最近のトラックバック

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

災害情報サイト・地震・台風など

行政の防災情報

無料ブログはココログ

市民サイドの防災情報

フォト

« 丸池町・東雲町・小倉町の津波避難場所 | トップページ | ヤッシー・パークの津波避難タワーの全容が現れました »

2017年3月28日 (火)

何とも痛ましい事故

 栃木県那須町のスキー場で起きた雪崩で、死亡した8人は山のベテランの引率教員と生徒7人でした。48人全員が雪崩に巻き込まれ重軽傷であるとのことです。

 何とも痛ましい事故。将来のある高校生がなくなっているだけに言葉はない。疑問なのは、「訓練は過酷な悪天候でもやるべきなのか?」ということです。

 事故が起きたのは3月27日早朝でした。前日の26日や今日28日は比較的穏やかそうな天気図になっています。
Tenkizu3263zi


17032803

 でも26日は南岸低気圧が四国沖から発達しながら東進し、大陸から冷たい高気圧が南下し、寒気が吹き込んで来て東日本は季節外れの大雪になりました。
Tenkizu327

 引率教員や管理者が天気図の傾向をきちんと見ておれば「3月27日は大荒れになる。屋外での訓練は中止。屋内での座学にする。」との判断を早めに決断すべきでした。

 ベテラン引率教員の現場の判断で、27日の登山訓練は中止の判断。それはいいんです。屋外にとどまり別に訓練をしている最中に悲劇は起こりました。

 天候を甘く見た完全な判断ミスでした。「出ない勇気」「引き返す勇気」は必要です。

« 丸池町・東雲町・小倉町の津波避難場所 | トップページ | ヤッシー・パークの津波避難タワーの全容が現れました »

危機管理の意識」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何とも痛ましい事故:

« 丸池町・東雲町・小倉町の津波避難場所 | トップページ | ヤッシー・パークの津波避難タワーの全容が現れました »