最近のトラックバック

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

災害情報サイト・地震・台風など

行政の防災情報

無料ブログはココログ

市民サイドの防災情報

フォト

« 若松町自主防災会起震車体験 | トップページ | 美波町自主防災連合会の皆さんとの意見交換会 »

2014年7月28日 (月)

とても残念な話がありました


 先日ある不動産会社から連絡がありました。

「二葉町自主防災会から申し入れのありました「津波一時避難(退避)場所」についてですが、今回は所有者さんの事情があり、ご協力できないとの連絡がありました。」とのこと

 所有者の皆様にも事情があることでしょうから、仕方がありません。お断りされたのは、分譲マンション1軒と、賃貸マンション1軒です。今時点でお返事のない賃貸マンションも無理そうですから、合計3軒にお断りされました。

 でも2007年に10件の「津波一時避難(退避)場所」を確保してい他二葉町自主防災会。それと別に土佐国道事務所に交渉し、鏡川大橋歩道部を「災害時要援護者一時退避場所」としています。

 2013年4月に二葉町内に開所した下知コミュニティ・センターは津波避難ビルであると同時に、収容避難場所になっています。今回のワーキングによりまして、「津波一時避難(退避)場所」が1軒増えました。更に市役所指定の「津波避難ビル」も1軒増えました。

 津波一時避難(退避)場所」が11か所、「津波避難ビル」が2か所。「災害時要援護者一時退避場所」が1か所となりました。従来なかった公共の「収容避難所」も出来ました。

 南海トラフ巨大地震に対して、これで安心という訳には到底なりませんが、2007年時点より随分避難施設が増えました。今年は二葉町防災マップも作り替えますので。

 海抜0メートルの二葉町に居住する以上は、減災対策は避けらません。今秋はより実践的、実務的な避難訓練をしないといけないですね。

画像は2007年に作成した二葉町防災マップです。

Futababousaimap


« 若松町自主防災会起震車体験 | トップページ | 美波町自主防災連合会の皆さんとの意見交換会 »

二葉町自主防災会行事」カテゴリの記事

南海地震情報」カテゴリの記事

津波避難ビル」カテゴリの記事

防災マップづくり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: とても残念な話がありました:

« 若松町自主防災会起震車体験 | トップページ | 美波町自主防災連合会の皆さんとの意見交換会 »