最近のトラックバック

カテゴリー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

災害情報サイト・地震・台風など

行政の防災情報

無料ブログはココログ

市民サイドの防災情報

フォト

« 若松町耐震護岸工事 工法編 | トップページ | 東北被災地に学ぶ交流の旅(その1)1日目 »

2015年7月23日 (木)

すべては事前対策です。

  2015年6月20日から23日に参加した「東北被災地交流ツアー」から、今日で1月経過しました。ようやく頭の中の整理が半分ぐらいつきました。少しづつツアーの報告とまとめをWEB上に出して行こうと思います。

Isinomoririmangakan


 とりわけ今年は阪神大震災から20年目。訪れた神戸市長田区鷹取東地区を訪問し、地域の人達とも交流しました。

 http://futaba-bousai.cocolog-nifty.com/blog/cat60291529/index.html

 やはりz「事前の対策がすべて」であると思いました。

 地震が現在のところ、いつ起きるのか予知ができません。台風のように進路が予想できれば対策は容易にできます。地震がそれが出来ません。「来る祖」「来るぞ」と騒ぎだてれば、オオカミ少年のように思われてしまいます。

 
1)自分の家から安全に避難することの重要性 家具転倒防止対策。家屋の耐震補強対策は事前に出来ます。

2)浸水地区に家屋や社屋がある場合は、浸水しない地区に拠点をかまえること。
  個人的にも地域としても事前に出来るはずです。

  その象徴が「仁淀川町と二葉町の交流事業」です。

Ityou_new_r


3)地震保険や家財保険や車両保険などの活用も必要でしょう。

4)すぐに事業が再開できるように、金融機関との日頃からの話し合いも必要です。


5)商業者であれば、もしもの時には「代行納品契約」をする企業の確保が必要です。

6)資産形成をして、津波の恐れのない地域への移転をすべきでしょう。

 事前対策をしておけば、リスクはかなり低減はされます。

« 若松町耐震護岸工事 工法編 | トップページ | 東北被災地に学ぶ交流の旅(その1)1日目 »

事前復興計画に策定作業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: すべては事前対策です。:

« 若松町耐震護岸工事 工法編 | トップページ | 東北被災地に学ぶ交流の旅(その1)1日目 »