最近のトラックバック

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

災害情報サイト・地震・台風など

行政の防災情報

無料ブログはココログ

市民サイドの防災情報

フォト

« 高台の土地造成は太陽光発電用であるとか | トップページ | 来週から地域防災・地域コミュニティの活動が本格化 »

2016年8月19日 (金)

今1度SOSカードを作成したい

 

Sos_new_r


 3年ほど前に西田政雄さん(防災寺小屋・塾頭)に考案いただきました「SOSカード」。目的は「自己申告制の障害やハンディの提示と表示です。大災害時にハンディを持っている人に持参していただき、避難収容所においては、けが人同様に最優先に「福祉避難所」などに、搬送できるように行政側に、自主防災会が運営する避難所から連絡するようにするためです。

 はがき大の大きさで「赤字に白や黒字で「私は○○に障害があります」(例・わたしは目が見えません。)と、自己申告していただくカードです。裏にその人の「個人情報や服薬情報や医療情報」などを書いているものを持参していただくものです。

 コート紙のような厚紙で、首にかけるネームプレートのように避難時に持参していただきます。
「救護要請カード」「傷病者防災カード」「高齢者防災カード」などの表示も状況によっては必要になってくるかもしれません。

 問題はコストです。以前この様式で印刷業者に見積もりを取りましたが、消費税抜きで11万円(1万枚で)かあkります。それ以外にネームプレートが必要です。

 仮にネームプレートは各人負担としていただいても(1つが100円前後)印刷費用は、単位防災会ではねん出できません。年間10万円程度の予算規模では無理なんです。

 社会福祉協議会あたりが支援いただけないものでしょうか?

« 高台の土地造成は太陽光発電用であるとか | トップページ | 来週から地域防災・地域コミュニティの活動が本格化 »

南海地震情報」カテゴリの記事

高齢者・認知症対策」カテゴリの記事

医療・介護情報の共有化の必要性」カテゴリの記事

災害時の医療支援のありかた」カテゴリの記事

ユニバーサルな防災・減災対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今1度SOSカードを作成したい:

« 高台の土地造成は太陽光発電用であるとか | トップページ | 来週から地域防災・地域コミュニティの活動が本格化 »