最近のトラックバック

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

災害情報サイト・地震・台風など

行政の防災情報

無料ブログはココログ

市民サイドの防災情報

フォト

« 7月から濃密日程になりそうです | トップページ | 梅雨明けは近いかも 猛暑の予想が。。。。 »

2016年6月28日 (火)

高齢者の脱水対策・感染症対策は点滴療法が有効。経口補水液も携帯し.装備しましょう。

 点滴の効果が如実に出ました
13521877_1068743273200395_708073122

 最近父(97歳)の血液検査の結果、クレアチリン値が悪化していました。主治医の植田一穂先生から「もっと水を飲むように」と言われていました。しかし「飲め飲め」と言いましても、なかなか喉が渇いている自覚のないのに飲めるものではありません。

 梅雨入りしてから蒸し暑い日が続いています。また暑さに体が慣れていないこともあり、植田一穂先生と相談し、今まで月曜と金曜の点滴でしたが、夏の間(6月から10月頃まで)は当面水曜日も点滴をすることにしました。

 2週間続け、最近血液検査をしますと、「クレアチリン値が良くなりした。点滴の効果が早速出ましたね。」と言われました。

 「よくエコノミー症候群と言われます。あれも脱水症状ですか?」と聞きました。

「血液濃縮ですから、脱水ですよ。緊急時には経口補水液(OS-1)や点滴しないと命にかかわります。水だけでは駄目ですね。」と植田先生は言いました。

 お蔭で97歳の誕生日も無事に迎え、暑さに負けることなく元気です。

http://www.os-1.jp/index.html(OS-1ホームページ)

 また災害時の感染症対策や、高齢者対策でも必要なものですね。

http://www.os-1.jp/disaster/(災害時における経口補水液)

« 7月から濃密日程になりそうです | トップページ | 梅雨明けは近いかも 猛暑の予想が。。。。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

南海地震関係」カテゴリの記事

認知症症候群関連」カテゴリの記事

保存食・保存食材」カテゴリの記事

医療・介護情報の共有化の必要性」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 7月から濃密日程になりそうです | トップページ | 梅雨明けは近いかも 猛暑の予想が。。。。 »