最近のトラックバック

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

災害情報サイト・地震・台風など

行政の防災情報

無料ブログはココログ

市民サイドの防災情報

フォト

« 単線型防災・復興対策から多様な視点をもつべし | トップページ | ルネサス高知が閉鎖される衝撃 »

2015年12月 2日 (水)

高知市下知地区南部は低地の島ではないか


 あらためて、今更の話題ではあります。高知市二葉町などの、下知(しもじ)地域の南部地区は、「低地の島」であります。
_r_2

 地図で確認しますと北は江ノ口川、東は久万川(浦戸湾)、南は堀川、西は新堀川に囲まれています。地域には高台(自然地形の山や丘)は皆無。全域が海抜0メートル地帯です。地域内で1番標高が高いのは河川の堤防です。市街地の住宅街は堤防から1Mから2M下に形成されています。
_r_3

 この地域の収容避難所は、国道32号線の電車道から北は昭和小学校。南は下知コミュニティ・センターの2か所しかありません。浸水と津波から一時的に避難する市指定の「津波避難ビル」は依然少なく、地域防災会指定の「地区避難ビル」が海に近い二葉町と若松町でこしらえられています。でもまだまだ数は足りません。
Shihinanbiru__new_r


Tikuhinanbiru__new_r

 と言いますのはこの地域は事業所が多く存在しています。また国道56号線と国道32号線が交差し、大津バイパスと、県道宝永ー種崎線など自動車通行量の多い道路が縦横に地域で形成されているからです。
Kaibatu0_r


1000nenmaefutabacxhoi


Godaisannsantyou

 低地の島の中で、自分たちなりに懸命に減災活動をしてきました。しかし事態は全くと言うほど改善されてはいません。地盤が5M隆起したわけではないからです。

« 単線型防災・復興対策から多様な視点をもつべし | トップページ | ルネサス高知が閉鎖される衝撃 »

南海地震情報」カテゴリの記事

二葉町町内会」カテゴリの記事

下知減災連絡会」カテゴリの記事

下知コミュニティ・センター防災部会」カテゴリの記事

高知市政」カテゴリの記事

高知県政」カテゴリの記事

下知地域内連係協議会」カテゴリの記事

ユニバーサルな防災・減災対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高知市下知地区南部は低地の島ではないか:

« 単線型防災・復興対策から多様な視点をもつべし | トップページ | ルネサス高知が閉鎖される衝撃 »