最近のトラックバック

カテゴリー

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

災害情報サイト・地震・台風など

行政の防災情報

無料ブログはココログ

市民サイドの防災情報

フォト

« 無意味な津波シェルター事業 | トップページ | 平時も有事も「ご近所力」が最重要です。 »

2015年9月11日 (金)

栃木県と茨城県の大洪水には驚きました

TVと動画の同時中継。栃木県と茨城県の水害は尋常ではない。

40年前の昭和50年。前日からの1000ミリの大雨で浸水したいの町。大洪水でしたが、内水面の洪水に過ぎませんでした。
K1_r

 今回のように大きな河川の堤防が決壊する事態は、洪水慣れしている私でも経験がありません。伊勢湾台風以来の被害ではないでしょうか。
K2_r


K3_r


K4_r


K5_r

 被災者の皆様は慌てず救助を待っていただきたいです。幸い日中なので、救助は迅速でした。

 やはり国際信号旗はこういう場合は必要ですね。
Kokusinsingouki5


 V旗は「救助を求む」です。

自衛隊がヘリで懸命の救助活動をしていただいています。「戦争法案」が採択されたら、自衛隊は米軍の戦争に参加し、被災地支援は手薄になるでしょう。

 今回は大雨災害でしたが、日本は災害大国。噴火もあれば、地震や津波もあります。

 前例があります。10年前アメリカ・ニューオーリンズ市に、ハリケーン・カトリーナが直撃しました。大洪水が起きました。救助支援に来るべき諏兵は、ブッシュ政権によりイラク戦争へ派兵されていました。多数の市民が溺死しました。

 戦争法案で自衛隊の災害救助支援活動は手薄になるのは間違いないでしょうから。

« 無意味な津波シェルター事業 | トップページ | 平時も有事も「ご近所力」が最重要です。 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

台風対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 栃木県と茨城県の大洪水には驚きました:

« 無意味な津波シェルター事業 | トップページ | 平時も有事も「ご近所力」が最重要です。 »