最近のトラックバック

カテゴリー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

災害情報サイト・地震・台風など

行政の防災情報

無料ブログはココログ

市民サイドの防災情報

フォト

« 今治市防災士会との下知減災との合同訓練事前打ち合わせ | トップページ | 何故復興・復旧が遅いのか? »

2015年6月27日 (土)

10年前の内閣府の調査

 丁度10年前の2005年(平成17年)に内閣府が高知市下知地域を調査していました。ほとんど当時の記録はありませんが、かろうじて探し出しました。

http://futaba-t.cocolog-nifty.com/blog/files/tunamihinan-biru.pdf

 PDFファイルしか痕跡はありません。

 2005年は、未だに二葉町自主防災会は設立されていません。当時は阪神大震災から10年目でした。前年に新潟中越地震がありました。内陸型の直下型地震が日本国内で起こり、2004年にスマトラ沖地震がインドネシアで起きました。

 スマトラ沖地震は巨大地震で大津波が沿岸地区を襲い、知人のご家族も亡くなりました。しかし当時今ほど南海地震については意識はしていませんでした。

 今年内閣府の地区防災計画モデル事業に高知市下知地域もエントリーし、採択されました。これから策定していく作業があります。

 内閣府地区防災計画  http://chikubousai.go.jp/

10年前の内閣府の「津波避難ビル等に係るガイドライン検討会」に資料を掲載します。

_new_r


1_new_r


2_new_r


3_new_r


4_new_r


5_new_r


6_new_r


« 今治市防災士会との下知減災との合同訓練事前打ち合わせ | トップページ | 何故復興・復旧が遅いのか? »

南海地震情報」カテゴリの記事

国政との関連」カテゴリの記事

内閣府地区防災計画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10年前の内閣府の調査:

« 今治市防災士会との下知減災との合同訓練事前打ち合わせ | トップページ | 何故復興・復旧が遅いのか? »