最近のトラックバック

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

災害情報サイト・地震・台風など

行政の防災情報

無料ブログはココログ

市民サイドの防災情報

フォト

« 市民の命と財産を守るために市政は存在する筈 | トップページ | 慢性腎不全の人の歯の治療における注意点 »

2016年2月 8日 (月)

高知市下知地区は浮体構造物で救われます。


 カフェ・ピッコロのオーナーの小谷鐡穂さんは元は橋梁技術者。橋梁建設現場の監督も歴任されておられます。

 高密度発泡体による浮体構造物を小谷鐡穂さんは、4年前に提唱いただきました。3年前の2013年12月6日には下知コミュニティ・センターで講演もいただきました。

http://futaba-bousai.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/post-ce44.html

 しかし悔しいことに未だに「海抜0メートルの島」である高知市下知地域では実現していません。
_


Kaibatu0_r

 今回は「高密度発泡体による浮体構造物での下知地区での救命・救護方法」を実現できるための作戦会議でした。考案者の小谷鐡穂さんを交え、高知から参加した高木妙、大崎修二、吉本豊道、西田政雄、横田政道、西村健一(敬称略)で、小谷鐡穂さん作成のプレゼンテーション用資料を確認しながら意見交換しました。
_r


_r_2


_r_3

 より実現性の高い提案を各人が、それぞれの得意分野や領域で活動していくことを確認しました。詳細な報告は後日行います。
_r_4


_r_5


Float_park_sample2_r


Float_park_sample_r_r


« 市民の命と財産を守るために市政は存在する筈 | トップページ | 慢性腎不全の人の歯の治療における注意点 »

巨大地震・津波対策用高強度発泡樹脂浮力体」カテゴリの記事

高知市政」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高知市下知地区は浮体構造物で救われます。:

« 市民の命と財産を守るために市政は存在する筈 | トップページ | 慢性腎不全の人の歯の治療における注意点 »