最近のトラックバック

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

災害情報サイト・地震・台風など

行政の防災情報

無料ブログはココログ

市民サイドの防災情報

フォト

« 遅かったか内閣府地区防災計画のエントリー | トップページ | 内閣府の地区防災計画へエントリーされました。 »

2015年5月14日 (木)

大災害時派遣の「病院船」を運営すべき

 高知市は想定されている南海トラフ巨大地震が起きますと、地盤が2M程度沈下し、1000年前の高知のように高知市市街地の大半は水没し、海になることでしょう。簡単には排水して、ドライエリアにはなりません。
 昭和21年(1946年)の昭和南海地震時も3か月間下知地域は浸水し、避難した昭和小学校から脱出できなかったと体験されたKさんは言われました。
1000nenmaefutabacxhoi


Godaisannsantyou


 高知市の低地の市街地に住み、働いている市民15万人が、最寄りの津波避難ビルに避難はしたものの、長期間の籠城は不可能です。もともと津波避難ビルや津波一時避難(退避)場所は、長期間の避難生活は出来ません。体調を崩す人や、持病のある人や高齢者には、避難生活は過酷です。

 そこで「病院船」というものを国が2隻建造し、1隻は国内用、もう1隻は海外派遣用として、1万トンクラスの船舶を「災害支援船」として建造し、運営すべきであると思います。
Photo_2


Photo_4


 自衛隊を軍隊として海外へ派兵するのではなく、「人を助ける組織」を医療や福祉や民生部門と協力してこしらえて、国際救援活動をすべきでしょう。それこそが「災害大国・日本」の国際支援活動ですから。

« 遅かったか内閣府地区防災計画のエントリー | トップページ | 内閣府の地区防災計画へエントリーされました。 »

南海地震情報」カテゴリの記事

耐震護岸工事」カテゴリの記事

災害時の医療支援のありかた」カテゴリの記事

災害時国際貢献・支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大災害時派遣の「病院船」を運営すべき:

« 遅かったか内閣府地区防災計画のエントリー | トップページ | 内閣府の地区防災計画へエントリーされました。 »