最近のトラックバック

カテゴリー

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

災害情報サイト・地震・台風など

行政の防災情報

無料ブログはココログ

市民サイドの防災情報

フォト

« 高知市議会を傍聴しました。 | トップページ | 名取市の追悼式と格井直光さんにお会いしました。(その3) »

2016年3月17日 (木)

名取市閖上(閖上)地区を訪問しました。(その2)

_r


_r_2

 2016年3月11日。東日本大震災から5年目。仙台空港で昼食後、空港からタクシーにお願いし、空港からほど近い名取市閖上(ゆりあげ)地区の日和山へ行きました。この地域は海と隣接し、平地が広がり高台はありません。高知で言えば、香南市吉川や赤岡のような場所です。

 岩沼市在住の運転手さんでした。幸い自宅は被害は免れたとか。仙台空港から閖上の日和山をめざしました。運転手さんはこう言われました。
_r_3

「地震と津波前は、この地域はびっしりと家が建っていました。日和山も見えませんでした。わたしの個人的な意見ですが、堤防などは早めに工事して出来上がりますが、家は5年経過してもまだ建っていません。早く家を建てるべきであると思いますね。」
_r_4

 確かに昨年6月もこの名取市閖上地区の日和山に来ました。未だに高台盛り土工事がされており、宅地に家屋が建設されておりません。タクシー運転手に待機していただいて、日和山と慰霊碑とプレハブ慰霊館を訪問しました。

_r_20


 日和山から周囲を見渡しますと、個人の住宅は未だに建設されておりません。東方面に水産加工団地が建設されています。閖上地区の核施設である閖上小学校と閖上中学校は解体・移転が決まったようで、解体工事の最中の様でした。
_r_5

 やはり5回忌ということもあり、閖上の日和山は大変な人が訪問されていました。日和山山頂には慰霊碑がいくつも建てられ、献花されていました。日和山から見回すと、東方面に水産加工会社が建設され始めたところが昨年と変化していました。早く家が建つべきであると思います。
_r_6


_r_7


_r_8


_r_9


2_r_2


_r_10

 日和山に隣接して名取市の慰霊碑が建てられています。慰霊塔は9・09メートルで2011年3月11日の名取市付近の津波の高さであるそうです。名取市だけで1000人近くの市民が亡くなられました。献花もさせていただきました。
_r_11


_r_12


_r_13


_r_14

 JSファンデーションが寄贈された太陽光蓄電ソーラー照明が3基建てられていました。
_r_17

 運転手さんに待っていただいて、閖上の震災展示室を見学しました。そこでは震災慰霊の時間に飛ばす紙風船の寄せ書きを市民の皆様がされておられました。
_r_15


_r_16

 タクシーには荷物を預けるために名取駅まで行ってもらいました。名取市では1つの水路の両岸で、津波が来た地域と、来なかった地域がありました。車が名取市中心部に近づくと津波の痕跡はまるでありませんでした。
_r_18


_r_19

 午後2時半からの名取市文化会館での慰霊祭に参列するために駅前からのシャトルバスで会場へ向かいます。

« 高知市議会を傍聴しました。 | トップページ | 名取市の追悼式と格井直光さんにお会いしました。(その3) »

南海地震情報」カテゴリの記事

東日本大震災の罹災地から学ぶ」カテゴリの記事

内閣府地区防災計画」カテゴリの記事

事前復興計画に策定作業」カテゴリの記事

内閣府・地区防災計画フォーラムIN仙台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名取市閖上(閖上)地区を訪問しました。(その2):

« 高知市議会を傍聴しました。 | トップページ | 名取市の追悼式と格井直光さんにお会いしました。(その3) »