最近のトラックバック

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

災害情報サイト・地震・台風など

行政の防災情報

無料ブログはココログ

市民サイドの防災情報

フォト

« 「耐震被覆による活動期に地震防災」を読んで | トップページ | 下知減災連絡会と地域担当職員とのワークショップ »

2015年2月18日 (水)

今後30年以内の強い地震が起きる確率の地図

11000718_918332714866079_1843680335

強い揺れの予想。高知と水戸が70%、横浜が78%とか。首都圏地震と南海トラフ巨大地震は確率が高いということですね。札幌あたりは安心地帯ですね。

北海道は泊原発がなくなれば日本で1番安全な地域になりますね。

やはり日本は世界1の地震国ですね。上の地図と下の地震予想分布図を重ねて見ると良くわかります。地震の確率が低いからと言って地震がないわけではありません。日本はどこにいても災害の危険があるところですから。

Kyodaisizinsingeneria_2


« 「耐震被覆による活動期に地震防災」を読んで | トップページ | 下知減災連絡会と地域担当職員とのワークショップ »

南海地震関係」カテゴリの記事

南海地震情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今後30年以内の強い地震が起きる確率の地図:

« 「耐震被覆による活動期に地震防災」を読んで | トップページ | 下知減災連絡会と地域担当職員とのワークショップ »