最近のトラックバック

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

災害情報サイト・地震・台風など

行政の防災情報

無料ブログはココログ

市民サイドの防災情報

フォト

« 防災避難所での保存食の開発は最重要です | トップページ | 明日11月25日は南金田町自主防災会の防災訓練です。 »

2014年11月13日 (木)

二葉町の土地は売買されるのか?


_new_r

 二葉町と若松町の境界にある10坪の土地を買わないかと、ある不動産屋が駈け込んできました。所有者が「急いで売る必要がありますので」と言う事らしい。
Futabatyousuimon

(すぐ裏は海です。3年後に耐震堤防になると言われています。)

 一坪15万円で10坪で150万円。ひところから言えば随分安くなりましたね。それでも売却できればいいんですが。バブル期には坪80万円とか言われていました。さてどうでしょうか?
Shimozissinsui1946

 1000年前の二葉町は海の底でした。
1000nenmaefutabacxhoi


 県道(通称海岸通り)は、戦前からあり堤防道路でした。1946年の昭和南海地震でも水没していません。水没しているのは、私が今住んでいる二葉町地域です。
Simoziima


« 防災避難所での保存食の開発は最重要です | トップページ | 明日11月25日は南金田町自主防災会の防災訓練です。 »

南海地震関係」カテゴリの記事

南海地震情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二葉町の土地は売買されるのか?:

« 防災避難所での保存食の開発は最重要です | トップページ | 明日11月25日は南金田町自主防災会の防災訓練です。 »