最近のトラックバック

カテゴリー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

災害情報サイト・地震・台風など

行政の防災情報

無料ブログはココログ

市民サイドの防災情報

フォト

« 世界津波の日は11月5日に決定 | トップページ | 集合知と創発性 »

2015年12月19日 (土)

ドローンは防災対策にも活用可能でしょうね

Kokusaisingouhata

 ドローンとは「無人で遠隔操作や自動制御によって飛行できる航空機の総称」だそうです。かつて首相官邸屋上へ「不時着」したり、お祭りの上空撮影をしていて墜落したりと、ネガティブな印象が先行していました。

 しかしモーニング52号の「会長・島耕作」では、ドローンを活用した農業振興策や、過疎地の荷物配達や物流機能の有力な担い手であるやに表現されています。

 防災対策でも活用が期待できますね。高知市下知地域のように、浸水で津波避難ビルに取り残され、籠城を余儀なくされている多数の市民の安否確認などには有力な道具でしょう。ビル同士の連絡にも使用できそうです。
 
  FBの上でも何人かの練達者の皆さんが上空からの撮影をされ動画を投稿されています。その効力は理解できます。
  
 津波避難施設に、国際信号旗を掲揚すれば、「避難所に避難民がいます。」とただちにわかるからです。ドローンを活用した避難訓練の必要性もあります。
_new_r


_new_r_2


3_new_r


4_new_r


« 世界津波の日は11月5日に決定 | トップページ | 集合知と創発性 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

情報伝達手段」カテゴリの記事

市民目線での減災対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドローンは防災対策にも活用可能でしょうね:

« 世界津波の日は11月5日に決定 | トップページ | 集合知と創発性 »