最近のトラックバック

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

災害情報サイト・地震・台風など

行政の防災情報

無料ブログはココログ

市民サイドの防災情報

フォト

« 「津波からの生還」と「救命」を讀んで | トップページ | 津波避難タワーへウォーキング »

2016年2月 2日 (火)

市民が関わる搬送トリアージ

 2016年1月31日に今治市防災士会が主催されました自主防災研究大会。分科会の「市民トリアージと応急手当」についての自分なりのレポートをしていきたいと思います。
 研修当日は講師の川上秀生(愛媛県立今治病院災害対策委員長)に講演と、今治市防災士会の砂田ひとみさんの応急手当と市民トリアージの話を聴講しました。
_r


_r_2

 川上秀生氏は災害医療の専門家。日本の災害医療の歴史や経緯、DMAT8災害急性期に活動できる機動性を持ったトレーニングを受けた医療チーム)での経験もあり、実践的な話をしていただきました。

 大災害時(南海トラフ巨大地震)などが発生しますと、現在の医療体制では、命に係わる重症者の救命・治療が十分に出来ません。川上秀生氏は,大災害直後の医療の状況について率直に述べられています。

1)消防や医療で賄える数10倍の負傷者が発生する。

2)発生した地域全体(県全体)がどこも同じ状況となり、他を助ける余裕はない。

3)広域大災害では外(被災地域外)からの支援は分散し、遅れる。

4)地域だけで対処せざるを得ない時間帯が、大災害発生後24時間以上あります。

5)重症者の治療に有効な時間は、被災後48時間。
  地域の総力(行政・消防・医療・企業・市民)をあげて対処するしかない。

 それで市民(防災士や自主防災会)の出番です。
_r_3


Simintoriaozi

 「市民トリアージ」という言葉はまだ市民権がありません。死亡診断書は医師でないと書けません。良く報道機関が「心肺停止」とか言うていますが、それは医師が死亡診断していない遺体であると思いますね。同じ理屈で治療の優越順序を決めるトリアージは医師しかやってはいけないし、やれないのです。

 でも大災害時は絶対的に医療資源が不足する。市民各位が応急手当てをマスターした上(止血・傷の手当・骨折の固定方法)で、「市民が関わる搬送トリアージ」をして重症者(赤・最優先)と、黄色(搬送や入院)、緑(応急手当で救護所へ行く人)を仕分けすることでしょう。
_r_4


_r_5

 今治市防災士会の皆さんの寸劇でも、「どんな症状」が、赤(最優先搬送・治療)であり、黄色(搬送治療)であり、緑(救護所にて応急手当)に仕分けする事例がとてもわかりやすく演じていました。
_r_6


_r_7

 地震災害で最優先すべきは、家具や家屋の倒壊で、「2時間以上重たいものに挟まれていた。」人です。すぐに処置しませんと死んでしまうからです。治療の前から水分を大量にとり、体の中の毒素を薄めることです。

 意識を失いつつある人も最優先で搬送すべきでしょう。1人1人を市民トリアージするのではなく、集団で一気に「仕分け」をして、赤(最優先搬送)と黄色(搬送・入院必要舎)と緑(救護所で応急手当)が必要な人たちを正確に早く仕分け出来るようになることが、今治市防災士会が提唱する「災害時市民トリアージ」ではないかと思います。
_r_8


_r_9

 応急手当もとても重要です。「止血・傷の手当・骨折の固定方法)は、全員がマスターしなければなりません。医療の専門家の人達に引き渡す前の、手早い正確な市民搬送トリアージができるようになりますと、救命率も向上するはずです。
_r_10


_r_11


_r_12

 

« 「津波からの生還」と「救命」を讀んで | トップページ | 津波避難タワーへウォーキング »

研修会・講習会」カテゴリの記事

南海地震情報」カテゴリの記事

自主防災会の交流事業」カテゴリの記事

医療・介護情報の共有化の必要性」カテゴリの記事

今治市防災士会・連合防災部会との交流」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 市民が関わる搬送トリアージ:

« 「津波からの生還」と「救命」を讀んで | トップページ | 津波避難タワーへウォーキング »