最近のトラックバック

カテゴリー

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

災害情報サイト・地震・台風など

行政の防災情報

無料ブログはココログ

市民サイドの防災情報

フォト

« 南国市と香南市の津波避難タワーに想う事 | トップページ | 巨大津波にどう備えるのか »

2015年5月26日 (火)

国道上の海抜表示を考える


Asahi10m_r

 国道33号ー32号線の高知市の市街地の電車通りや、二葉町に隣接する国道56号線。約1キロごとに国土交通省の標識ポールの柱の部位に、海抜表示がされています。
Houei0m5m_r


Futaba0m5mhyouzi_r

 5メートル表示は二葉町や宝永町では見上げる高さ。それはこの地域が海抜0メートルであるからです。はりまや橋付近で海抜2Mですから、少し低くなり、旭地区へいきますと地面と同じ高さになります。旭は海抜5Mあります。

 土佐湾に面する沿岸部の地域では海抜10メートル表示がされていても、もし南海トラフ巨大地震で大津波が来ればオーバーフローするだろうと言われています。
Kaibatu2m_r

 市街地は何故か「5M」表示が目立ちます。未だに表示した国土交通省の意図が良くわかりません。

« 南国市と香南市の津波避難タワーに想う事 | トップページ | 巨大津波にどう備えるのか »

南海地震関係」カテゴリの記事

南海地震情報」カテゴリの記事

国政との関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国道上の海抜表示を考える:

« 南国市と香南市の津波避難タワーに想う事 | トップページ | 巨大津波にどう備えるのか »