最近のトラックバック

カテゴリー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

災害情報サイト・地震・台風など

行政の防災情報

無料ブログはココログ

市民サイドの防災情報

フォト

« 珍しく背広で挨拶回り | トップページ | 岡村眞さんの功績ははかりしれません »

2017年1月 6日 (金)

津波火災をどう防げばいいのか?

  昔から津波に襲われると、多くの確率で津波火災が発生するようです。東日本大震災では津波に襲われた気仙沼で海沿いの石油タンクが地震と津波で破損。大量の油が海へ流出。何かの火で発火し、おおきな火災になりました。

 先日読んだ「3・11大地震私記」(田村剛一・著・山田伝津館・2014年)でも、山田町の大規模火災が詳細に書かれています。津波の被害を逃れた家屋が火災で全焼しました。

 防止する方法としては[感電ブレーカー」などがあります。でも石油施設からの出火や、車が津波で流されて電気系統がショートして発火することは防止できません。
_r_12_2


 高知市中之島の石油施設。石油タンクやタンクローリー車、LPガス充填所など、二葉町・若松町の対岸にあります。とても心配しています。

« 珍しく背広で挨拶回り | トップページ | 岡村眞さんの功績ははかりしれません »

南海地震関係」カテゴリの記事

南海地震情報」カテゴリの記事

復旧・復興対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 津波火災をどう防げばいいのか?:

« 珍しく背広で挨拶回り | トップページ | 岡村眞さんの功績ははかりしれません »