最近のトラックバック

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

災害情報サイト・地震・台風など

行政の防災情報

無料ブログはココログ

市民サイドの防災情報

フォト

« 二葉町町内会役員会・二葉町自主防災会役員会・防災リーダー会が開催されました。 | トップページ | 津波避難路の問題点 »

2016年1月13日 (水)

情報統制国家では国民の命と財産は守れない

今日は1945年1月13日に三河地震がありました。死者:2,306人、行方不明者:1,126人、負傷者:3,866人と言う大きな地震でした。しかし当時は太平洋戦争中であり、情報は統制され、多くは廃棄され不明な部分が多いです。
https://ja.wikipedia.org/…/%E4%B8%89%E6%B2%B3%E5%9C%B0%E9%9…

 前年の1944年12月7日の東南海地震も「非常時」を名目に危篤は郡部によって廃棄されていました。国家が統制を強めると被害が大きくなる実例です。安倍内閣が画策している非常事態法など全くの虚妄であり、災害対策には有害無益です。

« 二葉町町内会役員会・二葉町自主防災会役員会・防災リーダー会が開催されました。 | トップページ | 津波避難路の問題点 »

南海地震関係」カテゴリの記事

南海地震情報」カテゴリの記事

国政との関連」カテゴリの記事

情報伝達手段」カテゴリの記事

昭和南海地震」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 情報統制国家では国民の命と財産は守れない:

« 二葉町町内会役員会・二葉町自主防災会役員会・防災リーダー会が開催されました。 | トップページ | 津波避難路の問題点 »