最近のトラックバック

カテゴリー

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

災害情報サイト・地震・台風など

行政の防災情報

無料ブログはココログ

市民サイドの防災情報

フォト

« 事前対策の継続はとても難しい。 | トップページ | 高知蛍プロジェクトの進捗状況 »

2015年9月 1日 (火)

関東大震災から92年目です


Desolation_of_nihonbashi_and_kanda_

 1923年9月1日に関東大震災は発生しました。神奈川県相模湾北西沖80km(北緯35.1度、東経139.5度)を震源として発生したマグニチュード7.9の大正関東地震による地震災害である。
神奈川県・東京府を中心に千葉県・茨城県から静岡県東部までの内陸と沿岸に広い範囲に甚大な被害をもたらし、日本災害史上最大級の被害を与えました。
Kantoudaisinsaihihukusyou

 190万人が被災、10万5千人余が死亡あるいは行方不明になったとされる(犠牲者のほとんどは東京府と神奈川県が占めています)

 建物被害においては全壊が10万9千余棟、全焼が21万2000余棟である。東京の火災被害が中心に報じられているが、被害の中心は震源断層のある神奈川県内で、振動による建物の倒壊のほか、液状化による地盤沈下、崖崩れ、沿岸部では津波による被害が発生しました。


Kannai

東京の倒壊した風景の写真や大火災の写真などは見たことがありますが、実は1番被害が大きかったのは神奈川県です。鎌倉の鶴岡八幡宮の本殿も倒壊し、横浜市市街地は瓦礫になりました。瓦礫を埋め立ててこしらえたのが山下公園であると言われています。
Kantoudaisinsaikamakura

 多くの観光客でにぎわう湘南海岸沿いも大津波に襲われ、大きな被害がでていました。古くから神奈川県の沿岸部の住宅は瓦屋ではなくトタン屋根でした。それは関東大震災の影響があったと、地元の塗装屋さんは言っていましたから。

 過去の震災を詳細に研究し、事前対策を立てることが何より重要です。
Kasetu

当時靖国神社の境内に仮設住宅も建設されていました。

« 事前対策の継続はとても難しい。 | トップページ | 高知蛍プロジェクトの進捗状況 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

南海地震関係」カテゴリの記事

復旧・復興対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 関東大震災から92年目です:

« 事前対策の継続はとても難しい。 | トップページ | 高知蛍プロジェクトの進捗状況 »