最近のトラックバック

カテゴリー

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

災害情報サイト・地震・台風など

行政の防災情報

無料ブログはココログ

市民サイドの防災情報

フォト

« 二葉町自主防災会・リーダー会が開催されました。 | トップページ | 自助力を高める防災連続セミナー »

2014年8月25日 (月)

大規模災害からどう自分の身を守ればいいのか?

 8月は連続災害の月になりました。上旬は高知県は大雨と台風上陸による被害。道路の崩落や農産物への被害、家屋の浸水が相次ぎました。後半は広島市での大規模土砂災害。大雨による大量の土砂が住宅地を襲い多くの人たちが亡くなりました。

 高知の場合は幸い人的被害は少ない状態でした。大雨が昼間の時間帯であり、防災行政も機能し、避難指示や避難勧告が報道機関や携帯のエリアメールなどで伝達されたこともあります。避難所開設などが適切に行われていました。
140820hiroshima

 広島市の今回の大災害は大雨が真夜中の3時頃集中し、行政側が避難勧告を出したときは既に大規模土砂災害が起きた後でした。完全に防災行政が後手を踏みました。当日の夕方の雨の降りようでは、深夜の豪雨は予見できなかったと思います。

 となると住民各位が居住する地域特性を普段から把握し、「もしも」の時の対策を各人が立て、ご近所との連携を強めて声掛けを掛け合い、安全な場所を確保し、避難するしかありません。

 広島でもマンションの1階の住民が声を掛け合い、階上にいる住民と協力し、「垂直避難」して全員が助かった事例も報告されていました。
Ometoru

 わが地域、海に近い海抜0メートル地帯の二葉町。予見できない大地震や津波は必ず起きる可能性はあります。現状で自主防災会として打てる手は打ちました。2007年当時11か所であった「津波一時避難(退避)場所ですが、今年2か所増え、なかった津波避難ビルも2か所出来、15か所に増えました。収容避難場所も出来ました。
Fbousaimap2

(作成中の2014年版の二葉町防災マップの原稿です。)

 携帯トランシーバーを二葉町各班の防災リーダーに配布し、説明会を8月22日にしました。ご近所で声を掛け合いながら近くの津波一時避難(退避)場所の上層部に避難し、町内災害本部となる下知コミュニティ・センターに詰めている防災会幹部との安否確認の情報伝達訓練をします。
Frkai2_r

 最初はもたもたしますが、どこまで熟度を高めることが出来るのか。課題は多いです。

 わが街では近い将来大規模災害が起きる可能性があります。その時に慌てず、安全な場所に地域住民が即座退避することが出来るかどうか。

 8月27日から、下知コミュニティ・センターにて「防災連続セミナー・自助力を高めよう」(講師 西田政雄さん(防災寺小屋塾頭)を4回の予定で開催いたします。

 やはり適切な情報を集め、地域の特性を把握し、いざ災害時は「率先避難」をしなければならない。
_r


« 二葉町自主防災会・リーダー会が開催されました。 | トップページ | 自助力を高める防災連続セミナー »

研修会・講習会」カテゴリの記事

下知減災連絡会」カテゴリの記事

下知コミュニティ・センター防災部会」カテゴリの記事

津波避難施設について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大規模災害からどう自分の身を守ればいいのか?:

« 二葉町自主防災会・リーダー会が開催されました。 | トップページ | 自助力を高める防災連続セミナー »