最近のトラックバック

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

災害情報サイト・地震・台風など

行政の防災情報

無料ブログはココログ

市民サイドの防災情報

フォト

« ちより街テラスの施設見学会へ参加しました。 | トップページ | 高知での蛍プロジェクトが始動しました。 »

2015年4月17日 (金)

机上論の防災対策より現地の住民の声を聞いてほしい。

Siminsanka5ehashigodan_4


 防災・減災の分野こそ、「市民参加・住民参加」が、防災計画の立案段階から保証されなければなりません。しかし現実は「地元の事現地の事を知らない専門家と称する県外在住の学識経験者が座長になり、国の出先機関と、県庁と市役所が事務局になり、出席者の大半も国・県・市の管理職ばかり。この種の会議は意味があるのでしょうか?

 現実のことや、地域住民への配慮はなにもありません。

 上意下達式の「防災計画」が、現実には何の役にも立たないと思いますね。この国には「市民参加」の伝統があまりに乏しいと思います。Toyotazisintaisaku_new_r


 行政の「ぬるくて」「市民不在」の災害対策と比べ、世界企業の対応ははるかにシビアです。

« ちより街テラスの施設見学会へ参加しました。 | トップページ | 高知での蛍プロジェクトが始動しました。 »

南海地震情報」カテゴリの記事

津波避難ビル」カテゴリの記事

下知減災連絡会」カテゴリの記事

高知市政」カテゴリの記事

高知県政」カテゴリの記事

神戸市長田区鷹取東地区との交流」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 机上論の防災対策より現地の住民の声を聞いてほしい。:

« ちより街テラスの施設見学会へ参加しました。 | トップページ | 高知での蛍プロジェクトが始動しました。 »