最近のトラックバック

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

災害情報サイト・地震・台風など

行政の防災情報

無料ブログはココログ

市民サイドの防災情報

フォト

« 下知地区防災計画=事前復興計画の概要 | トップページ | 市民参加が大前提の地区防災計画 »

2016年3月13日 (日)

高知港・津波三重防護堤防は効果的なのか?

_new_r

 高知県議会と高知市議会に南海地震災害対策調査特別委員会があり、そこでの報告書があります。学識者や国・県。高知市の行政関係者が集まり検討した結果の「産物」の報告書のようです。
2_new_r

 大津波の威力を「少しでも」(効果は不明)低減するために、高知新港外側への堤防、高知新港の堤防と、孕地区より北側の低地の市街地が形成されている護岸堤防を強化すると言う事らしい。
3_new_r

 しかしながら、低地の高知市下知地域は地盤沈下し、浸水が始まります。浸水は防げれないし、生活基盤の破壊は免れません。
4_new_r

「減災=できるだけ浸水面積を提言する。津波到達時刻の遅延を図る」という程度の事に過ぎません。
5_new_r

 L1(100年に1度の地震程度)には護岸は耐えられるようですが、L2想定になりますと、「越流しても倒れない堤防」になるということらしいですね。
6_new_r


7_new_r


8_new_r


9_new_r


10_new_r


« 下知地区防災計画=事前復興計画の概要 | トップページ | 市民参加が大前提の地区防災計画 »

南海地震関係」カテゴリの記事

南海地震情報」カテゴリの記事

高知県危機管理部」カテゴリの記事

津波避難施設について」カテゴリの記事

復旧・復興対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高知港・津波三重防護堤防は効果的なのか?:

« 下知地区防災計画=事前復興計画の概要 | トップページ | 市民参加が大前提の地区防災計画 »