最近のトラックバック

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

災害情報サイト・地震・台風など

行政の防災情報

無料ブログはココログ

市民サイドの防災情報

フォト

« 二葉町不燃物・資源ステーション(7月) | トップページ | 参議院選挙の投票に行きました。 »

2016年7月10日 (日)

昭和小6年生・防災学習授業を参観


_new_r

 2016年7月8日は、午後2時からの昭和小6年生の防災授業を参観しました。講師は鍵屋一氏(跡見学園女子大学教授)です。6年生が90人視聴覚室へ集まり、真剣に話を聞いていました。

 印象に残った鍵屋一さんの言葉を記述します。

「君たちが逃げることが、多くの人命を救います。」

「防災津波ハザード・マップがあります。表示の外のエリアでも安心できません。事実釜石市の津波は、エリア外の中学校と小学校へ到達し、当初避難場所に指定されていた介護事業所も危ない状態でした。

 中学生たちは独自の判断でより高い場所へ、率先避難行動。それを㎡似ていた小学生や大人たちも後に続き、その地域の人達の命は救われました。
2_new_r

「釜石の教訓とは。

①想定に囚われない。

②最善を尽くせ

③率先避難者たれ。 ということです。」

「災害後は遠慮せず、助けを求めましょう。受援力(じゅえん力)と言います。

「正常化の偏見(自分にとって都合の悪い情報を無視したり、過小評価してしまう人間のと特性)を打ち破ることです。」

子どもたちの反応は良く、鍵屋さんの質問に、多くの生徒たちが手を上げて発言していました。回答はおおむね正しく、よく勉強しているなと感心しました。」
2_new_r_2

 後で教頭先生に伺いますと、昭和小は4年生から防災教育をはじめ、5年生になるとまち歩きをし、6年生では「減災新聞」を作成しているとか。

 海抜0メートルの島の高知市下知地域。徒歩で通学する生徒たちの「生きのびる方策」を小学校がきちんと教えていることに感銘を受けました。

« 二葉町不燃物・資源ステーション(7月) | トップページ | 参議院選挙の投票に行きました。 »

昭和小学校の防災教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昭和小6年生・防災学習授業を参観:

« 二葉町不燃物・資源ステーション(7月) | トップページ | 参議院選挙の投票に行きました。 »