最近のトラックバック

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

災害情報サイト・地震・台風など

行政の防災情報

無料ブログはココログ

市民サイドの防災情報

フォト

« 長期浸水対策における避難所のありかたの意見交換会 | トップページ | 近森リハビリ病院の基礎は物凄いですね »

2014年10月18日 (土)

防災サバイバル・キャンプIN丸山台


Bousaiscanp
 春には丸山台にて大宴会が、板垣退助ゆかりの地という事で行われたようです。今回は10月18日・19日の予定で「防災サバイバル・キャンプ」が開催されています。ライフラインのない孤立状態を体験する行事です。主催は防災サバイバルキャンプ実行委員会(西田政雄氏)です。
Nisiyaboat_r


Nakaoka_r

 僅かな時間しか滞在できませんでしたが、丸山台に西田政雄さんのゴムボートで送迎していただき、上陸しました。1993年の高知青年会議所時代に浦戸湾花火大会を開催し、丸山台に花火の発射台を見学して以来。21年ぶりに来ました。
Zenkei_r

 確かに船でないと上陸出来ません。明治の半ばに西洋歴訪帰りの自由党の頭目板垣退助が高知へ戻った際、県民は小舟を出して歓迎。当時丸山台にあったという料亭で大宴会が開催されたとか。
Itagakitaisukekinenhi_r

 前日までに西田政雄さんが段取りし、テントや仮設トイレ、仮設のコンロなども搬入されていました。このまま宿泊者はサバイバル・体験をするようです。
Syiozaiyokota_r


Takidasiyou1_r


Toire1_r


Toire2_r


 孤立無援の状態で、各人がどう生きのびるのか。飲料水は浄化できるのか。自分たちの所有している防災グッズは役に立つのか。それが確かめられます。
Bousaitatami1_r


Tento1_r


Tento2_r

 なかなか考えられた設営をされていました。体験された人たちの感想を聞きたいと思います。たぶん体験されたひとはロビンソン・クルーソーになった気分でしょう。子供時代の「探検」するような気分であると思います。今日は最高のお天気ですし。

 これだけ街中に近いのに、船でないといけない丸山台。体験された人たちは、防災避難所運営の人材となることでしょう。

« 長期浸水対策における避難所のありかたの意見交換会 | トップページ | 近森リハビリ病院の基礎は物凄いですね »

防災炊き出し訓練」カテゴリの記事

南海地震情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 防災サバイバル・キャンプIN丸山台:

« 長期浸水対策における避難所のありかたの意見交換会 | トップページ | 近森リハビリ病院の基礎は物凄いですね »