大阪・名古屋・福岡・広島・横浜・川崎・千葉など低地の沿岸部に市街地形成している大都市部でもその高知発の技術が役立つと思うからです。

(3)立体換地

 平地の低層住宅の土地と耐震高層マンションの部屋とを等価交換する都市計画手法。地域住民の合意形成と、市役所の関与と、民間建設会社の協力が必要な事業。

 例えば下知の各町内ごとに耐震高層住宅を建設する。下層部に事業所、商業店舗、公共スペーズを入居させる。高層化住宅なので、他の地域からの住民も増加し、販売すれば建築費用の1部の回収も可能。

 「スーパー堤防」「浮体式人工地盤」「立体換地」を組み合わせ、低地の市街地の下知地区を都市改造すれば、地震・津波・浸水での死者はゼロになり、震災関連死も0になります。

 わたしは下知地区防災計画のなかにも「スーパー堤防」「浮体式人工地盤」「立体換地」を提唱し、実現させるためには、なにより「地域の合意形成」が必要であると思います。2年間議論してきました「事前復興計画」の議論がそこで生きると思うからです。

 その議論なしに「揺れ対策」「津波・浸水避難対策」「避難所開設・運営実施」「「長期浸水対策」を下知地区防災計画にてまとめあげるだけでは、所詮は「防災計画」にすぎず(もちろんそれはとても大事ですが。4年前に策定した「昭和校区津波浸水被害対策の焼き直しに過ぎません。)4つの部署の地域計画を包摂したものになりません。
 
 地域の安心・安全な姿。あるべき姿がゴールです。ゴールがあればこそ、「揺れ対策」や現在の家屋の耐震補強」など「生きのびるための」方法手段が、より現実味を帯びます。

 また「スーパー堤防」「浮体式人工地盤」「立体換地」により下知地域の都市再開発計画が10年かかるとしましたら、その間に居住する家も借りないといけないので。山間地区の過疎地との交流が大事なのは、期間限定であれば家主も貸してくれますし、双方にメリットがあります。

2017年5月30日 (火)

津端修一さんについて


 超高齢者の両親(父97歳・母91歳)の健康状態が現在安定しています。それでようやくようやく2017年6月2日(金)に高知県立美術館ホール中庭で上映されます「人生フルーツ」という津端修一さんご夫妻を描いたドキュメンタリー映画を家内と一緒に観賞できることが出来るめどが立ちました。
 
 当日は美術館中庭での上映とか。スローライフの人生を全うした津端さんということで、食材販売のカフェなどが複数出店されるようですね。「文旦好きがこうじて」(の著者である松田雅子さんも今年最後の文旦で出店なさるようです。

 高名な建築家であり都市計画家であった津端修一さんですが、奥様を大事にされ、筋金入りスローライフな生活を実践された人です。FBでの知り合いの人の多く(高知在住の)が上映会に来られるようです。久しぶりに会える人もいるかもしれませんね。

 実は1992年に津端修一さんは高知市へ来てくれていました

 今から25年前の1992年に津端修一さんは高知へ来られ、講演をしていただきました。題目は「自由時間政策からみたこれからの都市再開発」でした。当時は三重大学地域共同研究センター客員教授という肩書でした。年齢は67歳ぐらいでした。

 当時私は高知青年会議所と言う団体に所属していまして、1990年から3年間「都市再開発セミナー」という連続セミナーを開催し、講演内容を「快適都市」という冊子にまとめることをしていました。

 津端修一さんについては、わたしは建築業界の人間ではないので全然当時知りませんでした。知り合いのNHK高知放送局の斉藤ディレクターが懇意にされていたというので、連絡していただき都市再開発セミナーで講演していただきました。

 今でも覚えていますが、津端さんは高知についてこういわれました。

「高知県は産業基盤が弱く所得も低い。経済格差があり、暴力団も暗躍している。共産党も根強い。なんかイタリアと似てますよ。

 イタリヤも経済は駄目だ駄目だと言われているが、実は市民は案外豊かに暮らしているイタリヤは日本のような学歴社会ではない。15歳で職人になり30歳ぐらいで親方になる。量産する製品ではなく、家具や革製品や靴や宝飾品などは高値で売れる。」

「それも生産者が直接・バイヤーに売る仕組みをこしらえているから、職人の手取りもいい。それを推進しているのが旧イタリヤ共産党。」

「イタリヤでは国民の家賃は政策で低く抑えられている。国民は2軒家を持っている人が居て、1軒を外国人に貸します。これは髙い家賃で貸せます。家賃が自分の給与より高いなんてこともある。」

「職人同士で融通し合い高値取引をするので、生活は優雅。家も貸して家賃収入もある。それでイタリアの市民は1カ月くらいの休暇も取れるようです。スモール・ファミリー・ビズネスが世界と取引しているんですよ。」と言われました。

 津端さんの発言は講演会で言われたのか、後のスタッフとの懇親会の時言われたのか25年も前の事ですから定かではありません。国はつぶれかけていても、国民各位は元気で案外豊かに暮らしているのがイタリアですよ。高知はイタリアに似ているんで、東京を目ざすのではなく、イタリアを目指すべきといわれました。

 「ヨーロッパは自由主義社会だが、公共が中心になって進める社会システムづくりに熱心だった。「快適都市」と言うのは、アクティブなシニアを育てられる社会システムを持つ都市環境、というのがヨーロッパ的な合意。

 あえて都市開発と言えば、社会的公平を目標にした社会システムをつくる開発だと考えている。

 毎日の平凡な暮らしにあらためてこだわって見ると、知らない間に豊かな生活ストックができてくる。それが大事だとしみじみと考えさせられた。

 まず、みなさんの身近なところから現代の都市づくり、快適環境を確かめることだ。やがては、1人1人の豊かな暮らしが高知をを変えていくだろう。

 高知県、高知市は、その僻地性のゆえに独自の構想力を持っているのだから」(快適都市3・1992年高知青年会議所・刊)

 当時1度しかお会いして話をしませんでしたが、25年も経過して覚えていますから強烈な印象を与えてくれたひとでした。

 半年ぐらいしてから自宅に津端修一さんから電話がありました。

「西村君 今度ニューカレドニアに一緒に行こう。カタマラン型の双頭ヨットで島々をクルージングするツアーがあるよ。料理はフランス人シェフが作る。ウィンドサーフィンも載せていくので楽しいセーリングが出来るから。」

 津端修一さんは趣味の1つがヨットでのセーリングでした。講演後の懇談では私も趣味が「海の散帆」ですので、セーリングの話ばかりしていたからです。当時はまだ長男は小学生であり、下の娘は保育園で、子育て真っ最中でした。行きたいがいけない立場でした。

 せっかくの優雅なセーリングのお誘いでしたが、泣く泣くお断りしました。後日ツアーへ行かれた津端さんから電話があり「良かったよ」と。そういう生活に今でも憧れはしますね。

 津端修一さんは大正14年生まれでした。母と同学年です。2年前に90歳でご逝去されたと。健康的な生活をなさっているんので100歳までは生きると思っていたので、ご逝去はとても残念です。
 
 そんな映画が興味心身です、当時のことを少しでも想い出すことができるのでしょうか?楽しみです。

また津端修一さんの「市民自治」を念頭においた都市づくりのありかたは、下知地区防災計画・事前復興まちづくり計画のなかで必要な視点ですから。

2017年5月29日 (月)

地域に根づく高知市社会福祉協議会

 2017年5月26日は、高知市社会福祉協議会地域協働課の入木涼子さんと、山本麻由さんと、地域活動について情報交換をしました。私の方からは、「今年は下知地区防災計画の最終年度。高知市防災会議へも提案できる内容に高めたいです。それに向けて仕上げの年です。」と地区防災計画の概要を説明しました。

 入木さんや山本さんからは、高知市社会福祉協議会の活動について外洋の説明をされました。聞いていて、社会の「アンカーマン」のような役割をされておられることが良く理解できました。
 
 地域の人達の「よろず」相談に対応するために、高知市を東西南北4つの地域にわけ、「地域福祉コーディネーター」を配置されています。その担当エリアの広い事。下知地域は「東部エリア」に入りますが、南街、北街、下知、三里、五台山、高須、布師田、大津、け介良ですから。
_new_r


2_new_r

 自分の困りごとを「遠慮なく」相談することで、事態は解決できます。ある意味「支援され上手」になることも必要であるとも言われました。

 また「気配り」上手になり、地域で困っている人を速やかに発見し「ほおっちょけん」となるいうことで、「気配りさん」登録も募集をされておられるとか。
3_new_r

 「ニュース ほおっちょけん」ではしない各地域の活動紹介がありました。「子供食堂」の報告もありました。毎週水曜日に子供食堂に通う子供たちと地域の大人たちが一緒に夕飯をつくる活動をされているとか。

 また種崎地区では「種崎見守り声掛け訓練」を行っています。地域で認知症について学習会をされた後に、声掛け訓練をされている様子がレポートされていました。
4_new_r


5_new_r

 「これからあんしんサポート事業」のチラシもいただきました。

「頼れる親族がいない1人暮らしの方等を対象に、「入院した時」「施設入居した時」「お亡くなった後の事」などのいざというときに備えて、ご本人と高知市社会福祉協議会が契約し思いを実現させるお手伝いをするものです。」りあります。
6_new_r

 利用できる人は「高知市内在住者で、生活保護を受けられていない。単身世帯の人。頼れる親戚が居ない人。預貯金が1000万円以下の人」ということです。

 利用料は年間6000円。「見守りサービス」や「安心サービス」が受けられると言う事です。「預託金」も予め預入するお金。契約者の判断応力低下に備えるようです。

 「成年後見人制度」を活用する仕組みのようです。
 
 社会福祉協議会は、地域のあらゆる相談事を受け止め、真摯に対応されていることがあらためて理解することができました。
7_new_r

 あらためて調べていますと、「社会福祉協議会は、民間の社会福祉活動を推進することを目的とした営利を目的と しない民間組織です。昭和26年(1951年)に制定された社会福祉事業法(現在の「社会 福祉法」)に基づき、設置されています。」とあります。

 NPOなどが言われ出したのは、1995年の阪神大震災の後からでした。先行する地域のまちづくり推進のための組織であることがわかりました。

 高知市社会福祉協議会のみなさんの支援もいただきながら、下知地域の減災活動や、下知地区防災計画=事前復興まちづくり計画などを策定していけないと思いました。

2017年5月28日 (日)

市民農園作業と父のリハビリゴルフ

定例の五台山農園作業

 2017年5月27日は晴天。昼間は暑くなりそうですが、朝の空気は爽やかです。
 三石の五台山農協婦人部の良心市でミニトマトとさやえんどうを買いました。ニラは無料でいただきました。
Dscn0245_r


Dscn0246_r

 今日の作業はひたすら雑草引き。横田政道さん、大崎修二さんが参加しました。
Dscn0250_r


Dscn0251_r


Dscn0253_r


Dscn0254_r

 自宅へ戻ると今度は父(97歳)のゴルフリハビリの付き添いです。

父のリハビリゴルフ
_r

 「農園」から戻りますと父(97歳)が待ち構えていました。早速リハビリゴルフへいきました。往路のラビータの気温は21度。風もあり爽やかなお天気です。
_r_2


_r_3


_r_4

 いつものように自己流の体操をして、OS-1で水分補給して、マイペーズで球を打ちます。最近足元がふらつくと言うので、今日は球があらぬ方向へ飛ぶこともありました。
_r_5


_r_6


_r_7


_r_8

「おおの悔しい!!」とか突然大声で言うので驚きましたが、ようするに上手くいかないので自分を叱責しているのです。
_r_9


_r_10

 「今日は調子が悪い!」と言います。11時過ぎると昼食の準備にかかります。午後から父は介護予防通所リハビリへ行くからです。

2017年5月27日 (土)

サニーマート本部が高台移転へ

_new_r

 高知県と愛媛県で直営25店舗を展開してるサニーマート(年商417億円・中村彰宏社長)は、現在下知地域の北御座にある本部を、旭地区の高台へ移転することを公表しました。

 2017年5月24日の高知新聞夕刊によりますと、

「同社は登記上の本社を高知市知寄町2丁目に置いているが、スーパー運営の中核となる本部は北御座の中央流通センター2階にある。

 事業継続計画(BCP)を進めている同社は、同センター(中央流通センター)が建設から30年以上経過し老朽化していることや、一帯が県想定で1~3㍍の津波浸水が予測されていることから本部機能の移転を検討していた。

 同センター1階にある生鮮加工や物流の拠点は既に南国市久礼田に移すことを決定し、建設に入っている。

 新たな本部の建設先は、高知市が本年度中の完成を目指して整備中の都市計画道路旭町福井線沿い。畑や店舗などがあった場所で約1万7300平方メートルの敷地を確保した。」海抜0メートルほどの高台で、現在造成工事を行っている。」とのこと。

 更に記事に寄りますと、本部は鉄骨2階建て、1階部にテナントを入れ、隣地にサニーマート山手店(仮称)を建設の予定。今年8月に着工、2018年春に本部と店舗は完成予定であるそうです。

  先日も浸水地域の高知市大津にある中沢氏家薬品が、南国市の高台へ移転しました。z流通業でも財力のある企業は高台へ移転しています。財力のない零細企業は、浸水想定地区に取り残され、日々南海地震の恐怖にさいなまれながら仕事をし、生活をしています。

1000nenmaefutabacxhoi

 

2017年5月26日 (金)

災害大国日本には原発は稼働させてはいけない

_new_r


2_new_r

 2017年5月22日付けの高知新聞の記事は、あらためて原子力発電所が災害大国日本で稼働することの危険性を思い起こされました。島村秀紀氏(武蔵野学院大学特任教授)の主張です。

「原発に天変地異のリスク」

「静穏期への過信は危険」
Fukusimagenoatuhigai


Kyodaisizinsingeneria

 島村氏はこう言われています。

「地震も同じだ。6400人以上が亡くなった1995年の阪神大震災までほぼ半世紀の間、250人を超える犠牲者を生んだ地震はひとつもなかった。

 つまり、たまたま地震や火山活動の静穏期が続いていた間に、日本は高度成長を成し遂げ、多くの原発を林立させたのである。

 理由は分かっていないが、この静穏期が一時的なものであることは確かだ。長い目で見ると、今までこそが日本列島にとって異常だったのである。日本史上、あるいは地質学上に分かっているそれ以前の時代を見ても、日本が大地震や大噴火に襲われたことが普通だった。」

「地球物理学者から見ると、日本列島では、大地震も火山の大噴火も「あって当たり前」のことだ。日本はたまたまその状態を未来永劫に続くものだと思い込んで静穏期を享受してきた。この思い込みはあまりに危険である。」

 東日本大震災で壊滅した福島第一原子力発電所の廃炉作業がまだまだ長期にわたつことは明白。危険性を除去できないでいます。にもかかわらず国策で原子力発電所を次々と再稼働させています。実に危険であると私も思います。

 国防上の理由からも、原子力発電の存在は大きなリスクになります。通常兵器で完全に破壊できるからです。戦時でなくても大地震や大噴火で各地の原発は「ただちに」危険な状態になります。

 イデオロギーの左右に関わらず、原発は災害大国日本には不要なものです。直ちに国策で廃炉にすべきです。

2017年5月25日 (木)

無念・仁淀川町長者での田植え体験は26日に延期、

 2017年5月24日(水曜)は、休暇を取り、仁淀川町長者地区での田植え体験事業に参加しました。主催のだんだんクラブさんのご都合で平日の開催となり、主体は長者小学校の児童たちです。

 今回は平日ゆえ4人の参加(荒木三芳さん・大崎修二さん、吉川真由美さんと私)となりました。朝8時に出発しました。お天気はどん曇りで雨も心配でしたが、朝はいの町までは曇天で雨は降っていません。

 もうすぐ仁淀川町へ入るというところで、だんだんクラブの世話役をなさっている藤村吉男さんから午前9時半位に電話がありました。

「すみません。長者は雨が降り出しています。温度も低く、予想ではかなり降るということです。長者小学校側の判断で、田植え体験は、同じ時間帯で26日(金曜)に順延となりました。」ということです。金曜日はまことに残念ですが、父(97歳)の通院日ですので、私は参加出来ないことになりました。
4390_r


4392_r


4393_r


4397_r

 皆気を取り直して、池川にある439交流館で買い物をしました。わたしは仁淀川町名物の「いり餅」と味付けこんにゃくを買いました。他の同伴者は野菜やらお菓子やら、こんにゃくやらいろいろ購入しておりました。

 田植えが中止になりましたので、池川からほど近い(車で10数分くらい)の用居(もちい)地区の、奥さんの実家に里帰りをされている黒岩博さんにお電話し、あつかましくも4人でおしかけました。
Kuroiwatei_r


Kurioiwateiniwa_r

 茶摘みしたお茶を「加工」する場合に使用する機械を見せていただきました。
Tyakosiki_r


Tyakosiki2_r

 お隣にある故三浦良一邸の様子です。
Miuratei_r


 しとしとと雨が降るお天気となりました。黒岩さんは、家屋周りの樹木の剪定をされていましたが、雨で作業をお辞めになっていました。5月の初めに家屋近くの茶畑で茶摘みしたお茶を奥さんがいれてくれました。

 大変美味しくいただきました。用居の集落も近所は2世帯だけとか。かつては小学校も中学校もありましたが、廃校になり、ディサービスなどの介護サービスも池川町のほうから送迎にきているようです。買い物も池川までいけないといけないそうです。
Ikegawatyaen_r

 帰りに池川茶園へ行こうということになりました。そこで抹茶のソフトクルームを食べました。私は仁淀川ラスクを購入しましたが、他の人達は茶畑プランやら新茶を購入されていました。
_r

 雨で中止は残念ですが、自然相手ですので仕方がありません。

仁淀川町は雨が多い所ですね。とくに長者地区は。結構降ったようです。帰り際にいの町の中心街へ道が乾いていました、降ってはいません。高知市へ戻り西の空を見ますと暗がっていました。
_r_2

 夕方は下知コミュニティ・センター運営委員会の総会と懇親会です。帰宅したら背広(今年は4回目)で出掛けます。

2017年5月24日 (水)

下知C・C2017年度総会・懇親会

 2017年5月23日下知コミュニティ・センター運営委員会の総会と懇親会が㎡午後6時より南宝永町の高知プロインスホテルにて開催されました。

 総会ですが、坂本茂雄会長の挨拶がありました。来賓からは高知市民図書館の貞弘館長から挨拶がありました。

 引き続いて総会の議事進行です。総会の議長は副会長であり下知町内会連合会の福谷会長がされました。

 第1号議案の平成28年度事業の実施と2号議案の決算報告が下坂事務局長からされ、承認されました。また第3号議案は平成29年度事業計画、第4号議案は予算案です。こちらも総会にて承認されました。

 第5号議案は役員専任です。このたび図書館部会長の西川亭さんと、地域活動部会長の前田長男さんが今期で退任されました。新たな地域活動長には、国見俊介さん(下知地域内連携協議会会長・下知消防分団副会長)が承認されました。図書館部会長には有識者である松野壽子さんでした。

続いて下知コミュニティ・センターの職員のご紹介がありました。

 これにて総会は無事に終了いたしました。

 引き続きまして隣室の会場にて懇親会が始まります。

 まず坂本茂雄会長の挨拶。来賓あいさつは、高知市役所部局の3人です。

 まずは皆本副会長・次に夏の季節の合間に仁淀川でのイベントは細心の中止をすること。スタッフは皆「想定外」の事態にならされています。連絡がスムーズでした。

 懇親会も総会ももり上がりました。

 楽しいひと時を過ごさせていただきました。アリカとうございます。

あらためて下知地区は海抜0メートルの低地の市街地ですね

Futabatyou03m_r

 2017年5月22日は、自転車で午後からは集金に廻りました。地元の二葉町は海抜が低い。海抜0・3メートルです。大通りで土佐電鉄が走行している国道32号線の知寄町1丁目は海抜0メートル表示です。
Tiyorityou0m_r


 昭和小と毛山病院の間を流れる溝。1946年の昭和南海地震の時は、勢いよく海水が流れ込み、橋の欄干にぶつかって高く水柱が上がったと岸田康彦さん(85歳)に証言していただきました。

Syouwasyoumae_r

 弥生町の住宅街は、江ノ口川の堤防より低い場所に建てられています。改めて地域の低さを思い知りました。
Teiti_r

 弥右衛門地区はこの10年ぐらいで区画整理され、新しい家屋がどんどん建っています。しかもここも低地であり、海抜2メートル以下です。
Yaemon_r


Koinoboiri_r


2017年5月23日 (火)

高知市市民と行政のパートナーシップのまちづくり条例見守り委員

 「高知市市民と行政のパートナーシップのまちづくり条例見守り委員会 第7期第5回検討会」[委員長山崎水紀夫氏)が、2017年5月22日に午後19時から高知市役所たかじょう庁舎でありました。主催は高知市市民協働部地域コミュニティ推進課です。

 前回検討会が3月だったので、予め送付されてきました討議資料を見ましても、思い出せない箇所がありました。
M_r

年度初めの今年の第1回目の委員会です。最初に地域コミュニティ推進課から報告事項がありました。「久重まちづくり計画」の概要説明がありました。また「市民と行政の協働のための自己点検チェックシート]の説明がありました。
_r


_r_2

 毎度思うのは、いままで高知市では「市民と行政とのパートナーシップ」ん段階にいたることは1度としてありません。定義も不明瞭。また「久重まちづくり計画」へ行政も関与しよくできてはいますが、地域外のコミュニティ(たとえば浸水地域の下知地区)などとの地域連携の議論は皆無。所詮は「閉ざされた中」での地域コミュニティ活動になっています。

 前回委員会での意見を事務局(市役所)と3役会(会長・副会長)にて集約し、委員会参加者がどの項目に共感を覚えるのかということで、共感すればシールを張り付ける作業をしました。
_r_3


_r_4

 総括の意見交換が行われました。

「まちづくりファンドを活用した後の追跡調査が必要。自立して地域がより活性化したかどうかの調査も必要です。」

「今までは備品購入は駄目とされてきおましたが、より地域の活動が活発になると思われるための備品購入はありとしたい。」

「フェイスブックやツイッターも活用すべき。市職員や委員会メンバーもアカウントを取得し、まちづくりファンドの事を投稿し、シェアをすることは大事です。」

「メディア戦略も立てたらどうでしょうか?特に高知新聞など。」

 活発な議論が行われ、21時に過ぎに散会しました。

_r_5


_r_6


 今日から「怒涛の地域活動」が会合主体が変りながら始まります。本命の地域防災価値道は来月から始動ですね。

2017年5月22日 (月)

これからせわしくなりますね。

 今週は「総会・懇親会」が3つあります。来月もあります。実質の新年度のスタートです。

 高知市地域防災推進課へ提出していた事業予算の申請もそろそろ認可が出ることでしょう。5月24日は、長者での田植え体験に行く予定です。広域連携の先駆として細々でも継続していきます。

 頭の整理を今月中に行い、6月からはスターとダッシュですね。今年は例年以上にせわしくなりますから。

2017年5月21日 (日)

五台山市民農園へ行きました。


Yokota_r

 2017年5月19日は2週ぶりの五台山市民農園での作業です。午前5時45分過ぎに横田政道さん所へ集合。それから自転車で弘化台の横田さんの倉庫で培養土を2袋自転車に積み込みました。
Souko_r

三石地区の五台山農協婦人部の野菜良心市へいきました。。野菜は露地物で安くて新鮮です。今日はミニトマトとねぎを購入しました、
 Ryousinniti_r

Ryousinniti1_r


_r


 農園では専ら雑草抜きですね。これから先は雑草はいくらでも生えて来ます。真面目にしないといけないです。今日は30分ほど真面目にしました。
2_r


_r_2


_r_3

 畑ではジャガイモなどが育っています。宗円さんにいただいたイタリア(?)かぼちゃを横田さんが植えました。
_r_4

 大崎修二さん、福谷さん、原池さんも合流して作業をしました。共同植え付けの玉ねぎを2玉いただきました。
_r_5


2017年5月20日 (土)

最高の海の散帆


 先週の夜須の海とうって変って、今日は波はなく、風も程よくあり、晴天でした。母(91歳)をデイ・サービスに送り出してからでしたので、ハーバーへ来たのは遅め。結局午前11時からの出艇でした。
18527625_300442777070413_3606337821

 先週から今週にかけてデジカメが壊れ、新しい防水仕様のデジカメにしました。紐を通す穴が小さく間に合いませんでした。海の上では撮影ができませんでした。ハーバーで撮影したガラケー携帯カメラの写真しかありません。

 15時過ぎまで海の上にいました。海の上は涼しく最高でした。片付けをしてゴミ拾いしながらヤッシー・道の駅やすへ行きました。Tさんとは月曜日のNHK総合TVでの「鶴瓶の家族に乾杯」(5月15日放映分)のその後の反響について聞きました。

http://www4.nhk.or.jp/kanpai/x/2017-05-15/21/7652/1847539/

「アイスバー・マナマナに年配のお客さんが増えました。また女性自身5月23日号にも掲載されました。じわじわお客さんが増えると思います。」とか。

 午後7時からYASU海の駅クラブの理事会でした。来週の総会の提出議題の意見交換をしました。全会一致で賛同しました。
18557436_300442917070399_3420155715

 今日は朝から晩まで夜須にいました。新しいデジカメは操作がわからず動画撮影を起動させていたので、電池切れになったようで誌。ガラケー携帯で撮影しました。

浦戸湾三重防護・耐震護岸工事について


 2017年5月18日に、「浦戸湾3重防護」に関する工事担当者に面談を求め、資料をいただき少し話をしました。国側は国土交通省四国整備局・高知港湾空港整備事務所海岸課課。高知県高知土木事務所を訪問しました。突然の訪問にも関わらず真摯に応対いただきました。工事現場の視察や、事業概要説明会の可能性について聞きました。

 やりとりをまとめてみました。

1)国直轄の工事は、始まったばかりです。設計段階のものもあり今すぐ見れる状態にはない。来年あたりなら高知新港周辺(種崎外縁)は見学可能でしょう。

2)県管轄の工事は、高知土木担当の若松町工区の耐震護岸工事が佳境を迎えています。事前に申し込みをいただいたら見学や事業説明会は可能です。

3)堀川の堤防などは、当初計画より約1M程度高さを高くする設計変更を行っている。堤防が地震による地盤沈下や液状に耐えられる護岸であるそうです。

4)三重防護が完成するのは、平成46年(2034年)頃です。完成すれば、L1想定の地震(昭和南海地震程度)による低地市街地の浸水被害は相当低減化されるとのこと。

 南海トラフ地震も「30年以内に70%の確立で起きます。」と言われ出してもう5年ぐらい経過しています。また熊本地震が起き、発生が早くなるのではないかと言う地震の専門家で言う人もいます。となると「20年以内に」と言い直さないといけないと思います。

 南海地震が起きる前にすべての耐震護岸工事が終了していただきたいと思います。

2017年5月19日 (金)

浦戸湾3重防護の高知新聞記事


3_new_r

 2017年5月14日に、高知市総合あんしんセンターにて「高知港海岸直轄保全施設整備事業着工式典」(主催・国土交通省四国整備局)がとりおこなわれました。
 下知地区減災連絡会も式典に招待され、西村副会長が出席しました。

 高知新聞記事によりますと、「三重防護」とは次の事業です。

1)高知新港沖の津波防波堤を延伸

2)仁井田など外面に面した堤防を補強し、浦戸湾口に防波堤を設置

3)湾内の堤防のかさ上げや液状化対策

 ということです。高知新港と仁井田の護岸は国の直轄事業で施工。他の浦戸湾周辺堤防は高知県の施工。総事業費は約600億円で(国350億円・県250億円)であり、すべての護岸工事の完成予定は2031年です。15年かかる大事業です。

 L1想定(昭和の南海地震規模)の「100年位に1度の地震」には、浸水被害の低減化にかなりなる可能性はあるようです。L2規模の地震(1000年に1度の東日本大震災規模)であれば、「浸水面積や浸水深の低減、津波到達時間の遅延させ、避難時間を稼ぐ減災になる」とのことです。

 下知地域全体の地盤はこの事業完成後も海抜0メートルであり、地震が起きると必ず地盤が1メートルは地盤沈下し、最大で2メートル沈下すると言われています。南海地震に対する脅威はこの堤防工事ですべて解消されるわけでもないようです。

2017年5月18日 (木)

下知地区減災連絡会役員会

 2017年5月17日(水)に下知コミュニティ・センターにて、午後6時半より下知地区減災連絡会役員会が開催されました。34人の定数に対し24名が出席(委任状3人)で開催用件を満たしています。また来賓として高知市地域防災推進課の山中係長、中山氏、橋村氏が出席しました。
_r_2

 最初に森宏下知地区減災連絡会会長が「今年も多くの事業があります。大変ですが、みんなの力を合わせて乗り切りましょう。」と挨拶されました。
_r

 役員会の前に山中晶一地域防災推進課係長より「平成29年度政策予算と主要事業概要」の説明がありました。

「下知地区の皆さんに今年特にお願いしたいのは、揺れから命を守ること。です。防災の1丁目1番地です。家具転倒防止と家屋の耐震補強に全力で取り組んでいただきたいです。自分の部屋や家屋から安全に避難できませんと、この下知地域では命を繋ぐことができません。
 
 また「長期浸水対策事業費」をより多く組んでいます。避難者情報伝達・収集システムを長期浸水が予想される地域(下知など)で実証実験を行い、データを集めシステムを構築します。

 また避難所運営事業費や津波防災対策事業費も重点的に配分しています。また「地区防災計画策定推進事業費」を昨年に続き計上しています。下知地域をモデル事業とし、全市的に広めて行く予定です。公助も頑張りますので、共助の下知地区もより頑張ってください。」
 _r_3

 続いて坂本茂雄下知地区減災連絡会事務局長より、2017年総会議案書が提起されました。第1号議案は 2016年度事業報告。第2号議案は決算案及び監査報告です。内閣府の「防災白書」や県の防災関係書籍やホームページなどでも、下知地区防災計画の様子が掲載されています。
_r_4

 満場一致で採択されました。

 また第3号議案として2017年度事業計画案、第4号議案として2017年度事業予算案についてが提起され、意見交換が行われました。こちらも満場一致で採択されました。

 「地区防災計画学会」が来年3月に高知市で開催されます。2月までに3か年議論してきました下知地区防災計画(事前復興計画)をまとめることがタイムスケジュールで決まりました。

 役員会は午後8時半に終了しました。

 下知地区減災連絡会の役員会は無事終了しました。

 

2017年5月17日 (水)

早朝の散歩をしました。

 水曜日の午前6時から五台山小の西隣の三石地区にて五台山農協婦人部の良心市(野菜販売)が行われます。水曜と土曜の早朝開催です。水曜日も五台山愛の故郷農園(市民農園)の作業日ですが、作業日は私は平日は出来ないので、自宅から徒歩で行きました。。
Dscn0027_r

 片道35分です。若松町を抜けるのに12分かかります。私の足で12分かかります。若松町の東端の住民は西にある市役所の指定の津波避難ビルであるマイセル2や下知コミュ二ティ・センターへの徒歩での避難は不可能です。まして高齢者や足腰の障害がある人は無理であることがわかります。
Dscn0019_r


Dscn0020_r

 青柳橋を渡り北吸江、南吸江の住宅街を通過し、三石の良心市へ到着。今日は小さなトマトとさやえんどうを購入しました。私1人でのお買い物。
Dscn0022_r


Dscn0021_r

 すぐに引き返しました。帰路の途中、南吸江で福谷さんと連れ違いました。培養土を自転車の荷台に積まれて農園に向かっておられました。

 今朝は4時半に起床。朝食をとり排便も済ませて、午前5時半に自宅を出て帰宅したのは6時40分でした。往復1時間10分の散歩でした。岡内啓明さんや、芝藤倫朗さんや牛田美香さん、北代誠さんのような「アスリート・ウォーカー」ではありませんが、醜い贅肉を少しでも減らすためにとりあえず週に1度は1時間程度の散歩を始めました。

 季節がら早朝は気持がいいですね。空腹では動けないので、先に朝食を取るので出発より1時間前の起床が必要。そうなると結構大変です。いつまで続けることができるのでしょうか。
 Dscn0016_r

Dscn0017_r


 ご近所の紫陽花が、開花前の状態になっています。梅雨入りは近いということでしょう。

ある通販会社の危機管理伝達システム

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ アスクルニュース 〓号外〓 ◇◆ Safety link24(セーフティリンク24)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  >>> あなたの会社のビジネスが、継続することが大事です。 <<<
  

災害が発生したら、仕事は滞って当然?! でしょうか。

    仕事を継続したり、滞っても早めの再開が見通せることは、
    会社のお客様や関係・関連各社にとって大事なことです。

        ではビジネスを継続するには・・・

          ↓   ↓   ↓   ↓

    従業員の 安 全 が、確認されていることが重要になります。

──────────────────────────────────────

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  緊急通報・安否確認システム
  Safety link24(セーフティリンク24)」
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  気象庁の緊急地震速報と連動した自動配信メールで、一斉に状況が確認できる
  サービスです。

  ▼詳しい内容、2週間無料体験はこちら
http://webmail.askul.co.jp/?5_--_2664957_--_114068_--_1

  ■ポイント
  【1】BCP(事業継続計画)として
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    緊急時に必要なことは、まず状況を正確に把握すること。
    誰が、今、どういう状態にあるのかを迅速に確認できます。
    

  【2】社員とその家族の確認もとれる
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    緊急時に「残るor帰る」の的確な判断ができるため、
    無理に帰宅することで発生する二次被害の予防になります。
     
    東京都帰宅困難者対策条例では
    ・むやみに移動しない、一斉帰宅の抑制
    ・家族との連絡手段を複数確保するなどの事前準備
    が推奨されています。

──────────────────────────────────────

  ■電話に頼らない

    相手のことが心配なとき、声でやりとりできる電話は安心ですよね。
    ただ、災害時には利用できる回線数が圧迫され、音声通話は
    つながりにくいケースがあります。

    メールによる確認なら、一斉に配信ができ、また
    回答があるまで、送信のリトライを繰り返すことが可能です。

    さらにスマートフォンアプリも利用いただけます。
    プッシュ通知なら、メールが難しい環境でも簡単に連絡が取れます。

──────────────────────────────────────

  ■J-anpiとの連携

    J-anpi(J安否)とは、NHKとNTTが運営する
総合安否情報検索サ―ビスです。
    各社の災害用伝言版および報道機関、企業・団体が提供する
    安否情報を対象に、一括で検索し結果をまとめて確認することができます。


  ▼緊急通報・安否確認システム「セーフティリンク24」
http://webmail.askul.co.jp/?5_--_2664957_--_114068_--_2
  ※2 週 間 無 料 体 験 で実際の使い勝手をご確認いただけます。

 システム、といっても導入はカンタン!
 導入から運用開始まで、アスクルとサービス提供元がサポートします。


┏┓────────────────────────────────────
┗■ お問い合わせ
└─────────────────────────────────────

 アスクルお客様サービスデスク
 ──────────────
 フリーダイヤル:0120-345-861
 受付時間:月曜~土曜日 午前8時~午後8時(祝日を除く)

2017年5月16日 (火)

浦戸湾3重防護対策で低地の高知市街地は救われるのだろうか?


Photo_7

 2017年5月14日に、国土交通省四国整備局が主催する「高知港海岸直轄保全施設整備事業着工式典」に下知地区減災連絡会(会長・森宏さん)代理出席していました。尾﨑正直高知県知事の話や、国土交通省の僅かな時間の説明(5分)、簡便なA43ページ程度のパンフレット等は情報の断片にしかありません。国会議員の発言も含め、断片を拾い集めてみます。誰の発言なのかは敢えて記述はしません。
1_new_r_2


2_new_r_2


3_new_r_2


4_new_r_2

「3重防護の第1ラインは、高知新港防波堤を「粘り強い構造への補強を実施します。第2ラインは、三里・種崎・御畳瀬・浦戸地区の堤防を耐震化し、地盤沈下対策と液状化対策をします。第3ラインは、浦戸湾内部の護岸を耐震化し、地盤沈下に対応した嵩上げ、液状化対策を実施する。」(国と交通省の説明。パンフにもあり)

「県人口の45%が集中する高知市。浸水市街地に居住する県民は15万人とされる。L!想定の地震(1946年当時の昭和南海地震程度)では、耐震護岸工事が完成する15年度からは浸水の脅威は劇的に減少する。
 東日本大震災のL2想定(1000年に1度)でも、減災(津波到達時間の遅延化、浸水エリアの面積の縮小)などが期待できる。」

「歴史上記録に残る南海地震は、687年、887年、1099年、1561年、1707年、1854年、1946年と100年から200年位に1回起きる周期的な大地震。」

「完成までに15年かかります。その間に明日を担う子供たちに釜石のように、正しく津波や地震を恐れる教育が必要である。」

「3重防護が完成すれば浸水する地域も排水が容易になり、比較的短時間に排水が可能になる。」

 低地の市街地(下知地区など)が、最大2メートル地盤が沈下した状態で、果たして排水が可能だろうか?地盤沈下した地域も過去の南海地震では数年で沈下した半分は隆起するようです。でもより地盤は下がることは間違いない。

 地震と浸水で破壊された社会基盤(水道・都市ガス・電気)や道路などの復旧をする前に、地盤沈下している地域の復興・復旧をどうするのかが大問題です。

 名取市の閖上や陸前高田や南三陸町のように盛り土をするのか?低地なので最低10年ぐらいは地域へ戻れないでしょうから。震災後の盛り土工事では「地域は滅びます」。誰も住まないし、住めなくなります。

 スーパー堤防構想を下知地域は真面目に検討すべきではないのか。

 過去の民主党政権時代に悪名高い「事業仕分け」で、予算が凍結・削減されたやに聞いています。堤防の高さと同じ地盤を、高さの100倍整備する事業。高さ5メートルの堤防なら500メートルまで地盤を5メートル嵩上げします。

 スーパー堤防とは(ことバンクより)


 耐震護岸堤防(インプラント工法)と浮体式人工地盤とスーパー堤防構想(国土交通省)の組み合わせは可能ではないでしょうか?それと立体換地も
下知地区を始め、低地の高知市の市街化地区では即検討し、今すぐ実施していただきたいと思います。

 立体換地について

下知地域では立体換地が必要であると思う

浮体構造物(浮体式人工地盤)が下知を救う

 耐震護岸堤防の着工は喜ばしいのですが、それだけでは地域の「悩み」や「苦悩」はなくなりません。

 今年度の下知地区防災計画で、より地域の「事前復興まちづくり計画」をb議論し、練り上げていきたいと思います。

2017年5月15日 (月)

高知港海岸直轄保全施設整備事業着工式典に代理出席

 2017年5月14日(日曜日)は午前10時から、高知市あんしんセンター3階で開催されました国土交通省四国整備局主催の「高知港海岸直轄保全施設整備事業着工式典に森宏下知地区減災連絡会会長の代理出席をしました。

 題名も仰々しい。「高知港海岸直轄保全施設整備事業着工式典」。市民感情からすれば、街中の公共施設ではなく、国の直轄事業の耐震護岸の建設現場である高知市仁井田でやるべきであると思います。どうも国のやることはよくわかりませんね。県市の幹部に聞きますと、「2日間使用できる会場がなかったために、ここになった。}ということです。

 普段着用しない背広(今年は4回目)で行きました。5月は総会シーズンなのであと3回ぐらいは着用します。田舎の親父なのでスーツにネクタイで行きます。クールビズと称して背広にノーネクタイ姿と言うのは、体型の悪い親父の姿では「見苦しく」「暑苦しい」だけ。やるなら沖縄のかりうしウエアにしてもらいたい。国のお役人も国会議員もそういう発想は皆無ですね。

 ほとんどの出席者は背広にノーネクタイに、シャツの上ボタンを外した「クールビズ・スタイル」ですが、「暑苦しく」「見苦しい」としか思えませんね。部屋には冷房を入れています。冷房を切り窓を開けるべき。やることなすことがちぐはぐではないか。

 まず田中良正国土交通省副大臣(衆議院議員)「昨日から高知に来ております。今年は大政奉還150年。来年は明治維新150年の年。高知は盛り上がっています。

 一方南海トラフ地震対策。とても大事です。3重防護と浦戸湾外縁部の強化する工事の着工式です。県知事や市長の地元の要望などが活かされました。」
Photo_2

 尾﨑正直高知県知事「3重防護の工事は、県全体としてとても大事な工事です。県人口の45%が集中する高知市。大災害後の県全体の復旧復興のためにも大事な事業です。」

 山本有二農林大臣(衆議院議員)や、中谷元、福井照衆議院議員、高野光二郎参議院議員が挨拶されました。地元代表として岡﨑誠也高知市長が挨拶されました。
Photo_3

 事業概要については国土交通省四国地方整備局・高知港湾・空港整備事務所が説明をしました。簡便なパンフとプロジェクターを使用した5分程度の概要説明でした。完成には15年かかるとか。L1(昭和南海地震程度)なら、浸水は0になるとか。L28東日本大震災規模)でも減災には役立つという説明。完成する15年以内に南海地震は来ないでいただきたいと思います。
Photo_4


1_new_r


2_new_r


3_new_r


4_new_r

 その後、着工式の鍬入れが国土交通省、県知事、高知市長、県選出国会議員らによって行われました。高知市役所踊り子隊が正調よさこい踊りを披露し、着工式典は1時間で終了しました。
Photo_5


Photo_6

 あんしんセンター前の公園で、餅まきも行われました。広く広報されていないし、住民がいない地域なので、「関係者」が拾っておりました。

2017051413270001_2


 デジカメが昨日壊れました。ガラケー携帯で撮影しましたので、写真は多く撮れませんでした。帰りにきたむらで新しいデジカメを買いました。痛い出費です。
2017051413270000

2017年5月14日 (日)

今日は晴天の1日ですね

17051403
 昨日明け方まで雨を降らした低気圧は過ぎ去り朝から晴天。今日も夜須ではヨットレースが開催されますが、最高のコンディションであると思います。

 昨日はうねりが3メートル、風が1メートルという条件。重たく水船である私のヨットは皆についていくことが出来ず完走できませんでした。

 うねりに耐えるために足を踏ん張っていましたので、両足の痛いこと。自宅は階段生活なので辛いです。

 今日は会長の代理で[高知港海岸 直轄海岸保全施設整備事業着工式典」(国土交通省四国整備局主催)に朝10時から参加します。

 1時間程度の式典で、国の官僚や、県選出の国会議員、県知事、高知市長らの挨拶が延々とあってそれでお終いの式典でしょう。

 着工式典であれば現在耐震護岸工事を実際やっている高知市若松町の現場付近でやればいいと地元住民は思いますね。

 1年前の昨年2016年5月28日(土曜)午前10時15分から11時過ぎまで、高知市ちより街テラホールにて「高知港海岸直轄海岸整備事業着手式」(主催国土交通省四国整備局・高知県)が開催されていました。

http://futaba-bousai.cocolog-nifty.com/blog/2016/05/post-e49e.html

 仰々しい式典でしたが、会場は地元のちより街テラスでした。今回は高知市役所の安心センターが会場。どうも国のやることはわかりません。

Photo


 昨日デジカメも故障し撮影できなくなりました。この1週間というもの情報関連機器が紛失したり壊れたりしますね。


「まちづくり私史」を読んで

_new_r


 「まちづくり私史」(大谷英人先生の退職をお祝いする会事務局・2017年・刊)を読みました。他ならぬ大谷英人さんから送付いただきました。建築学がご専門。遠い昔の高知青年会議所時代に、若竹まちづくり研究所所長の立場で交流が少しありました。

 最近では地域防災の立場で高知工科大学教授として少しアドバイスを頂いたこともありました。かすかなご縁でしたが、冊子を送付いただき、読ませていただきました。

大谷さんが学生時代の出来事も書かれていましたので、わたしも長らく仕舞い込んでいた学生時代の想いを総括していました。

 私の個人ブログでは「連合赤軍と新自由主義の総括」というカテゴリーで数年前から書いていますが、なかなか出来るものではありません。自分の意識より現実の社会の変化が早いからです。

私は文系の人間であり専門的に建築や土木、都市計画の学問を勉強したことはありません。ただ社会運動に関わっていましたので、パリ・コンミューンについては、市民各位が「まちづくり」の在り方を議論している最中に、反革命勢力に攻められ壊滅した姿に興味がありました。

 「規律正しい前衛党がなかったから負けたのだ。」というレーニンの党独裁主義的な総括は新旧左翼もしていますが、私には全くなじめません。連合赤軍事件や凄惨な内ゲバは、「偏狭で、他人の意見を聞こうとしない生真面目な人間が陥る落とし穴」のように思えます。

 「都市計画の計画策定段階からの市民参加が必要であるし、権限と責任を持たないと真の市民自治とは言えないのではないか。」とわたしは常に思います。


 そういう意識を底流に持っていて、JC(高知青年会議所)時代の都市再開発セミナーを3年間(1990年から1992年迄)やってきました。その後長いブランクがあって、現在地元下知で地域防災に取り組んでいますが、「まちづくり」の視点がなければ、防災・減災はできないと真底思っています。

 大谷さんご自身も大学時代の」全共闘運動のとん挫や、その後の内田雄造さんとの出会いや関わり、磯村英一さんとの関わりや、各地域での被差別地区環境整備計画策定の中で、独自に市民主体の「まちづくり」を実践なさっておられていました。「まちづくり私史」を読ませていただいて、理解することが出来ました。

 「ワークショップ手法等を取り入れた「まちづくり手法」及び市民参画」(P96)は、全くそのとうりであると思います。

「行政が、住民に対して開催する説明会は、参加者からの質問に行政が堪えると言う一方通行といった会が主になっており、説明会には、参加住民と行政との協働の作業は含まれていません。」

「また、住民同士が集まって「まちづくり」の会議を行う場合でも、通常は住民のなかのリーダー層が会を主導し、予め形式化した会議が多いと言えます。」

「まちワークは、地域住民の会議をこうした形式から開放し、全ての住民が協働作業を通じて、まちづくりに積極的に参加する機会を提供します。
 またワークの核心は、新しい社会的コミュニケーションの世界が開かれたところにあります。市民と行政の間の壁、市民相互の間の壁が、「まちワーク」によってあっけなく乗り越えられます。

 このことが、それぞれの主体の間にあったワダカマリや消極的な姿勢を見事に溶かし去り、自由で創造的な試みを誘い出すことがしばしばです。

 そして、行政にとっても、住民にとっても,両者の円滑なコミュニケーションを可能にすると共に、参加の成果が内容豊かなものとなりうることを実証してきました。」(2「まちワーク」が新しい社会的コミュニケーションの世界を開く」P98)

 1990年から92年まで高知青年会議所で継続した「都市再開発セミナー」の種本の1つは 「都市開発を考える アメリカと日本」(大野輝之・レイコ・ハべ・エバンス・著・岩波新書・1992年刊)です。

 そのなかで「市民参加の梯子段」というアメリカの社会学者の理論を解説していました。

「 そして「市民参加の梯子段」として私がよく引用する「参加の梯子」についての説明も改めて読みました。
Siminsankahisigodan8dankaishin
「住民参加という概念を「参加の梯子」によって明快に定義したシェリー・アーンステインは、この概念の持つ問題点を次のように表現している。

「住民参加」はほうれん草のようなものだ。皆これは自分にとって良いものだと知っており、誰も真っ向から反対はしない。(中略)だが、いったんこれが「持たざる者」を含めた人々への権力の再配分を意味することになると、ありとあらゆる見地から反対が唱えられる。」(P102「真の住民参加」)

「アーンスティンによると、住民の参加とは住民に権力を与えることだという。また権力のともなわない「参加」はなきに等しいともいう。

 住民が住みたいと思い、こうあるべきだと考え都市を創っていくという目標を実行する力が与えられている、ということが真に「住民参加」のある都市づくりだというわけである。このような住民の力(権力)の度合いを大雑把にいって8段階に分類して説明しようとしたのが、アーンステインの「参加の梯子」である。


 最も最上段の住民権力が最強で、住民がコントロールを握ってその目標を果たしえる状態である。反対に、最下段は住民は都市づくりに対する彼らの目標を果たすに必要な権力は何一つ与えられない状態である。

 権力者たちが世論捜査の部として、意味を曲解したまま「住民参加」とか、たとえば、すでに権力者側が決定した事項を黙認する役割しかない形だけの諮問委員会に、住民を任命することである。

 日本の都市を「参加の梯子」ではかれば、そこに位置するのだろうか?」(P194)

 引用が長くなりましたが、地方権力を掌握することこそが、真の住民参加なのです。そうした問題意識はこと高知市や高知県の役人も市民も皆無です。

 大谷さんの言われる「まちワーク」によるまちづくりの事例は高知にありますか?特に高知市の場合はいかがでしょう。今私たちの下知地域では「地区防災計画」を2年前からやっています。テーマは「事前復興計画」です。

 事前復興まちづくり について

 109Pに「事前復興まちづくり」の記述があります。高知卸団地に提案されたたそうですが、実現しそうでしょうか?人工地盤の再開発の計画ともあります。

 私どもも「浮体式人工地盤」を考案しました。地震後すぐに浸水が始まる下知地域では、高密度発泡体を使用した浮体式人工地盤を県と市に対案しましたが、全く検討していたけません。

http://futaba-bousai.cocolog-nifty.com/blog/cat52378328/index.html

 また立体換地による低地に耐震高層住宅を建設する。自分の土地建物とマンションの1室を交換して地域の安全安心な再開発はできないものだろうかとも考えました。こちらも足踏み状態です。

http://futaba-bousai.cocolog-nifty.com/blog/2017/03/post-47ac.html

 国土交通省の「スーパー堤防」構想がまだ生きているのであれば、下知地域で導入は可能でしょうか?検討してみたいと思います。

https://kotobank.jp/word/%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E5%A0%A4%E9%98%B2-170228

 5月14日に国土交通省の四国地方整備局主催の[高知港海岸直轄海岸保全施設整備事業着工式典」があります。地元下知住民の代表として出席予定です。

 耐震堤防つくることは反対しませんが、自分たちの住宅や職場は依然として海抜Omにあります。脅威が低減するわけではありません。

 また現在高知市は「4つのまちづくり」がばらばらに展開されています。

 現在高知市では縦割り的に「4つのまちづくり」が、展開されています。重なるところがあるのに何故一緒になってしないのでしょうか?


1)地域コミュニティ推進課の

  「コミュ二ィティ計画」があります。地域内連携協議会があります。


2)福祉の関係のまちづくり(福祉関係部署と社会福祉協議会)

「私たちが市と一体的に立てた地域福祉活動推進計画の中でうたっている「誰もが安心して暮らせる支えあいのあるまちづくり」があります。


3)コンパクト・シティ計画(都市計画課)

 都市機能の「立地適正化計画」がある。
 高知駅前・旭駅前・朝倉駅前に集約・集積するという考え方で都市計画。

4)下知地区防災計画(事前復興まちづくり計画)地域防災推進課と下知地域  住民との協働。

 それぞれが活動をしていますが、ばらばらです。一緒にやれないものでしょうか。

 地区防災計画という事だけですと「防災」のことだけに特化したように受け取られます。「事前復興まちづくり計画」としたいと私は思っていますが、少数派なので意見が通りません。


 本年度の下知地区防災計画第1回検討会は、6月22日午後6時半から、ちより街テラス3階会議室で開催されます。

 現在わたしは、小さな商いをする傍ら、超高齢の両親(父97歳・母91歳)を家内と2人で在宅介護しています。その合間に自宅まわりの地域防災活動をしているだけです。

 海抜0メートル地帯で毎日寝食し、生活し、働いています。海抜0から2M以下の低地の市街地に高知市では12万人が居住し、働いているのです。

 何をさておき最優先の課題であると思います。行政側は「勝手な計画」を上から押し付ける従来手法だけではなく、住民声や不安をきちんと聞き取り、活用していただきたいです。そのためには行政と市民との信頼関係の構築がなにより必要です。

2017年5月13日 (土)

5月の二葉町資源。不燃物ステーション


P1010031_r


P1010034_r


P1010040_r

 2017年5月12日(金)は、二葉町町内会の資源・不燃物ステーションの開催日です。午前6時前より、班長なので、下知コミュニティ・センター前に集合です。
P1010041_r


P1010052_r


P1010053_r

 次々ともちこまれる瓶類。缶類、新聞。雑誌に段ボール。家電製品や金属類や布団や家具などもあります。当番になっている町民と一緒に汗を流します。
P1010054_r


P1010055_r

 5時半前から荒木三芳二葉町町内会副会長は準備しています。町民同士の月に1度の交流の場でもあります。ステーションを維持するにも労力とエネルギーがいりますから。

2017年5月12日 (金)

連休明けからせわしくなりますね。

  5月の連休明けから、実質の新年度のスタート。総会が3つぐらいあります。

  二葉町防災会も予算措置のエントリーはしましたが、具体的な訓練や講習会の日程調整はこれからです。

 それと下知地区減災連絡会や、下知コミュニティセンター・防災部会や、下知地区防災計画も絡んできます。

 身近な町内会の実務者講習や、下知地域全体の課題解決などが同時並行して行われるからです。

 

2017年5月11日 (木)

坂本茂雄県議の「県政かわら版」

 2月定例県議会の坂本県議の代表質問を中心に、南海地震対策についての質疑が主な掲載内容です。中身の濃い記事でした。

_new_r_3


2_0001_new_r


3_new_r


4_new_r


2017年5月10日 (水)

高知港海岸直轄保全施設整備事業着工式典に出席します

 2014年5月14日(日曜日)の午前h10時から、国土交通省四国胃整備局主催の「高知港海岸直轄保全施設整備事業着工式典」が、高知市総合あんしんセンター3階大ホールにて開催される予定です。

 案内状は工事現場地元の下知地区減災連絡会会長森宏さん宛に来ておりました。森さんが仕事でどうしても出席出来ないため、副会長の私が代理出席することになりました。

 仰々しい式典なので、私も普段着用しない背広で行く予定です。地元県議枠で出席される坂本茂雄さん(下知地区減災連絡会副会長)によれば、席は指定席になっているとか。「式典は1時間ぐらいで、国交省や県知事、国会議員、市長のスピーチで終りでしょうね。」とのことでしょう。

 昨年もちより街テラスで仰々しいイベントをしておりました。

 工事現場の若松町でやればえいと地元民は思いますが、官公庁の考え方はそうではないようです。

_new_r_2


2017年5月 9日 (火)

携帯電話の電話帳を発見


_r

 5月7日に海中に没した私のガラケー携帯電話。その後事務所と倉庫を懸命に捜査しましたが見つかりませんでした。落ち込んでいました。家内が「ひょっとして大事なデータだから3階か4階の部屋にあるんでは。」との一言。

 全く記憶にありませんでしたが、探しますと、なんと3階の書棚ケースの中にありました。大事を取って、自分なりに保存していたのでした。昨年の7月までのデータで1100人の電話帳のうち993人分まで回復することが可能になりました、やれやれです。

 今日は今から父(97歳)の付添で植田医院へ行きます。本来は明日ですが、明日は日帰り出張です。雨ですが気持ちが晴れやかです。ご近所の紫陽花の花が開花しそうです。紫陽花が作始めますと梅雨の到来ですから。季節は確実に動いています。
_r_2

 FBは相変わらず画像が表示されません。こちらの「罰ゲーム」は続いています。投稿された画面を理解できないので、「いいね!」やコメントが出来ない事をご了承ください。

2017年5月 8日 (月)

南国道路沿いの避難場所を見学

 2017年5月3日の午前中に両親をディサービスに送り出してから五台山地区へ出掛けました。五台山農園の南側の地域です。

 県道五台山道路(高知新港へ行く県道)と交差して無料高速道路の南国道路が高知空港近くまで昨年完成しています。盛り土して建設されています。最近五台山道路と万石道路の交差点南側に避難場所がつくられていました。

 最近の事のようです。先日夜須からの帰路で気が付きました。自転車で近くまで行き確認しました。確かにこちらの五台山地区は海抜が低いです。海が近く下田川も現在耐震護岸工事がされています。
_r_4


_r_5

_r_10


 タナスカ石油基地はすぐ近くにありますね。

 郷土の偉人であり「ライオン宰相」と言われた濱口雄幸総理大臣の出身地が五台山地区ですから。

 近くまで行って見ました。斜路と階段がこしらえられていました。非常時に入口のドアを蹴って破れとあります。施設は当然ふだんは鍵がかかっていますので、避難場所の上はどうなっているのかが確認できません。またその入り口付近位は照明がありません。停電時の対策として太陽光電池充電式の避難誘導灯も設置されていません。
_r_6


_r_7


1_r


_r_8

 たぶん高速道路に隣接されていていますので、高いフェンスが張られているはずです。出口はあるんでしょうか?と申しますのも人家のある地域の地盤は低い(たぶん海抜0以下)と思われます。南国道路の海抜表示でも海抜2Mとありました。
M_r

 それより高い標高の大畑山や五台山に高架道路を通って逃げる必要もあります。昔からあり人家は山沿いにあるので駆け上がることが出来ますが、通過車両や農作業中に地震・津波時の高台への避難行動が課題ですね。
 _r_9


2017年5月 7日 (日)

二葉町の町内会加盟マンションに配布しました。


 2017年5月3日は五台山下知愛のふるさと農園(横田政道・農場長)での作業が告知されていました。今朝は何故か自宅の階段の昇降時に足が痛いので欠席させていただだきました。水平移動は可能なのです。

 4月27日の二葉町町内会総会時に、「二葉町防災新聞」と「広報下知減災」を15の班の班長さんにお渡ししました。町内会には町内の6つの賃貸マンションも所有者が町内会に加盟しています。それで5月2日の夕方と3日の早朝にそれぞれのマンション1階の郵便受けに投函しました。
 3_r


_r

 二葉町の世帯数は高知市役所の調査では431世帯です。二葉町町内会への参加世帯は15の班で186世帯、6つの賃貸マンションで79世帯で合計265世帯です。全世帯の61%の町内会組織率です。

http://futaba-bousai.cocolog-nifty.com/blog/2017/05/post-888c.html

(二葉町町内会加盟の世帯数と班分け)

 全勤労者の20%程度しか組織していないと言う労働組合よりは組織率は髙いものの町内の175世帯には、二葉町自主防災会の情報が届いていないということです。その中には、3回津波避難ビルにお願いに行って3回断られた分譲マンション(32世帯)があり、30年ほど前に二葉町から分裂した西二葉町町内会の20世帯があります。

 二葉町町内会には加盟はしていませんが、二葉町町内会と協定を締結、地域の「津波一時退避場所」になっている分譲マンションは53世帯、4カ所の「津波一時退避場所」になっている賃貸マンションに32世帯あります。

 古くても鉄筋や鉄骨の賃貸マンションならともかく、木造の平屋や2階建ての古い賃貸アパートや借家に居住している住民も30世帯ほどいます。高齢者が大半であり「避難困難者」になっています。
 
 賃貸マンションへ投函して思うことは、果たしてこの情報をきちんと呼んでくれるのだろうかと思います。「チラシお断り」と張り紙している」ポストも多いからです。

 それら町内会に参加していない世帯への情報伝達は現状では無理ですね。「事前対策」の困難さを思い知りました。町内会へ加盟していないマンションの住民の皆様は、すべて「自己責任」で災害対策を実施されてください。

 二葉町町内会や二葉町自主防災会も加入を拒絶しているわけではありません。町内会に申し込みをし、町内会会費を支払い(年間2400円)をいただければ、自主防災会の情報も提供できます。
 
 WEBではブログ「二葉町防災新聞」を見ていただければ、二葉町自主防災会の活動履歴をご理解いただけると思います。まずはご自身で動かれてください。

 二葉町防災新聞・ブログ http://futaba-bousai.cocolog-nifty.com/blog/

Mansyon_toukan


2017_new_r


_r_2


2_r


_r_3


2017年5月 6日 (土)

今日はせわしい1日

 朝1番は五台山市民農園での作業。その後に弘化台市場で朝食タイムですが早退しました。父(97歳)の植田医院へ通院があります。

 夕方は家内がMONKEY MAJIKのコンサートへ行くのでお留守番です。
Yokotamae_r

 朝5時50分に横田政道さんところへ行きました。「今は降雨はないが雨の予報が出ていますので、今日の農園での作業は中止します。」とのことでした。

 福谷さんも来られましたが、中止を確認しました。代わりに町内に貼っている「5月3日のプラゴミと5月5日の生ごみは収集しません」の張り紙を剥がして回収することにしました。ゴミ拾いもしました。
Harigami_textusyuu_r


Harigami2_r


Tunagi_r


Gomi_r

 地面にも塀にも掲示板にも「ごみは収集しません」と書いていますのに、不法投棄のゴミが5日には、2袋出ていました。馬鹿は町内にもいますね。倉庫に置いてあります。すぐに回収しました。
Bakadomo_r

 アメリカに「割れ窓の理論」(?)かなんかがあり、窓ガラスが割れているビルがあれば、荒れている印象を人々に与えるのでより窓ガラスが割られ地域は荒廃します。すぐに修繕することで地域は荒れないようになります。不法投棄を見逃せば、「かまんだろう」という心理が働き、収集しないのにゴミステーションはゴミで埋まりますから。

  割れ窓理論  

閖上復興便り43号


43_new_r

 6年前の東日本大震災直後から発刊されている「閖上(ゆりあげ)復興だより」(格井直光・編集長)。このたび43号を送付いただきました。

 記事には名取市追悼式が名取市文化会館にてとりおこなわれたのこと。昨年3月11日の5年の追悼式には参列していました。
432_new_r


433_new_r

 嵩上げ地に住宅が建てられている様子の写真も掲載されていました。来年度は閖上小学校と閖上中学校の合同調査も完成します。地域の復興の様子が紙面からわあkります。

 地域住民各位との情報共有に「閖上復興だより」は大きな役割を果たしていることが良くわかります。
434_new_r


2017年5月 5日 (金)

岡村眞先生の下知地区での講演会

_new_r


 岡村眞(高知大学名誉教授)の講演会が、5月21日(日曜日)に、ちより街テラスにて、午前11時と午後14時から2回開催されます。「近づく南海地震と津波に備える」というテーマです。

 ベスト電器高知本店が主催するようです。

2017年5月 4日 (木)

二葉町防災新聞(紙媒体)と広報下知減災を町内配付中

 今年度の活動計画を記述し、裏面には10年間の二葉町自主防災会の活動履歴を表記した二葉町防災新聞・2017年4月号。広報・下知減災は、2016年度の地区防災計画のまとめを記述しています。「概要版」も見開きページに掲載しています。
20174_new_r


20174_0001_new_r

 二葉町内の15の班は、4月27日の二葉町町内会総会で、班長さんに班の町民各位に配布していただくようにお願いしました。賃貸マンションで家主が町内会費を頂いているところへは、手配りでポストへ投函しています。

 勤務中での配布は難しいので、休日に配布する予定です。
2017416_new_r


20174162_new_r


2016_new_r


2017年5月 3日 (水)

民泊と避難所のシームレス民泊はいいですね。

 宿泊と避難所の「シームレス民泊」という仕組みはいいですね。普段から交流をしていて、いざという時は避難所になる。1番無理がありません。

 徳島新聞が取り上げていました。

http://www.topics.or.jp/…/…/2017/04/2017_14917134751586.html

200_r6sof2ne


2017年5月 2日 (火)

ミサイルから身を守る方法とは?

 高知市地域防災推進課の山中晶一さんからのFBへの投稿。北朝鮮のミサイルから市民各位が身を守る方法についての情報提供です。これもまた「地域防災」の課題の1つです。
1

 先日日本語の達者な各国の特派員の雑談会をテレビでやっていました。韓国は「ばらばらに逃げてもよりのビルに駆け込むとか。日本のようにまとまって1か所に避難したら家族が全滅する可能性がある。」とか。


18033816_1365391476886212_171499311
18157465_1365391510219542_550391925

 防災行政無線で、「ただいま北朝鮮からのミサイルが飛来しました。もよりの頑丈な建物に避難し身を伏せてください。」など放送されることのないことを祈りたい。

Bousaimusen


2017年5月 1日 (月)

二葉町町内会加盟の世帯数と班分け


2017_new_r

 2017年4月時点の高知市二葉町町内会参加の世帯数は186世帯で15の班に分けられています。参加賃貸マンションの世帯数は79世帯で全部で265世帯です。高知市役所の調査での二葉町の世帯数は431世帯です。町内会加盟数は61%ということになります。
2017_new_r_2

 その加盟率が高いか、低いかはわかりません。町内会を通じた情報伝達が60%の町民にしか伝達できていないということです。町内会へ参加していない町民への告知方法はとりあえずはありませんね。

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »